【南アフリカ共和国】EMSの状況を調べにヨハネスブルグを東奔西走!(2018年7月30日)

はろー!

今回はEMSの所在を調べるべくヨハネスブルグを東奔西走しました

 

①まずは送り元の郵便局に問い合わせ

EMS追跡のWebページに「お問い合わせ窓口局」って欄があって、まずはここへ電話で問い合わせ。お問い合わせ窓口局は、発送元の郵便局になるらしい。つまり日本の郵便局。

電話はすぐに繋がって、ちゃんとEMS担当の人が出てくれました。親から教えてもらったEMSの追跡番号を言って尋ねると、やっぱり郵便局側で見れる情報(郵便局ではユーザがWebで見れるのよりも詳しいのが見れるらしい)でも日本を出た履歴で止まってるらしい。

あとうちの親が先週の木曜日に調査依頼みたいな書類を書いて出してくれてたらしい。「先週追跡の書類をご提出頂いた方ですか?」って訊かれました。心配かけて申し訳ないな・・・(;-ω-)

現時点で日本側からはこれ以上追えなさそうだったので、次は南ア側からです。




②南アフリカ郵便局へ

まずは歩いて南アフリカ郵便局へ。

EMS受取りの事を考えて、どこでも徒歩で行けるヨハネスブルグ中心部の宿を選んだんですよ!

相変わらず街の中心部で異彩を放つ裁判所。

ところで、ヨハネスブルグに着いた当初は寒い寒いと言っていたのですが、ここ数日は全く寒くありません。天気予報では今朝の気温は8℃、日中は22℃とかです。到着した日の2℃~14℃はどこ行ったの?まぁ暖かいのは良い事です。

どっち側が入口かよくわからなかったので、人に尋ねながら郵便局到着・・・

・・・シャッター降りてない?

しかも、ちょっと休日で閉まってる感じじゃなくて、シャッターも手前の階段もホコリをかぶっていて、しばらく使われた形跡がありません

真ん前の歩道に店を広げ始めていた露天商に訊くと「この郵便局は無くなっちゃったよ!カールトンセンターに行きな」と言われました。こんな大きそうな郵便局がぽっかり無くなるなんてあり得ないと思うんで、どこかに移転したのかな。

 

③カールトンセンターの郵便局へ

カールトンセンター(Carlton Center)はだいぶ宿に近い所にあります。

ていうか昨日話題にしたピックンペイってスーパーの向かいです。

奥に見える、背の高いビルがカールトンセンターです。

 

到着。

 

と言っても、カールトンセンターの見える所には郵便局が無くて、4人の人に訊きながら到着したのは地下2階

ちっさ!これEMSとか扱ってないんちゃう?

窓口なんか1つしか開いてなくて、やっぱりEMSはわからんって言われました。その代わり、“マーシャルタウン郵便局”に行くように言われました。

マーシャルタウン郵便局の住所を手に入れた!٩( ‘ω’ )وテッテレー(脳内で再生される8ビット音楽)

・・・が、住所よく読めないし、グーグルオフラインマップでは出てきません。

 

④いったん宿に戻り

ボクは南アのSIMカードを購入してないので、宿の外に出るとオフラインになってしまいます。マーシャルタウン郵便局(Marshaltown)の場所を探すために、いったん宿に戻りました。

マーシャルタウン郵便局は、オンラインで探したらすぐに見つかりました。

 

⑤マーシャルタウン郵便局へ

また歩いてマーシャルタウン郵便局へ行きます。

 

ガンジー広場を通って、

 

先週通った、ジェンガみたいなビルの下をまた通って、

 

ありました!

 

グーグルマップではここ。

 

中は大きめの郵便局で、窓口は4,5箇所開いていました。客も多く、ちょっと並んでいます。

自分の番になったので、「EMSの追跡ってできる?」と訊くと、「できない」と即答されました。えぇー・・・、郵便局の人に訊いてここって教えてもろてんけど・・・?

EMSの番号を書いてって言われたので書いて渡すと、職員はメモを持って奥に引っ込んで、2分くらいで戻って来ました。

「その番号に電話かけて問い合わせて」

えぇ、自分で問い合わせるの?こんなに大きい郵便局なのに?(´・ω・`)

問い合わせ先の電話番号を手に入れた!٩( ‘ω’ )وテッテレー

 

⑥ふたたび宿に戻り

が、先程も言ったようにボクのスマホにはSIMが入っていないので、電話をかけようと思うと宿に戻らないといけません。国際電話対応のケータイ(ガラケー)は普段持ち歩かないのです。

また同じ道を戻って宿へ。

しかし、宿に戻ってガラケーで電話をかけてみるも、なぜか繋がらない。今朝日本の郵便局にかけたのはこのガラケーだったんですが・・・。

仕方ないので宿の受付に降りて、「電話貸してー」と頼むと、

受付「ごめんなさい、いま通話のチャージ切らしてるの」

その手元にはスマホが。

ぼく「え、宿の電話ってスマホだけ??」

受付「そう」

固定電話が無い宿ってなんやねん(; ̄ω ̄)そ

それじゃ、宿の予約サイトに書かれていた電話番号はスマホの番号だったの?しかも通話チャージ切らしてるって、今宿泊客から電話かかって来たらどうするつもりなんだ・・・?

 

⑦SIMカードを買いに

こうなっては仕方ないです。自分でSIMカードを買いに行きましょう!

路上のSIMカード屋さんが一番多い、繁華街に再度GO。

PEPと言う雑貨屋でMTN(西アフリカでも使ってた会社)のSIMカードを購入。なんと驚きの0.5ランド(≒4円)SIMカード1枚4円って過去最安なんですけど!!!Σ(‘ω’)

南アフリカはVodacomって言うボーダフォンの子会社が強いので、MTNはSIMカードの価格を下げて新規加入者を増やす作戦なのかもしれません。なおVodacomのSIMカードは4ランド(≒34円)でした。これでも十分安いですが。

MTNは、繁華街に行くと黄色いMTNベストを着用した人が10メートルおきくらいに立ってるので、そのうちの1人をつかまえてチャージしてもらいました。南アフリカでは通話料金の事を“Airtime(エアタイム)”って言うらしいので、「Airtimeチャージして」って言ったら通じます。

どのくらいチャージすれば良いか見当も付きませんでしたが、とりあえず5ランド(≒42円)チャージしてもらいました。だってEMS問い合わせるだけだし

 

⑧コールセンターに電話!

では早速、先程郵便局でもらったメモに書かれた番号に電話します。

ちなみに、カールトンセンターの郵便局でもらった住所メモは、ポケットに入れていたらいつの間にか無くなっていたので、利用済みアイテムだから消滅したんだなと思う事にしました。

電話をかけると、自動音声が流れました。もしかして自動音声だったから、ガラケーからかからなかった?よくわからん。

電話「こちらは南アフリカ郵便局、コールセンターです」

電話「・・・ただいま担当者は電話に出る事ができません。次の担当者を呼び出します・・・」

電話「・・・次の担当者も電話に出る事ができません。次の担当者を呼び出します・・・」

電話「・・・次の担当者も電話に出る事ができません。後でまたかけ直してください。ガチャッ、ツーツーツー」

・・・うんまぁ、仕方ないですね。

 

さて、歩き回ったしもうとっくに昼は回っているので、昼飯でも食べましょう。プァーパと肉といろいろ30ランド(≒253円)

すんげぇ豪華!!!٩(ˊᗜˋ*)و

焼き立てでまだジュージュー油が跳ねてる肉がドカッとのってるのも豪華だし、野菜系の副菜が4種類もついてるのがまた豪華です。

南アよりも物価が安い国って、野菜や主食は腹いっぱい食べられても、肉が入ると途端に値段が上がって、しかも肉は固くておいしくない。副菜なんて気の利いたもの付いてるわけもない。みたいな感じですが、南アだと肉はうまいわ、副菜は充実してるわ、それで250円とかなんで、お得感はものすごく高いです。

副菜は左から、ホウレン草の煮物、キャベツ炒め、トマトのマリネ、ビートの煮物?です。栄養素的にも嬉しい構成ですね!

肉は牛肉で、ちょっと焼きすぎちゃってる感はあるけど、脂が乗ってておいしい。

肉はこれでも十分大きいのですが、最初は皿を覆いつくすくらいの大きさの肉を盛ってくれようとしていたので、慌てて「小さいの!小さいの!」と言って変えてもらいました。とにかくすごい満足度。

 

食後、コールセンターに再度かけましたが・・・。さっきと同じ自動音声が流れるだけでした。

 

今日はまさに東奔西走って感じだったので、疲れを癒すためにミルクシェイクを飲みました。33.6ランド(≒283円)

えー・・・、何このユルユルのミルクシェイク。ほぼジュースやんw

この前マボネンで飲んだミルクシェイクおいしかったなー。まぁもう少し高かったけど。

 

宿に戻ってからもコールセンターにかけてみましたが、やっぱり状況は同じ。

5回目か6回目をかけようとすると、

電話「あなたのアカウントの通話チャージが無くなりました。チャージして下さい。

・・・(;ω;)

確かに、1回の自動音声再生に1分ちょっとかかって、それを5回くらい聞いてるから、時間的には合計5,6分通話してる事になりますよね・・・。5ランドのチャージだとそんなもんですかね・・・。

まだ16時くらいだったので、またチャージしに行く事もできたんですが、ちょっともうチャージしに外出する気になれませんでした・・・。

 

そんな感じで、今日はヨハネスブルグを東奔西走しただけで、何の成果も得られませんでしたッ!(TωT)

ちょっと期待しつつ覗いたWeb追跡の状況も変わらずでしたw

明日も何しようか・・・って感じですが、とりあえずはまたチャージしてコールセンターに電話をかけるのと、まぁどこか軽く散歩したいです。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. 師匠 より:

    ちょっと興味があったので調べてみたけど
    南アフリカに到着するまで2週間~3週間かかるみたいよ~
    https://tuisekidb.com/japan-southafrica
    焦らずゆっくりしてくださいな^^

  2. wolt より:

    >>師匠さん
    お久しぶりです!お気遣いありがとうございます(´∀`)
    そのサイトと個人のブログを合わせると、最短5日、最長3か月弱、平均2週間程度なんですが、それはおそらく待ってた場合なんですよ。
    実は現時点で考えられる可能性としては
    ①物がヨハネスブルグに着いてない
    ②物は着いてるけど税関を通ってない
    ③税関を通ってるけど履歴が更新されてない
    のどれかなんですよ。

    ①の場合→何をやっても仕方無い
    ②の場合→問い合わせることで動く可能性がある。ダカールでは問い合わせた後すぐ一気に動いた。
    ③の場合→税関通ってれば郵便局のどこかにあるので、取りに行ける

    実際、ボクと同じく『日本から発送』のまま待ってたら、実はとっくにヨハネスブルグの税関は通っていて、大きな街の郵便局に2週間保管されてたって話もあるので、単に履歴が更新されてない可能性はあるんですね。

    なので、焦ってると言うよりは『問い合わせることで無駄に待つ時間が短くなる可能性があると思っている』状態です。

  3. ログボ より:

    ④暑いので故郷に帰った(´・ω・`)

  4. wolt より:

    >>ログボさん
    故郷・・・レンズの故郷(日本)の方が暑いんでないの・・・?(´・ω・`)
    ボクはヨハネスブルグが2℃だった時に日本に帰りたくなりましたが・・(*ノωノ)

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA