ハイヴァン峠

ハイヴァン峠を越えてダナン・ホイアンへ!(2017年3月30日)

しんちゃおー!

引き続き夜行列車に揺られてダナン着、バスに乗り代えてホイアンに来ました!



ガタゴト揺れる列車の中で目覚めるのが好きです!

朝起きると、


海だ!

山道をぐねぐね曲がって、列車が様になります。
ハイヴァン峠

この区間、後で調べてみたら、世界の鉄道愛好家の間で名高くまた、世界の車窓からでも放送された事のあるハイヴァン峠という場所でした!

検索するともっと綺麗で気合いの入った写真がたくさん出てきますよw

ていうか、ここで動画撮っておけば良かったなぁ・・・なんてったって寝起きだったので、全然頭回っていませんでした。
この区間は非常にゆっくり走行していました。この時はカーブが多いからかと思っていましたが、鉄道オタクへのサービスもあるのかもしれません。


もう1時間ほど鉄道に揺られてダナン到着!
ダナン駅

ホームなんかはなくて、そのまま線路に降りますw

ベトナム統一鉄道、ネットの評判では高いだの揺れて最悪だの、散々な書かれ方がされていますが、ボクの感想。めっちゃ良かったです!

レトロな雰囲気はもちろん良いですし、インドやパキスタンのローカル鉄道に比べたら、クーラーはついているし、扉はついているし、静かだし、俄然快適です。

パキスタンの鉄道なんか、一夜明けたら全身砂埃でコーティングされるんですよ!

それはさておき、途中のハイヴァン峠も見どころですし、窓を開けて風に吹かれるのがサイコーです。

ベトナムに来たら、高いだのつべこべ言わずに鉄道で移動すべし!です。

ダナン駅前にはSLが。鉄オタではありませんが、これがハイヴァン峠を走っていたと思うと胸がアツくなりますね(*`・ω・)
ダナン駅前

ダナンは道が狭い分、ハノイよりバイクが多く見えます。
ダナン

さて、ダナンから今日の目的地ホイアンへは、路線バスで行けるようです。いろいろな方がブログなどで紹介していましたが、ボクはこちらのハノイ在住の方の情報を参考にしました。
[リンク]イージーステイハノイのblog
おそらく、ダナン駅からホイアンを目指すなら一番安くて効率が良い行き方が紹介されています。

おー紹介の写真と同じ場所に着いた~と


この写真を撮った後ろから、まさに乗りたかった1番バス到着。慌てたので写真撮る暇も無かった。

待ち時間ほぼゼロでバス乗車。で、よく他のブログで書かれているのが、この路線バスではぼったくられるとのこと。

ぼられ額は人それぞれですが、適正な運賃はどうやら20,000ドン(≒98円)で間違いなさそう。

こういう時はしれっと20,000ドン渡せばOKでしょう。

バスの添乗員のおっさんが真っ先にボクの所へ来たので、20,000ドン出すと、「違う、30,000ドンだ」と来ました。

20,000ドン押し付けても受取りません。

いらないんならいいよ、とボクがポケットに20,000ドン戻して、添乗員のおっさんと睨み合います。

すると添乗員のおっさん、ボクの近くに座っていた年配の男性(ベトナム人と思うけど、観光客っぽい)、身なりの良い老婆(ベトナム人)、と先にお金を徴収していきます。

どちらも金額を訊いた上で、30,000ドン払っていくのが見えました。

その上でまた添乗員のおっさんはボクの所へ。

これにはボクも自信を無くします。ベトナム人がベトナム人、しかもお年寄りを騙すなんて無いんじゃないか?と。

仕方ないのでとりあえず30,000ドン渡しました。

添乗員のおっさんはさらに反対側の列に徴収に向かいましたが、ボクは興味が無くなったフリをして窓の外を向き、敢えて次の1人目の徴収を見ないようにしました。おっさんが金を徴収しながらこっちを窺っているのが、見えないけど気配でわかります。

数秒待ってそっと視線を戻すと、添乗員のおっさんはこっちを見ていません。

その次の人が差し出した金額は20,000ドン

確認の為、更に次の人も見ます。やはり20,000ドン

ここで立ち上がって、「やっぱり20,000ドンじゃないか!10,000ドン返せ!」(日本語)で言うと、添乗員のおっさんはあきらかに「しまった」という顔をして、いまいましそうにお札を1枚、妙に丁寧に選んで差し出してきました。見ると20,000ドン紙幣です。

「違うよ10,000ドンだよ」とジェスチャーすると、こちらを睨みながらしぶしぶ引っ込めて10,000ドンを差し出してきました。

この20,000ドン返してきたのはなんだったんでしょうね。うっかり受取ってしまったら、「適正な運賃を払っていない」とでも騒ぐつもりだったんでしょうか。

「おばあさんにも返せよ」(もう1人の30,000ドン払ったおっさんはもう降りてた)とジェスチャーしましたが、さらにいまいましそうな顔をしてそっぽ向いてしまいました。トラブルになるのも嫌なので、もう深追いはしませんでした。


観光客相手の「ぼったくり」ってのは2種類いるんですね。
「あわよくば系ぼったくり」「むしり取り系ぼったくり」と勝手に名付けています。

前者の「あわよくば」は、とりあえず高額な金銭を請求してみて、金銭感覚がいまいちな裕福な外国人あわよくば払ってくれたら良いなという感じで行われるぼったくりで、「それは高いだろ」とか「いくらくらいだろ」と言うと、へらへら笑って引き下がる、悪意があまり感じられないぼったくりです。

後者の「むしり取り」は、こちらが適正な価格を言おうと、何が何でも取ってやると、ありとあらゆる手段で、適正価格より高額な金銭を請求してくる悪意のあるぼったくりです。

ボクは「あわよくば」は、心境的にはまぁ構わないと思っています(自分が払うのは避けます)。

今回のバスの添乗員は「むしり取り」の中でもサイテーの域ですね。

いくら身なりが良さそうとは言え、いくら金額がたいした額でないとは言え、自国のしかもお年寄りを騙してまで、観光客から金を取りたいのか??

今日のこのぼったくりは久しぶりに最悪の気分になりました

ホイアンに着く直前、客席に座って足を手すりに引っかけている添乗員をふと見ると、手に握っている札束(徴収した金はしまわずに全て手に持っている)から30,000ドン抜き出して自分の胸ポケットにしまいました

本気で殴りたかった



さて、いつになく怒りに燃えましたが2晩連続夜行移動でシャワーも浴びていないボクはかなり臭います\(^o^)/
ホイアンに着いたのはまだ朝9時前ですが、とにかくホテルを探します。

ホテルが多いバーチウ通り
バーチウ通り

ホテルはすぐに決まったのですが、「まだ前の客がいるから12時にチェックインしに来てね」とのこと。
一刻も早くシャワーを浴びたいですが、荷物を置いて観光に出かけます。

まぁ屋内には入らず、外をぶらぶらと・・・
ホイアン
ホイアン

案内板があったのですが、



「ツーリスト・インフォメーション・KIOSK」!?(´・ω・`)

日本が好きだけど旅行する事がかなわないベトナム人が、ストリートビューとかで日本の駅を眺めていて、やたら見かける売店「KIOSK」を「どこの駅にでもあるからきっとツーリスト・インフォメーションの事だ!」と勘違いして名付けた・・・というストーリーが一瞬で脳内で作られましたが本当の所はよくわかりません

市場。
市場

市場前にて。まさに井戸端会議
井戸端会議

市場は、小さめの建物がいくつかに分かれて建っています。新しい感じです。
市場

市場の入り口に・・・体重計。


なんだこれ、自分の体重測りたい人用?2,000ドン(≒10円)だそうですので、どなたかどうぞ。


昼飯。ホイアン名物カオラウ 45,000ドン(≒220円)
カオラウ

エビ入りのちょっと高いやつを頼みました。

見た目焼うどんですが、ネットの噂によると日本の伊勢うどんがルーツらしいです。ずいぶん具増やしたな!って感じですが。ではいただきます。

やっぱりこれはピリ辛焼うどんですねw
24時間ぶりにまともな食事だったので、身体に染みるかと思うくらいおいしいです。野菜たっぷり。上にかかっている揚げ玉ねぎが地味に良い仕事しています。

茹でたエビがたくさん入っていてリッチな気分になれました(*´ω`)

12時になったので、ようやくホテルにチェックイン。

このホテルプールあるんだけど


いえ、いつも通りのドミトリー(相部屋)なんですが・・・
プールのあるホテルに泊まるなんて今まであったかな・・・

ようやくシャワーを浴びれて人間に戻った気がしました。

午後は洗濯したり、たまった写真を整理したりのんびり過ごしました。

そして晩飯。ホイアン名物をぜいたくに頼んでみました!

一品目。ホワイトローズ 60,000ドン(≒293円)
ホワイトローズ

この外側のもちもちっぷりが尋常じゃない!ナニコレ、中国の点心でもこの弾力には出会わなかった(((;@Д@)))わぁぁぁ

中身は魚のすり身ですね。ちょびっと飛び出ている部分がそれです。中身もぷりぷりしていてなかなかうまい。


二品目。シーフード春巻50,000ドン(≒244円)
シーフード春巻

まーた揚げたの出てきてもうた・・・
店の外の写真は生春巻やったやんかぁぁ!(っД`)゜。
でも外側が細麺をくっつけて揚げたみたいな、もろもろした食感で新鮮でした。中身はエビとイカとネギが入っていましたが、量が少ないし外側の主張が強かったので存在感がいまいちでした。

三品目。揚げワンタン 55,000ドン(≒269円)
揚げワンタン

通してみると、なんか似たような食べ物ばっかになってもうたな・・・
二品目の春巻が揚げてあったのが誤算でした。

えっとね、一個目のホワイトローズを広げて揚げたみたいな物体。というか中身は全く一緒w

バリバリしていてスナック菓子みたいです。酒のつまみに良いんでしょうな。

明日はホイアンを観光します!では今日はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. サムライ・ブルー より:

    最悪な添乗員でしたね。イライラ感が伝わってきました。しばらく更新がなく、さびしかったのですが、列車移動だったんですね。体に気をつけて旅を続けてください。更新楽しみにしています^^

  2. wolt より:

    >>サムライ・ブルーさん
    毎日ご覧くださりありがとうございます!(^人^)
    できるだけ毎日更新なのですが、夜行移動やネット環境によってまちまちです><
    ぼちぼちお楽しみ頂けたら幸いでございます~

  3. トウガラシ より:

    吉田栄作もびっくりの無類の揚げ春巻き好きやなぁ

    そろそろ米食べようぜ!ドン

  4. wolt より:

    >>トウガラシさん
    相変わらずの引出しの多さですな(; ̄ω ̄)
    奇しくも今日のお昼は米三昧でした。
    詳しくはまた記事にしまーす!

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA