【レバノン】巨大な鍾乳洞”Jeita Grotto”に行ってきた!(2019年1月22日)

あっさらーむあらいくむ!

今回はベイルート近郊にある巨大鍾乳洞”Jeita Grotto”に行ってきました!

 




明日は朝から空港に行ってしまうので、今日はもうレバノン観光最終日です。最終日は、ベイルートの近くにある鍾乳洞に行く事にしました!

と言うのも、レバノンに到着してすぐのベイルート滞在中、毎日朝飯を買いに行っていたサンドイッチ屋のおっちゃん「ここめっちゃおすすめ!」と鍾乳洞のポストカードを見せてくれたからです。

しかし、朝から鍾乳洞について調べようとしたところ、宿Wi-Fiがなぜか使えなくなっていて、スマホのSIMカードも1週間の期限が切れてしまっていて、インターネットが全然使えない状態に。鍾乳洞の名前も場所もわからねぇ(ヽ´ω`)

例のサンドイッチ屋は、今いるエリアからは3kmくらい離れているのですが、まずはもう一度鍾乳洞について聞きに行く事にしました

 

適当に歩いていると、ダウンタウンのど真ん中にレバノン首相府がありました。写真撮ってたらめっちゃ遠くから兵士に怒られました。

あー、こんな所に首相府があるから、昨日とかダウンタウン周辺が通行止めになってたわけですね。こんなジャマな所に首相府造る方がどうかしてる。首相とかどうせ車でしか移動しないんだから、思いっきり郊外に建てりゃ良いじゃん。

通りすがりに、先日入りそびれた教会とモスクに再訪。まずは教会。

内装はかなり新しそうな感じ。参拝者は1人しかいなくて、教会の人はモスクとの間にある中庭でクリスマスツリーの飾りを片付けていました。

 

隣のモスク。

こちらも中に入れると聞いたのですが、残念ながら扉は全部閉まっていました。もしかしてお祈りタイム以外は開かないの?

 

1時間くらいかけてサンドイッチ屋に到着。

 

ハムチーズサンドイッチ。5,000ポンド(≒363円)。

ハムチーズサンドイッチ

相変わらずハムとチーズ、野菜がいっぱい入っているサンドイッチ。オリーブも入っています。

 

鍾乳洞に行きたいとおっちゃんに言うと、メモを書いてくれました

字汚くてわからんΣ(゚∀゚)

なんとなく雰囲気はわかるけど、グーグルオフラインマップで検索しても何も出てきません。

とりあえず、海岸沿いの国道で“やそーあるまるく”に行くバスを拾えば良いらしい。この辺りでバスを拾いました。

 

ここで拾ったバスはそこに行くバスじゃなかったようで、6kmほど走った所で他のバスに乗り換えるように言われました。

乗り換えたバスで、降ろされたのはここらへん。正確にはYasou Al Malkと言う地名でした。

降りた目の前がタクシー乗り場で、すぐさまドライバーが「ケーブ(Cave)か!?」と訊いてきました。

タクシーチャーターして行くと10USドル(≒1,094円)らしい。いまだに場所も正確な名前も全然わからないので、10USドルが妥当な値段かどうかも判断付きません。とりあえずシェアタクシーとして、鍾乳洞近くの国道沿いに降ろしてもらう事にしました。シェアタクシーで国道下車だと2,000ポンド(≒145円)

 

20分ほどで他に3人の客が集まって、車は出発。

3kmほどを坂をのぼって、この辺りに降ろされました。

 

ドライバーに「そっちの道を歩いていくと鍾乳洞だよ」と言われた道をグーグルマップでたどっていくと、ようやくそれっぽい表示を見つけました。2kmくらいだったので歩く事に。

 

どんどん山間に入っていく感じです。

 

案内もちらほら出てきました。

 

谷の底からドウドウと音がするので、綺麗な川でも流れているのかと思えば、完全に泥水でした。

ここ数日で雨降ったっけか・・・?

2km歩くと、えらく広い駐車場に到着しました。

なんかバブル期にドカーンと作っちゃった温泉リゾート施設の成れの果てと同じ雰囲気が漂っています。この広い駐車場が埋まることはあるんだろうか。

駐車場の突き当りまで行くと、チケット売り場がありました。ここがグーグルマップで表示されている場所

鍾乳洞の名前は、ジェイタ・グロット(Jeita Grotto)。サンドイッチ屋さんのメモでは1文字目が”G”だったので、これじゃグーグルマップで出てこないわけです。

チケットは、園内のバスやケーブルカー、シアターなどの施設、鍾乳洞入場すべて込みで18,315ポンド(≒1,329円)。高い!世界遺産のバールベックより高い!10歩譲って値段は良いとしても、流通している通貨の最小単位が250ポンドのくせに末尾が315ポンドってなんやねんヾ(`Д´)ノ”

しかし、いざチケットを買うと11,655ポンド(≒846円)になっていました。どうやら、本来は鍾乳洞が2カ所あるのに、1つは浸水していて入れなくなっているかららしい。実に36%の値引きです。

なお、返ってきたお釣りから逆算すると、実質11,750ポンドでした。なんでそんな正確に支払えない値段に設定してるんだろう。

 

鍾乳洞はすぐそこだったんですが、せっかくチケットに含まれているのでケーブルカーに乗る事にしました。

ケーブルカーっていうか・・・観覧車?遊園地の観覧車を直線レールにぶら下げたような外観をしています。

観覧・・・ケーブルカーからの眺め

さほど景色が良いわけでもありません。やっぱり、やらかしちゃった温泉郷の雰囲気が漂っています。

 

ものの数分で観覧・・・ケーブルカーは鍾乳洞に到着。

よっしゃ鍾乳洞!と勢い勇んで入ると、

「中は撮影禁止なのでカメラはこのロッカーに入れてください」

なんやてぇぇえエェェェェ(´Д`)ェェェェエエ

カメラ禁止はしょんぼりです。宗教施設の撮影禁止は文化として理解するけど、鍾乳洞の撮影禁止は理解できん!と言う事でスマホを隠し持って入りました

 

ボクは鍾乳洞って小さいのしか入った事が無かったので、なんかこう頭をかがめながら歩くのを想像していたんですが、全然違いました

この鍾乳洞めちゃくちゃ広い。特に高さ方向の広がりがすごい。上の写真の中央近くに人が写っているので、なんとなくサイズ感が分かるかと思います。

天井は、一番高いところでは目測15メートル(5階建て)くらい、底は一番深いところで・・・目測50メートルくらい?下腹部がヒュンとするくらい深いです。

通路は幅広くてしっかりしたのが作られており、歩きやすい感じ。

で、もうどこを見ても奇抜な形の岩ばかり。そんな感じの道が200メートルくらいあったかな?奥行きもかなり長い気がしました。

こんなに広い鍾乳洞と言うか、ただの洞窟でもこんなに広いのは初めてかもしれません。昔のドラえもんの大長編『竜の騎士』を思い出しました。スネ夫のラジコン飛んでこないかな

鍾乳洞は本当に見事で、写真撮れないのマジで惜しい。いやもう引っ張った割に写真無くて本当にすみません。なんで撮影禁止なんや・・・撮影料500円くらいなら払うから撮らせて欲しかったです

 

鍾乳洞から出てきました。

ここにシアターがありました。何を上映するのか知りませんが、1時間おきにアラビア語、フランス語、英語で上映するスケジュールが掲示されていました。今はちょうどフランス語の上映がされているはずなのに、入ると何も上映されていませんでした。客が少なすぎるのかな。

 

行きは観覧・・・ケーブルカーに乗ったので、帰りは園内バスに乗る事にしました。

園内バスはえらく立派ですね。エジプトの王家の谷とかを走ってるのより丈夫そうです。あっちの方が500倍くらいの人数を乗せてそうですけど。

Jeita Grottoの滞在時間は40分程度でした。鍾乳洞1つだけであんなにすごかったので、料金の36%を占めていたはずのもう1つの鍾乳洞もすごく気になります。写真禁止なのが惜しくて仕方ないですが、それを差し引いてもJeita Grottoはおすすめです。

 

帰りはまた山の中を歩いて、

 

今度は国道も歩いて下りました。

帰りはトータル5kmの歩き。

 

またバスを乗り継いでベイルートに戻って、サンドイッチ屋のおっちゃんに報告&明日レバノンを出るわ!って挨拶をしに行きました。コーヒー1杯おごってくれました。

 

今滞在しているハムラ地区に戻ると15時。今日は、昔ヨルダンで食べたワラク・イナブが食べたいなぁと思って、あちこちレストランを覗いて回っていたら、ある1軒でレストランのおばちゃんのウェルカム感がすご過ぎて、メニューだけ見て出るのが忍びなくなってしまったので、ワラク・イナブは諦めてそこで食べることに。

(メニューを眺めるボク)

おばちゃん「チキン・ビリヤニはどう?」

ボク「・・・」(最後だし中東っぽい料理が食べたいんだよな・・・)

おばちゃん「豆スープ&ライスはどう??」

ボク「・・・」(最後だしもう少し豪華な料理が食べたいんだよな・・・)

おばちゃん「オクラスープ&ライスはどう???」

ボク「・・・」(最後だしもう少し豪華な(略))

おばちゃん「チキン・ビリヤニはどう?」

ボク(最初に戻った!?!?)Σ(‘ω’)

いや、あれでしょ、チキンビリヤニと豆スープとオクラスープが鍋に余ってるんでしょ。もう15時だけど、その3つが余って困ってるんでしょ

そこに気付いてしまったので、優しいボクはオクラスープ&ライス13,000ポンド(≒943円)をオーダー。

オーダーしてすぐにトイレ(小)に行って、戻ってくると、既に料理が置かれていました

オクラスープ&ライス

鍋に残ってて、まだ火にかけてたんですかね。しかも、オクラスープだけじゃなくて豆スープまで出てきました。やっぱり余ってたんですね。

オクラは、味は確かにオクラなのですが、断面がギザギザじゃなくて真ん丸でびっくりしました。小さいズッキーニみたいな見た目です。オクラはインドでもアフリカでも見ましたが、丸いオクラは初めて見ました。

オクラスープも豆スープも、トマト味でまぁなんというか家庭的なお味。コメはほんのり味と香りをつけて炊かれていました。

しかし、これだけで943円は高いなぁ・・・。肉とか入ってないし、量もそんなに多くないし。シャワルマ4つ買った方がお得感ある。

 

食事が精進料理みたいだったので、デザートではっちゃける事にしました。アーモンドアイス。1,500ポンド(≒109円)。

アーモンドアイス

アーモンドが濃くてうんまー(*´ω`)

大きなプリンも買って帰りました。2,500ポンド(≒181円)。

濃厚でまったりしたプリンうまぁぁぁ(*´ω`)

糖分とり過ぎw

 

さて、明日は昼のフライトでレバノンを出て、夕方パリに到着する予定です。きっと物価の高さに腰を抜かすんだと思います。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA