セビーリャからバスでアルヘシラスへ移動(2018年1月30日)

ブエノス・タルデス!(スペイン語の丁寧な「こんにちは」)

カミーノの時からちょいちょい思ってたんですが、マドリッド始め、都会の人は「オラ―!」としか挨拶しないけど、田舎はちゃんとした挨拶をしてる人が多い気がします。例えばバーの店主と地元の常連客でもちゃんと「ブエノス・○○」(○○は時間帯によって変化)って挨拶し合ってます。

と言う事でここに来てまさかの挨拶覚え直しが発生しています。

今回はセビーリャからHDDを日本に送って、昼からバスでアルヘシラスへ移動しました!

 

あ、朝飯撮り損ねてる。アンチョビの缶詰とパンでした。




チェックアウトして荷物を置いて、郵便局へ。郵便局はセビーリャ大聖堂の斜向かいくらいにありました。


 

郵便局内に、なぜかクレヨンとか、DVDとか、スマホ関連機器とかが売られていました。

郵便局利用者が買いそうなものでもないし・・・オリジナルグッズとかなのかなぁ。

そう言えばサンティアゴの郵便局はカミーノ関連商品が多くて、下手な土産物屋よりも見ていて面白かったなぁ。

 

HDDだけ送るつもりでしたが、カミーノの巡礼証明書(結局折りたたんだ)も入れて、あんまり使用頻度が高くなかった服で包みました。

箱は郵便局の人が持って来てくれました。多分料金に上乗せされてる。

重量は900gくらいで、料金は30.21ユーロ(≒4,078円)でした。スペインで荷物を送るのは3回目(日本行き、サンティアゴ行き)なので慣れたもんです。受付のおばちゃんがスペイン語オンリーでゴリゴリ話してくるのも慣れたもんです。

ホント、言葉通じなくても何でも良いからゴリゴリ話す事が大事なんだなぁ・・・と旅行に出ると度々思います。

 

宿を出る前に、今日向かうアルヘシラス行きのバスの時刻を調べたら、午後の便は意外と遅い14時発で、微妙に時間が余ったのでセビーリャをうろうろ。

人が多いと思ったセビーリャだけど、冷静に見ると都市にしてはかなりのどかな感じです。

でもアルカサルは、ボクが行った時の4倍くらい並んでいました。

アルカサルは朝イチで行くのが吉だなー。

ドラマかなんかのロケをやっていました。

ちょうど、セビーリャ大聖堂とアルカサルの二大人気スポットをつなぐ道のど真ん中でやっていて、人払いするスタッフが大変そうでしたw

 

そう言えばポプテピピックと言う最近話題のアニメ最新話で、フラメンコのネタが出ていたのを思い出して、流行りに乗ろうとフラメンコ博物館(Museo del Baile Flamenco)とやらに行ってみたんですが、


入場料10ユーロ(≒1,350円)もしたので、0.1秒であきらめました。舞踊系はまったく興味が湧かないジャンルだし、ポプテピピックネタだけで10ユーロも払えません。フラメンコ師匠ごめんなさい(^ω^)

 

たくさんある扇子屋さん、よく見るとフラメンコ柄もありました。

そーいやフラメンコで扇子使ってますよね。東洋の扇子はスペインの伝統芸能にまで浸透してるのかぁ(´ω`)←遠い目

 

12時45分くらいにザックをピックアップしてサン・セバスチャン(San Sebastian)のバスターミナルへ。

 

アルヘシラス(Algeciras)へは21.20ユーロ(≒2,862円)。COMESとか言うバス会社でした。1日4便(9:30,14:00,17:30,20:00)出てるようです。

 

まだバスまで1時間あるし、小腹も空いたのでバスターミナル前のバーへ。

 

テキトーに2品タパスを頼んでみたけど、久しぶりに変なのを引き当てた気がひしひしとするw

 

ほうれん草とひよこ豆(Espinacas con garbanzos)2.5ユーロ(≒337円)

ほうれん草とひよこ豆

ここ数日野菜不足だしほうれん草でも・・・と思って頼んだら変なの来ました。

ほうれん草を親の仇のように煮込んで、油に浸けたみたいな・・・?食感は見た目通りもちゃもちゃしています。煮込まれ過ぎて味も匂いも食感も、ほうれん草かどうかわからないですw

と言っても別にマズいわけではなく、油はオリーブオイル+コリアンダーかな。香りも味も良いです。パンとよく合います。

ひよこ豆は時々潜んでいますが、存在感が薄過ぎて存在意義がちょっとわからない感じですw

変な食べ物の方がレポートが弾むな・・・(´・ω・`)

もう一品はムール貝(Mejillones Cocidos)2ユーロ(≒270円)

ムール貝

スペインに来てからムール貝ムール貝言ってますが、缶詰じゃないムール貝は何気に初めてです。4粒しかないけど、缶詰と違って貝の味がしっかりしていて良かったです(*´ω`)

 

13時半に再度バスターミナルへ。

バスは13時50分くらいに来て、14時ちょうどに出発しました。

 

約3時間15分で、アルヘシラスのバスターミナルに到着!


バスターミナル、町のど真ん中にあるんだな。便利。

 

無事宿にチェックイン。田舎でドミトリーなんてのは無さそうだったので、18ユーロ(≒2,430円)の個室です。

なんか、一気に古くさい安宿になったなーw

壁は塗装し直してるけど、床は古いまんまだし、タバコの臭いが染みついてるし、ドアも窓も隙間だらけだし。あぁでもテレビが液晶なあたりはちゃんとスペイン。

でもキレイなイマドキのドミトリーより、実はこっちの方が落ち着きます。

 

セビーリャから来ると、一気に町がこぢんまりした感があります。

 

あと、もう雰囲気がアフリカに片足つっこんでる感じです。町を歩いている女性の2割くらいがヒジャブ(イスラム教女性の頭巾みたいなの)を着用してるし、男向けの床屋がやたら多いです。

イスラム教徒は(ヒンドゥー教もだけど)、ヒゲ生やしてる人が多いので、人口に対して床屋がやたら多いです。

スーパーでは、1.5Lの水が0.2ユーロ(≒27円)で売られていて衝撃でした。

 

昼が軽かったのでおやつ買って来ました。ピスタチオとプリン。

やっぱりスペインのプリンうまいわぁ。

 

さて、明日は日帰りでジブラルタルへ観光に行って来ます!では今回はこの辺で(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. ベティ より:

    woltさんこんにちは。
    アルヘシラスからタンジェへフェリーで行かれるのでしょうか?
    私の時は、往復ともに道中イルカの群れが見られました。
    ただ、夏だったので、今は季節柄どうでしょうか。。。
    寒い甲板に出られるようであれば、遠くを見てみてください。
    向こうにジャンプしてるイルカがいるかもしれませんよ(ダジャレではありませぬ)

  2. wolt より:

    >>ベティさん
    こんにちは!
    そうです、そのフェリーを考えています~
    ただ、アルヘシラスからは何年か前にできた新港(市街地から40km離れてる)にしか着かないらしいので、やっぱりテリファから乗ろうか悩んではいます。
    イルカ見れるんですね~探してみます(๑•̀ㅂ•́)و✧

  3. にみくとも より:

    ポプテテテピック? 何が面白いのかわからんかったわー
    セトウツミ完結したで

  4. wolt より:

    >>にみくともさん
    ポプテピピックで釣れたΣ(‘∀’)
    あれびっくりするくらいおもしろくないのに、見ると一週間頭から離れなくて、翌週もまた見てしまう呪いのアニメなんですけどどうしましょう・・・。

    セトウツミ完結したんですか!マンガ買いそろえてましたー。親が買い足してくれてないか期待。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA