飛行機でレバノンのベイルートからフランスのパリへ(2019年1月23日)

ぼんじゅーる!

今回はレバノンのベイルートからフランスのパリに飛びました!

 

地中海をビューンと。





朝は8時30分にホテルを出発。

ホテル近くから空港に行くバスが無いか、レセプションで訊いてみましたが、やっぱりタクシーで行けって言われました。本当に不便な地域なのか、説明をめんどくさがられてるのか判断がつきません。

仕方ないので、ベイルートに到着した日にミニバスから降りた通りまで、2kmほどを歩きます。

 

途中で朝飯購入。チーズのピザ。1,500ポンド(≒109円)。

ちょっと酸味のあるチーズに、刻んだ野菜が混ざってるピザ。生地部分は柔らかい層が重なり合っていておいしい。

もう1つ購入。ひき肉のピザ。1,500ポンド(≒109円)。

こちらはスパイスが混ざったひき肉を乗せたピザ。ピザはオーダーすると窯で温めてくれます。日記書きながら思ったけど、地元の人はこれをピザって呼ぶけど、客観的に見ると全然ピザじゃないですね。でもみんながピザっていうからピザなんです。

 

空港行きのミニバス(ハイエースタイプ)は、ここで拾えました。

空港行きと言うか、空港の入口まででした。ダウンタウンから空港まで、距離的には10kmも無いはずなんですが、途中で客の乗り降りが多いので、30分くらいかかりました。料金は2,000ポンド(≒145円)だったけど、荷物が少なかったら1,000ポンドで行けそうな気もします。

空港の入り口から更に1kmほど歩いて、ベイルートの空港到着

なんだかんだで10時。ホテルを出てから1時間半かかりました。

まずは残ったベイルートポンドを両替です。32,250ベイルートポンド(≒2,344円)が21USドル(≒2,301円)になりました

空港とは思えないレートの良さ!Σ(‘ω’ノ)ノ

と言うか、なぜかレバノンではUSドルが強いのです。滞在中に気付きました。USドルがけっこう普通に流通していて、みんな1USドル=1,500ポンドで計算します。例えば、今朝のピザ屋では1USドル札でピザ買ってる地元民もいたくらいです。

と言う事で、レバノンに来る方は、USドルを持って来ましょう。空港ATMは手数料が高いので、USドルを空港で両替するか、あるいはそのままミニバスやタクシーで支払う事もできるはずです。

 

空港恒例のクソ面倒くさい荷物検査やらチェックインやら出国手続きやらのあれやこれやを済ませて、ボーディングの1時間前にはゲートに到着。

1行で書いてますけど、この時点でだいぶ疲れています。飛行機に乗るまでのあれやこれやが本当に嫌いです(ヽ´ω`)

 

航空会社はtransaviaとか言うLCCでした。LCCだけど預け荷物20kgまでは無料だし、飛行機は特に遅れる事も無かったので、割と優良なLCCな気がします。

ボクの席は窓際だったんですが、搭乗するとボクの席に年配の女性が座っていました。話しかけると、「飛行機酔いするので窓際に座らせてほしい」との事。特にこだわりは無いので普通にOKしました。でも飛行機酔いって窓際かどうかって関係あるのかな。

LCCなので食事も飲み物も何もかも有料で、ボクが値段の書かれたメニューをうらめしげに眺めていたら、先ほどの席を替わってあげた女性がコーヒーを買ってくれました

あーーーーりがとぉぉぉヾ(゚∀゚)ノ”

3ユーロもするコーヒーでした。女性が支払いで出したクレジットカードは金色でした。実はセレブだったのかな・・・?

 

4時間半のフライトで、予定通り16時25分くらいにパリのオルリー空港に到着。飛行機から降りると小雪の舞うお天気でした。

一気に寒くなりましたが、先日のブシャリがあったおかげでそんなにビックリしなくて済みました。本日のパリは最低気温-2℃、最高気温2℃らしいので、レバノンのブシャリとちょうど同じくらいの気温です。

今日は直行便なのでロストバゲージの心配は無いんですが、ボクの預け荷物が出て来たのはほぼ一番最後でした。

既に閑散としている荷物受け取り場。ボクの荷物早く出てきたためしが無いんですよね。

受け取って荷物をまとめると、もう客は1人も残っていませんでした

かれこれ25分くらい荷物待ってました。すげぇ時間のロス。

あ、46カ国目フランス入国\\\└(‘ω’)┘////←飛行機で国境越えすると言うタイミングがわからない

 

オルリー空港からパリ市内へは、メトロで移動する事にしました。空港線+パリ市内チケット12.1ユーロ(≒1,509円)

電車1,500円ってすげぇ値段(;゙゚’ω゚’):ヒィィィ

電車代が高い日本でも1,500円あったら2つ向こうの県まで行けそうです。こんな電車おいそれと乗れない。

駅も車両も、ちょっと古い感じ。

 

今日はホテルではなく、Airbnbで予約した民泊。メニルモンタン駅前で民泊のオーナーを待ちます。寒い。

オーナーはすぐやって来てくれました。部屋は古めのマンションの一室でドミトリー。狭いけど不便は無さそう。

朝飯から何も食べていなかったので、近くのマクドナルドへ。フィッシュフライバーガーのセット。4.95ユーロ(≒617円)。

これ・・・マクドナルド!?

パンが厚くて弾力があるし、こぼれんばかりのレタスとフレッシュなトマトが入ってるし、チーズなんか2枚も入っています。

普通にうまいんですけど!?マクドナルドと言う事を隠して出されたら、どこかちょっと良い店のハンバーガーかと思ってしまいそう(;・`Д・´)

ポテトもいつものマックのやつとは違うタイプが選べました。

マックのあの細いポテト、賞味期限が5分以内なんじゃないかってレベルで、冷めたらクッソまずいじゃないですか。このポテトは冷めてもサクサクでおいしかったです

なにこれ・・・マクドナルド要素がゼロやん・・・!(良い意味で)

これがフランスクオリティなのか。さすがフランス・・・!

 

と言う事で今日は移動だけでした。

明日はですね、さっそく観光したい所ではあるんですけど、実はもう写真のデータがいっぱいっぱいの状態で、ハードディスクを買わないともう撮れないくらいの状態なのです。と言う事で、明日はまず外付けHDDを買いに行ってデータ整理をしようと思います。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. ログボ より:

    ttp://www.afpbb.com/articles/-/3188796
    (`・ω・´)フランスでマクドナルドというとこれを思い出す

  2. 奈良miu より:

    ヨーロッパ編も楽しみにしてます!
    パリに2年住んでた知人曰く、パリ(ていうかヨーロッパ)はパン屋のパンがおいしすぎてびびるらしいです。
    コスパと味のバランスも素敵
    と、言っておりました

  3. 匿名 より:

    フランスの様子を拝見できるの楽しみですー!(^^)

  4. wolt より:

    >>ログボさん
    なるほどー、きっとマクドナルドへの風当たりが強いから、美味しくなったんですね。
    ちなみにマックは大繁盛でした!

    >>奈良miuさん
    ですよねー!植民地にまで美味しいパンを根付かせてるフランスのパン、めっちゃ期待してます!

    >>匿名さん
    フランスは見所多すぎていろいろ取り漏らすと思いますが、できるだけ見て回りたいです!

  5. baum より:

    ヤ!ヤ!
    いつの間にかパリに飛んでる❗️
    美味すぎるフランスパン送ってく〜m(._.)m

  6. jun より:

    いつもmail楽しみにしています。私も、二年後には長期の海外旅行計画してますので、参考になります。

  7. wolt より:

    >>baumさん
    買いにくれば良いのに!(・∀・)
    スーパーでも商店でもおいしいバゲットが変えますよー。

    >>junさん
    更新通知の登録してくださってるんですね!いつもありがとうございます。
    2年後のご旅行楽しみですね~。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ