【ウガンダ】ブニョニ湖から一気に首都カンパラへ移動。バスがハズレw(2018年11月15日)

おりおてぃあ!

今回はウガンダのブニョニ湖から首都のカンパラに移動しました!

 

本日の移動。400kmくらい。

カバレからカンパラ

 

そして・・・帰って来たよ北半球!!!!

ただいま北半球

長かったなぁ南半球。5月末にナミビアに飛んでから実に半年ぶりの北半球です。




朝は6時過ぎに起床。

霧でどんよりしています。

今日はカバレから出来るだけ早く出発するバスに乗りたいので、昨日のうちに宿のスタッフに「7時朝食、7時半にモーターボート、7時50分に湖岸にバイタク」を頼んでおきました。

6時45分から宿のレストランで待機していると、6時55分くらいに宿のスタッフが来て「コーヒー?アフリカンティー?」とか訊いてきました。7時に朝食出す気ゼロじゃないですか

7時5分くらいに、フルーツがやって来ました。

果物嫌いなボクでなくても、1人でこの量のフルーツは食べないでしょう・・・。

こちらがメイン。7時15分くらいにやって来ました。

オムレツが「スパニッシュ、チーズ、(あともう一つあったけど忘れた)」から選べたので、1㍉も期待せずにチーズを選んだら、予想以上にがっつりチーズが入っていました。15分遅れたけど許して遣わす。チーズは正義(。-ω-)

 

支払いを済ませて、アンケート用紙を記入して、7時35分にボートに乗船。

モーターボートは25,000シリング(≒756円)。高いけど、できるだけ早くカバレに着きたいので仕方ない。

一泊だけだったけど静かで快適でしたバイバイ。

 

どんよりしたブニョニ湖を進みます。

ブニョニ湖

ああいう小さい島も上陸してみたかったなー。

そう言えば、昨日のカヌー漕ぎの筋肉痛、肘の内側から2cmほど上と言う、今まで筋肉痛になった事が無い部位が痛いです。さすが初体験のカヌー漕ぎ。

湖周辺の住人はあんまりかたまって暮らしてないみたいで、ぽつんぽつんと家が建っています。

また独特の生活スタイルなんだろなぁ。

20分ほどで湖岸に到着。来た時とは違う、プライベートな感じの船着き場でした。

もうバイタクは待っていてくれました。まさか時間を守って来ると思ってなかったので、びっくりです。

 

20分ちょっとかけてカバレに戻って来て、バイタクにはジャガーと言うバス会社の前におろしてもらいました。カンパラ⇒カバレ区間で、ジャガーのバスを利用した旅行者が、良いと褒めていたのです。

が、出発時刻を聞くと10時発。現時刻は8時30分。9時発のバスがあるとちょうど良いのですが・・・。

待ちたくないと言うのもありますし、カンパラまではけっこう時間がかかるので、明るいうちに着こうと思うと急がないといけないのです。

 

うろうろして他のバス会社を当たると、2列+3列シートバスですが9時発のバスを見つけました。料金も25,000シリング(≒756円)と、ジャガーより10,000シリングも安いです。

と言う事でチケット購入。Jussyと言うバス会社でした。結果的に言うとこのバス会社は全然オススメできません

さて、実は朝起きた時からお腹の調子が悪く、起床してすぐトイレに駆け込んだんですが、ここでもまたヤバくなってバス会社のトイレに駆け込みました。移動日にお腹の調子が悪いのは非常に不安です。

 

バス会社のオフィスの人が椅子を出してくれて、「ここで待て」と言われたので座って待っていると、ふと気付くとオフィスの前の道路にいたバスがいなくなっています。時刻はまだ8時55分。

慌てて、その辺にいた荷物運びの人に尋ねると、なぜかバイタクを呼び止めようとし始めました

ぼく「バイタクいらないから!バスはどこに行ったの!?」

荷物運び「バスターミナルだけど。バスターミナル知ってるの?」

ぼく「知っとるわ!!!」

100メートルほど離れたバスターミナルに行ってしまったようです。なんでやねんボクを乗せてから行けや。ていうか見えるくらい近いのにバイタクで行かせようとすんなよ

 

9時は過ぎていましたが、まだバスはバスターミナルにいました。無事に乗車。

2列+3列シートは狭くて嫌なので、空いていた助手席に乗ってみました。

しかし、乗客は6,7人ほどしか乗っておらず、全然バスが出発しそうな気配がありません

9時30分にしびれを切らして、バスの乗降口にいたスタッフに聞いてみました。

ぼく「バスは9時発って聞いたけど、何時に出るの?」

ニット帽スタッフ「10時。」

ぼく「ハァ!?!?!?!?オフィスで聞いたら9時って言ったからチケット買ったんですけど!?他のバス会社に行くから返金して。」

ニット帽スタッフ「返金はできない。」

ぼく「なんで。そっちが嘘ついたんじゃん。」

と言う会話をしていると、他のスタッフとドライバーがやって来て、

長身スタッフ「何やってるんだ。出発するぞ。」

どっちやねん!!!!!!!ヾ(`Д´)ノ”

バスは9時半過ぎに出発しました・・・。最初にオフィスに置いて行かれたあたりからスタッフの対応が不安だったけど、こいつら絶対ダメなやつらだろ・・・

 

道路は比較的きれいで、けっこうな速度で走ります。

※画面にいっぱいゴミが写っていますが、カメラ側の汚れじゃなくてバスの窓の汚れです。

・・・それにしても、停車が多い

最初の1時間はけっこう良いペースで走ってたんですが、出発2時間後~5時間後までが最悪でした。

  • ほぼ全ての集落で停車
  • 同じ集落で3回停車
  • 1回停車するとスタッフもドライバーも全員降りて行く
  • 降りて行ったスタッフらは客引きするわけでもなく、ただその場にいる住民などと雑談したり買い食いしたり
  • 集落の間には警察の検問

5分続けて走行しないんですよ。大げさな話じゃなくて。

あと微妙にイライラするのが、ドライバー以外にスタッフがなぜか4人もいる事。アフリカのバスってドライバー以外にスタッフが2,3人乗るんですが、4人は流石に多過ぎます。

4人もいる割に、ドライバーはしょっちゅう呼ばれて降りて行きます。ドライバーに運転に専念してもらうためにスタッフが乗っとるんちゃうんかい。しかもたいてい働いてるのは1人だけで、あとはケラケラ雑談しているだけです。マジで無駄

 

ここには1時間停車していました

この停車も、時間がかかるなら乗客にも言って休憩タイムにすれば良いものを、何も言わないから降りるに降りれないんですよ

ちまちま停車している間に、おそらくカバレを10時に出発したと思われるバスが、何台も横を通り過ぎて行きます。あぁ、これは一番ハズレを買ってしまった・・・

 

出発して5時間を過ぎたあたりから、ようやくまともに走り出しました。

すると後ろからまたバスが追い抜いて・・・あれ?ジャガーのバスじゃないか

ジャガーのバスは10時発のはずですが、今更追い抜いて行くなんてどこで何してたんですかジャガーさん

見てると、ジャガーのバスもかなりの頻度で停車していて、この後も2,3時間、抜きつ抜かれつしてずーっと同じペースで走り続けました。もしジャガーのバスを選んでいたら、「高い上に遅い」と怒り倍増している所でした。やっぱりアフリカでは安定した質のサービスなんて期待しちゃダメですね。

 

16時半くらいに長めの停車がありました。

串焼き肉、サモサ、炭焼きイモ・マトケなどが売られていてとてもおいしそうだったんですが、今食べるとせっかく休戦状態のお腹が、また紛争状態になりかねません。なぜか後ろの客が「肉は買わないのか」「パイナップルは買わないのか」とやたらとうるさいのもイライラします。

またカンパラに向けて出発。

 

警察の検問がいっぱいある割には、薪とバナナてんこ盛りの上に人が乗るのは許されるんですね。

 

この調子だと18時半くらいに着くかな~と思っていたら、最後の20kmがめちゃくちゃ渋滞していました

 

カンパラのタクシーパークに着いたのは19時半。全部で10時間もかかりました。おかしいですね、カバレの人達はみんな「カンパラまで6~7時間」と言っていたのに。

前半がいかに進んでなかった事か・・・

カンパラまで10時間半

 

さて、ここから旅行者に人気の宿Backpackers hotelに行くのですが、3kmかそのくらいあるらしいのでバイタクと交渉です。

ぼく「Backpackers hotelまでいくら?」

バイタク①「20,000シリング(≒605円)だよ!」

バカかお前は。ぼったくるにしてももう少し現実味のある数字を言えよ。

いえ、民度の低い国で「いくら?」と訊くボクが悪かったです。ルワンダ人とは違いますからね。

ぼく「Backpackers hotelまで3,000シリング(≒91円)で行って。」

バイタク②「5,000シリング(≒151円)だ」

本当なら何人かに訊いたり、タクシーパークから出て流しのドライバーを捕まえたりしたいところですが、このタクシーパークでは旅行者が強盗に遭ったりしているので、あんまり動き回りたくないのです。ちょうどラッシュアワーだし、仕方ないなと5,000シリングで妥協しました。

 

大渋滞の中をすり抜けながら走って、宿に着いたのは19時45分。まぁ常識的な時間に到着して良かった。

さて、朝食を食べてからもう12時間以上経ってるので、高いですが宿のバーで食事です。断食する趣味は無いですからね。

 

チップス&ビーフソーセージ。12,000シリング(≒363円)。

チップス&ビーフソーセージ

ビーフソーセージ小っさ

でもまぁ肉肉していておいしかったです。

ふと下を見ると。

・・・(*´ω`)

宿の居心地は良さそう(*´ω`)

 

さて、明日はまず大使館巡りをして、今後のビザ問題を解決しないといけません。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. y.kujime より:

    猫でホットしたよ。

  2. ケー より:

    バスやばいですね、、、
    日本だと、運転手が逆ギレで高速バス1時間放置した!とかニュースなってましたけど、レベル違います笑

  3. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    足元に気配を感じたので、最初何事かと思いましたw

    >>ケーさん
    運転手が運転を1時間放置したら問題になるんですね・・・(;・∀・)
    ボクはまだありませんけど、運転手がバスも客も置いて完全に失踪する事態も、アフリカだとちょいちょいあるらしいです!

  4. baum より:

    移動のイライラ感が伝わって来たけど…
    19時半着!まだスムーズにいった方じゃないですか⁉︎

    北半球に戻って来た!と言っても
    アフリカ大陸を見るとまだ南半分に居るんじゃないですかネ
    世界一周の旅はまだまだデスねf^_^;)

  5. wolt より:

    >>baumさん
    6,7時間と地元の人が言ってた所を10時間ですからね~。まぁザンビアのバスよりマシですが・・・。
    アフリカで言うとちょうど半分くらいですね~。
    でもさすがにアフリカ飽きて来たので、ここから駆け足です。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA