キリマンジャロコーヒー(フィルター)

【タンザニア】モシでキリマンジャロコーヒーに癒される日々(2018年11月1日~2日)

じゃんぼー!

今回はタンザニアのモシでキリマンジャロコーヒーを堪能しました!

 

キリマンジャロから帰って来た翌日の11月1日。

両足の親指がちょー痛い・・・(;ω;)

まぁ最後の1日半で標高5,895メートルから1,640メートルまでの実に4千メートル以上を駆け下っているので、トレランを離れてもう2年近くになる身体にはダメージが大きくて当然かもしれません。膝とかに来なくて良かった。

日記も写真も溜まっているので、午前中は宿でおとなしくしていました。

 

午後はバスチケットを買いに外出。

モシの町、道幅に対して広告看板が巨大すぎる気がするんですよね。キリマンジャロを猛烈プッシュしている町としては、高い所に目立つ広告を掲げるのはあまりよろしくない気がするのですけど。

モシのバスターミナルにやって来ました。

バスターミナルにたむろしている連中は、自分たちは「チーニー!チーニー!ケタケタケタ」みたいに言うくせに、こうやってカメラを向けると怒るんですよね。本当に低レベルな層が集まってるんだなーと思います。

どうやら、明日(11月2日)はタンザニアの祝日らしく、明日のバスチケットが買えなかったので明後日(11月3日)のチケットを買いました。足の親指が痛すぎてあんまり明日移動する気になれていなかったのでちょうど良かったです。

 

そしてお昼。今日はタンザニアの人気料理チプシマヤイを食べました。3,000シリング(≒148円)

チプシマヤイ

食堂が暗かったので写真がいまいち・・・。スワヒリ語で「チプシ=フライドポテト」+「マヤイ=卵」。要するにフライドポテトを卵で閉じて焼いただけの料理。ものすごい安易ですが美味しくならないワケがない組合せですね。

そのままだとちょっと塩気が足りなかったので、卓上のトマトケチャップをかけていただきます。

チプシマヤイ

想像通りだけど間違いなく美味しい(*´ω`)

 

昼は軽めにして、カフェにやって来ました。旅行者に大人気のユニオン・カフェ(Union Cafe)

ユニオン・カフェ

 

グーグルマップではここ。

 

ボクは人が少ないエリアに座りましたが、テラス席なんかは若い旅行者でいっぱいです。

 

キリマンジャロコーヒー(フィルター)3,000シリング(≒148円)。

キリマンジャロコーヒー(フィルター)

なんかでっかいので来た!Σ(‘ω’ノ)ノ

と、クランチケーキ6,000シリング(≒297円)。

コーヒーと甘い物の組合せって最高ですよね。いただきまーす。

・・・

・・・

・・・

キリマンジャロコーヒーが絶句するレベルでおいしい(っД`)゚・。

もちろん砂糖も何も入れていません。めちゃくちゃ濃いブラックコーヒー。にもかかわらず、コーヒーだけでぐいぐい飲めるレベルでおいしい。なんだこれ・・・キリマンジャロコーヒーのポテンシャル高すぎるやん・・・!

学生の頃、同じ研究室にかなりコアなコーヒーマニアの後輩がいまして、自家焙煎から自分でするレベルのマニアだったんですが、ある時彼が「今日の豆は自信作なんスよ!!!」と言いながら研究室でいれてくれたコーヒーが、ボクの人生の中で最高にうまいコーヒーだったんですが、今日のキリマンジャロコーヒーはそれに匹敵しました

キリマンジャロコーヒーもすごいですが、今思うとその後輩もすごいです。彼は今どこでどうしてるんでしょうか。どこかでカフェでも開いてないかな。

 

キリマンジャロの方角は曇り。

“キリマンジャロを見ながらキリマンジャロコーヒーを飲む”のは、この季節だと難しそうです(;^ω^)

変なセブンイレブン発見。

パブ&レストランのセブンイレブンです。なんでこのデザインだけがタンザニアまで伝わってしまったんですかね。

 

ガチの吹奏楽団が道端で演奏していると思ったら、ヘアサロンから女性がぞろぞろと出て来ました。

なんかのイベントの準備・・・?そのまま女性らは装飾された車に乗り込んでどこかへ行ってしまいました。

 

 

11月2日も、移動前日でぽっかり空いてしまったので、ただただのんびりしていました。

足の親指は相変わらず痛いです。早く歩けないレベルで痛いです。

今日の昼はザンジバル・ピザ2,000シリング(≒99円)と、串焼き1本500シリング(≒25円)。

ザンジバル・ピザ

このタイプの料理は、ザンジバルでなくてもザンジバル・ピザと呼ばれているようです。

先日モシで食べたザンジバル・ピザより高いですが、こちらの方がひき肉が入っていてジューシーな味でした。

また昼は軽めだったので、今日もカフェへ。今日はコーヒー・ショップ(Coffee Shop)にやって来ました。

コーヒー・ショップ(Coffee Shop)

 

場所はここらへん。グーグルマップに載ってないですが、MapsMeだと出て来ます。

 

昨日のユニオン・カフェには若い外国人旅行者しかいませんでしたが、こちらはもう少し落ち着いた雰囲気で、年配の旅行者や地元の人が食事をしていました。

 

キリマンジャロコーヒー(マグ)2,200シリング(≒109円)と、蒸しキャッサバ500シリング(≒25円)

キリマンジャロコーヒー(マグ)

 

その辺の露店に売られて新聞紙に包まれて出て来るキャッサバが、こんな立派な皿にのってナイフとフォークを添えられているのが笑えるw

 

コーヒーは、昨日のユニオン・カフェと同じくらいうまかったです。気のせいかもしれませんが、こっちの方が若干丁寧な味がしました。でもユニオン・カフェは3,000シリングで2.5杯分くらい飲めてお得感あるので、どっちも良いなと思いました。

そしてなぜかキャッサバとコーヒーがよく合いました。正直この組合わせは頼んだ後「よく考えたら合わないんじゃないか」とちょっと後悔していたんですが、食べてみたら最高でした。キャッサバってこんなに甘くなるんだな~。

 

そんな感じでゆるく過ごした2日間でした。明日からは長距離移動でルワンダを目指します。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. baum より:

    アフリカの珈琲が(地元とは言え)レベル高いとは知りませんでしたf^_^;)
    見た目は苦そうだけど、美味しいんですネ❗️
    世界の珈琲をご当地で飲んでみたくなりました。
    (やらないけどネ)

  2. ログボ より:

    (´・ω・`)癒し系のログボさんもコーヒーに癒されたい

  3. wolt より:

    >>baumさん
    世界のご当地コーヒーを・・・飲みに来ればいいじゃないですか( *´艸`)
    南米のコーヒーも楽しみです。

    >>ログボさん
    自分でセルフ癒されしては・・・?(´・ω・`)

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA