南アのダーバンでカメラ修理屋を探しまわる(2018年6月28日)

はろー!

今回はダーバンでカメラ修理屋に行ってみました!

今日は文字ばっかりの記事ですw

 

3カ月前に買ったばかりのレンズをレソトで壊してしまったぼく。まずは先日レソトでやった一人作戦会議の内容はだいたいこんな感じでした。

海外旅行保険「携行品損害」の対象範囲確認

まず海外旅行保険ハンドブックを読んで、今回落としてしまったレンズの修理費用は、事前に加入していた海外旅行保険の補償範囲な事を確認。

補償額としては、その対象品の“時価(新品価格から使用期間分の金額を引いた額)”もしくは“修理費用”のいずれか低い額が支払われるらしいのです。

ボクのレンズは5万6千円で購入して、そこから2ヶ月ちょっとしか使っていないので、計算式はわかりませんが時価は5万円くらい。と言う事は多分修理費用の方が安いと思われるので、きっと最終的には修理費分をもらえるんだろうなと言う感じ。

その上で一人作戦会議です。

案①めんどくせぇ!新しいの買っちゃえ作戦

また新しいレンズをアマゾンで買っちゃう作戦。ただしレンズの修理見積(壊れた事の証明兼金額比較用)は取らないといけないのと、前述の通り修理費用分しか補償金が出ないのでその差額分が自費になりますが時間的にはおそらく最短で復旧するプラン

検討した結果、ボクの中のもったいないお化けが許さないので却下。修理したら使えるかもしれないレンズを差し置いて、新しいレンズを買うなんて言語道断ですね。ダカールで受取りに苦労した分愛着もあるレンズですし。

 

案②一か八か!南アの人に全てを託せ作戦

実はケープタウンで気になる看板を見つけてたんですよ。

右下に「PENTAX」って書かれてるんです。

ネットで調べるとどうもカメラ修理屋さんで、看板に書かれているメーカのカメラを専門に修理しているらしい。

もし彼らの手持ちの部品などで修理できるのであれば、ボクの金額的な負担はケープタウンまでの往復移動費(8千円くらい)で済み、運が良ければ費用も時間もミニマムで済むプラン

この案はかなりかなり悩みましたが、リスクが大きいので却下。ケープタウンまで移動して「やっぱり部品取り寄せないと修理できんわぁ」ってなった場合や、「やっぱり手に負えんから日本に送るわぁ」ってなった場合、費用も時間も二重にかかります。運が良ければ最短最安ですが、運が悪ければ費用も時間も一番かかると言う、非常にリスキーなプランです。

ボクの感覚では、現地で直る可能性は50%-50%ですが、最近博打をしたらたいてい負けてる気がするので、なんだか今回も負けそうな気がします。嫌です。

 

案③日本人の仕事しか信じない作戦

ボクはダカールでのレンズ取り寄せの一連の出来事の中で、「日本のサービスってなんて仕事が早くて正確で信用できるんだろう」と心の底から実感しました。あれだって最初から日本の業者から送ってもらっていれば、もう10日くらい早く着いてたでしょうし。

なので、シンプルに日本に送って、修理してもらって、送り返してもらう

すごいグッドタイミングなんですが、実はちょっと前から、両親が東京に住んでるんですよ。父の仕事の関係だそうですが。で、ペンタックスの修理センターは東京の板橋区

この案だと時間はかかるでしょうが、南アはセネガルよりもEMSが圧倒的に早そうなので、日本へレンズ送付(1週間)、修理(1~2週間)、南アへレンズ送付(1週間)で、合計1ヶ月以内で行けそうな感じがします。送料が自己負担になるのがネックですが。

と、このプランは費用的にも時間的にもミニマムでは無いものの、悪い方向への振れ幅が少ないプランと思われます。なんてったって日本人の仕事ですから

 

と言う、一人作戦会議をレソトのマレアレアで3時間くらいかけてして(一応両親にも確認取って)、今こうしてダーバンまで降りて来たのです。




と言う事で、ダーバンに着いたので早速レンズを送る準備をしよう!と今朝、再度親に「今の家の住所教えてー」とメッセージを送ると、「南アにもペンタックスの修理センターあるらしいから、そっちに行ってみたら?」と言う返事が返ってきました。

ほんまに?と思って調べると、確かにリコーイメージング(今ペンタックスを持っている会社)のページに「海外の修理センター(アフリカ)」ってページがあります。一人作戦会議の時は英語でしか検索してなかったので、このページは引っかかりませんでした。

そのページに記載されている住所を見ると、ダーバンの郊外20kmほど離れた所にも修理センターがあるようです。会社名はNew Teltron

しかし、住所で検索かけても違う会社名しか出てこないんですが・・・

すんごいダメそうな感じしかしないんですが、ダメと言う確証も無いので、なんとも否定しきれません。親は現地で修理すればいいじゃんみたいな感じになっているので、頼む側な手前、確証も無しに断ると言うのも後味悪いです。

わかるんだよ!?親は親であれこれ心配して考えて最善策を調べてくれたんだろうなと言うのは!でも気持ち的には変な情報見つけて来ないでほしかったと言う思いの方が強いです。

しかし、画面を見ててもなんともならないので、今日はとりあえずその、公式HPに掲載されている会社に行ってみる事にしました。




とりあえず朝9時くらいに宿を出て、乗合タクシー乗り場を目指します。

そう言えば朝飯食べてなかったんですが、幸い途中にスーパーがありました。

この「SPAR」って言うスーパー、総菜の充実度がすごいので、宿の近くにあると嬉しいのです。

特にここのSPARは総菜コーナーが広くて、併設のカフェでお惣菜をイートインする事もできました。

チーズマカロニ、ほうれん草のクリーム煮、揚げポテト。全部で55ランド(≒437円)。朝飯にしちゃちょっと贅沢し過ぎた(;´∀`)

でも温かい食事が食べられるのは嬉しいですね。あと飲料水がフリーでした。

 

2kmほど歩いて、乗合タクシー乗り場に到着。

到着と言うか、ここの乗合タクシー乗り場はめちゃくちゃ広大です。

地図で言うとこの一帯に乗り場が点在している感じです。

 

あちこちで人に訊きながら歩いて、ようやくニュージャーマニー行きを見つけました。

料金は14ランド(≒111円)。20kmの距離を移動する料金にしてはかなり安いです。

 

20分ほどでニュージャーマニー到着。高速道路を使ってたので早かったです。

 

さて、どうも修理サービスセンターNew Teltronは、インダストリアルパーク(Industrial Park)と言う、複数の企業が集まっている敷地内にあるらしい。なるほど、これなら住所と会社名が違う理由の説明がつきますね。

インダストリアルパークは入口がいくつかあったのですが、そのうちマップ上で一番近そうな門(Ave.Chelsea側)の守衛さんに尋ねてみました。

ぼく「New Teltronって会社、ここに入ってますか?」

守衛「なんて?」

ぼく「New Teltron」

守衛「うーん知らないなぁ」

ぼく「カメラの修理をしてる会社はありますか?」

守衛「うーん知らないなぁ。あっちの門にまわってみて」

ぼく「はーいありがとー」(´・ω・`)

微塵も知らない感じでした。

Blass.Rd側の門に来てみました。多分ここが出入り口として一番大きいんだと思います。

門が2つあったので、両方の守衛に尋ねに行きましたが、先程とまったく同じ会話になりました

なんとも手掛かりが無いので立ち往生していると、守衛さんが「受付に行って訊いてみて」と通してくれました。個人的にはありがたいんですが、守衛ってそんなんで良いのか

で、全然関係ない会社の建物の前に行って、インターフォンを鳴らして、「New Teltronって会社ありますか?」と、多分あっちからすると訳の分からない質問をすると、「???中で聞きますどうぞ」と鍵を開けてもらいました。これもボクからすると大変ありがたいのですが、受付ってそんなんでドア開けて良いんですか?

 

中に入って受付の女性に、「New Teltronって会社・・・」と訊きましたが、やっぱり彼女も全く知りませんでした

ここまで誰も知らないとどうしようもないな・・・と帰りかけると、どこからか細身長身で鷲鼻の白髪頭のおじさんが現れて、「こちらで話を聞くよ」と案内されました。

通されたのはおじさんのオフィス。他の社員は大部屋で働いてた中、パーテーションで区切られただけとは言え個室を持ってる所を見ると、このおじさんはちょっと偉い人だと思います。

でも応接セットとかは無いので、きっと副フロア長とかそのくらいの偉さだと思います。役職はあるけど、まだしばしば泥臭い現場仕事も先陣切ってやるよ!みたいな、そんな感じ。だって書類が山積みになった机の真ん中に、なぜかスパナが2本落ちてるんだもの。とりあえずこの人を副フロア長って呼びます。

ぼく「ペンタックスのカメラレンズを修理したくて、New Teltronって会社を探してるんです。」

副フロア長「New Teltronね。確かにここにあったけど、5年ほど前によそに移転したよ。」

ぼく「あぁ~・・・(納得)。新しい住所ってわかります?」

副フロア長「いや、もうカメラの修理事業はやってない。」

ぼく「えぇー」(´・ω・`)

移転が5年前。若そうな守衛さんや受付の女性が知らなかったのも納得です。

まぁ、グーグルマップで住所と会社名が違った時点で会社が無い事くらい予想の範囲内なので、驚きません。先進的とは言えアフリカですから。むしろ5年前までちゃんと存在してたのが上出来なくらいです。

副フロア長「New Teltronじゃないけど、カメラの修理屋ならダーバン中心部近くに1軒知ってるよ。話してみようか。レンズを見せて。」

ぼく「ふぁっ!?」(´・ω・`)

レンズを渡して気付いたんですが、多分この副フロア長さんはカメラやってる人ですね。レンズを持つ手付きや見る場所が、カメラをよく知ってる人の動作です。

なるほど、カメラやってる人だから、受付で「カメラリペアー」を連呼する不審な外国人に同情して救いの手を差し伸べてくれたわけですね。

副フロア長はその修理屋に電話をかけて、「ペンタックスのレンズ、18-135mmなんだけど見れる?」と訊いています。伝えるべき情報をわかってるあたりも、やっぱりカメラやってる人ですね。

で、その修理屋「カメラクリニック(Camera Clinic)」の住所と電話番号をメモして、更に自分の仕事のパソコンでグーグルマップを開いて、場所を教えてくれました。

副フロア長に精一杯丁寧にお礼を述べて、全く関係ない会社を後にしました。受付の女性は出口まで送ってくれたので、また丁寧にお礼を述べました。みんな親切だったけど、結局何の会社だったんだここは

 

ダーバンの中心部行きの乗合タクシーは、ちょうどインダストリアルパークの前の道で拾えました。帰りはなぜか15ランド(≒119円)と、往きより1ランド高かったですが、またダーバン中心部に戻ってきました。

 

1kmほど歩いて「カメラクリニック」に来ました。



うーん、看板に「Canon」とは書いてある・・・。

結局、ペンタックスとの伝手をしっかり持ってるか、修理屋さんの手持ちの部品で治るかのいずれかでなければ、頼む意味が無いんですよね。預けてる時間があるなら日本のペンタックス修理センターに出した方が確実だし早いでしょう。

近くの警備員に不審がられるくらい長い時間、店の前でためらいましたが、わざわざ口利きまでしてくれた副センター長のメンツを立てないといけない気もします。中に入って話してみました。

店は初老のおじさんと小太りのおばさんがやっていて、どちらも優しそうで話しやすい雰囲気でした。ボクが話し出すと「あ~さっきのペンタックスの件ね!」って感じで話が早かったです。

店内のショーケースに置かれているカメラは、新しいデジタル一眼もあるけど、どちらかとらかと言うと古めかしいフィルムカメラや二眼レフの方が多く、ボクに心の余裕があったらじっくり眺めたいお店でした。

メーカーはほとんど日本ので、キャノン、ニコン、オリンパスが多く、隅っこに一応ペンタックスのレンズが2本ほどありました。

 

とりあえず「焦点が合わない事」と「筒がガタついてる事」を伝えてレンズを見せると、開けてみないと判断できないとの事でした。まぁそうですよね。

どっちみち、今日はもうレンズを梱包してまた中央郵便局に持っていく気力が残っていないので、結果が分かったら宿に電話してもらう事にして、レンズを預けて店を出ました。明日にはわかるそうです。

 

はぁ・・・けっこう疲れた。ダーバンの街並み。

遠いですね。50mmくらいの焦点距離が欲しいですね。レンズが無いのが悲しいです。



朝飯を食べたSPARにまた寄って、買い物をして宿に戻りました。

卵とチーズの炒め物と、買ってきたグリーンサラダ13.5ランド(≒107円)。

卵とチーズを炒めてる最中に宿のスタッフが話しかけて来て雑談が始まったので、ただでさえ英語が苦手な上に2つの事を同時にするのも苦手なボクは、盛大に焦がすわ味は偏るわで悲惨な結果になりました。

 

さて、そんなわけで行きがかり上、地元の修理屋に出すと言う、あんまり本意ではない方向に進んでしまったわけですが、そこはもう乗り掛かった舟です。明日は電話待ちです。全然期待せずに待ってようと思います。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. y.kujime より:

    直にカメラメーカーに相談してみる方法もありですかね。メーカーとしても宣伝になるのでうまく繋がれば双方メリットが出るとおもいますがね、このメーカーがお客を大事にするのなら今後も使う判断になりますしね。私がメーカーの担当ならあなたをバックアップして写真展まで面倒みますけどね。各メーカーに壮大な旅行を説明してスポンサーになってくれるとこを探すのもいいと思いますよ、必ず相談にのってくれるメーカーはあります!

  2. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    スポンサーとかはずいぶん前に考えた事あるんですが、人の金で旅行するとなると使命感が出て重くなってしまうので、やっぱり嫌だなと^^;
    明確な目的があるわけでもないですし、のんびり行きたいと思っています。

  3. baum より:

    結局何だったんだこの会社は?
    のベストアンサー…
    [親切を売ってる会社だよ〜]

  4. wolt より:

    >>baumさん
    お金を払って買わなければいけなかったのかっ!?Σ(‘ω’ノ)ノ

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA