【コソボ】プリズレンからプリシュティナに移動。コソボの物価の安さスゴイ(2019年6月22日)

みらでぃた!

今回はコソボのプリズレンから首都プリシュティナに移動しました!

 

今回の移動。80kmくらい。

 



朝は昨日と同じパン屋さんへ。ブレック0.9ユーロ(≒110円)。

ブレック

ブレックは西バルカン料理らしい。

元の姿はこんな感じらしいけど、食べにくいのでぶつ切りで出してくれてるんですね。

 

中身は、チーズ、ホウレン草、肉の3種類があって、肉を選びました。

外側が薄めのパイ生地。全体的に塩っぽくてこってりした味。もう少し薄味だと良いんだけど、まぁ美味しいです。朝食べるには若干重い気もしますw

 

10時20分にチェックアウトしてバスターミナルへ向かいます。

上から見た時は見渡す限り赤屋根に見えましたけど、こう言う近代的な商業ビルも屋根は赤いんですかね

バスターミナルはここ。

 

バスターミナルの敷地内に入ろうとしたところで、ちょうどバスターミナルから出ようとしているプリシュティナ行きのバスと鉢合わせし、集金係のおっちゃんが「プリシュティナ?」と言うので「プリシュティナ!」と返して乗り込みました。

プリズレンからプリシュティナ行きは1時間に2~3本あるらしいけど、運が良かった。料金は4ユーロ(≒489円)。

 

1時間ほど居眠りして、「80kmくらいだからもうすぐかな?」とスマホで位置を確認すると、まだ半分も来ていません。あっれー?

どうやら、道端どこでも乗客が乗り降りしてくるシステムらしくて、途中の町中なんて200メートルごとに停まって乗客が乗降していました。なんだこの既視感・・・。アフリカでうんざりするくらい見たぞこの光景(;-ω-)

てか、こういうシステムだと普通に道がキレイでも進まないんですね。アフリカのバスが遅れるのは道路のせいだけじゃなかったのか。

 

結局、80kmに丸2時間かかりました。後半はややスピードアップしてくれて良かったです。

プリシュティナはバスターミナル近くの道端に降ろされました。

 

ここから宿は2.5kmほど。歩いて行きます。

 

てっきりショボい系の首都かと思っていたら、道幅や歩道が広いし、新しい店や建物も多いし、ちゃんと賑わっています。

 

大聖堂。屋根がテカテカしてる。

 

あそこにも教会。

 

やっぱりコソボはアルバニアより暑くない気がしますね。アルバニアの暑さはなんだったんだろう。

 

コソボに入ってからラクガキで時々見かけるキャラ。

流行ってんのかな?

 

宿にチェックインして、昼食食べに外出。宿の近くに良さそうなローカル食堂を見つけました。

ジュエシュマッシュポテトサラダ。全部で2ユーロ(≒245円)。

ジュエシュ

2ユーロってマジか・・・!通貨が同じなだけに西欧諸国と比較してしまってショックを受けます。フランスで2ユーロじゃ自販機のジュースも買えない

ただまぁ、なんかこう、アフリカっぽさが漂いますね。とりあえず切って酢漬けにした生野菜、練り物系の炭水化物、よく分からない赤っぽいシチュー。シチュー(ジュエシュ)はジャガイモやトマトが入っていて、見た目よりボヤっとした味でした。

あと、付いて来たパンは「これは超熟?」と思ってしまうくらい日本のパンっぽかったです。つまりふやふや柔らかくてしっとり。西欧諸国では見かけなかったタイプのパンです。

 

食後は宿で無糖ヨーグルトとハチミツ。

最近この組み合わせにハマってまして。ハチミツずっと持ち歩いてます。無糖ヨーグルト0.25ユーロ(≒31円)だし、ハチミツは450gで1.7ユーロ(≒208円)。なんかジャリジャリした固形みたいなハチミツですけど。安いのにリッチな味がして良い

 

明日は軽くプリシュティナ観光です。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ