【エジプト】ダハブで沈没。ごはんの話ばっかりだよ(2019年1月4日~6日)

あっさらーむあらいくむ!

今回はダハブで食べてる物を貼るだけの日記です!!

 

早いもので、ダハブ滞在ももう半分過ぎました。速く過ぎること夏休みのごとし。でも宿題なんか無いもんね~ウェッヘ~イって感じで過ごしています。

起きてる時間の大半は、小説かマンガを読んでいます。この3日間で、文庫本を3冊とマンガ・・・何冊?たぶん15冊から20冊くらい読んでいます。”永遠のゼロ”なんかは7時間ぶっ続けで読みました。

旅行に出てからは読むよりも書いてる量の方が多いので、たまにバランスを取らないといかんのです。それでもまだまだ読み足りない。ダハブでできるだけ活字をいっぱい補給していく所存です。




1月4日は、ツイッター繋がりの旅友さんと日本食レストランで一緒にチキンカツカレーを食べました。55ポンド(≒333円)。

チキンカツカレー

しかし、「ブログ読んでます!」などと言われてから会ってしまったので、めっちゃ緊張しました。ぼくブログの人物像でも既に十分ショボいと思ってるんですけど、実際は更にショボいですからね。そろそろ威厳とかオーラ的な何かが出て来ませんかね。

チキンカツカレーは、量が少し寂しかったものの、バッチリ日本式カレーでした。日本式カレーは旅行に出る前に実家で食べたのが最後だと思うので、かれこれ2年近くぶりでした。

せっかくなので感動っぽい何かを呼び起こそうと思って、年寄りくさくなるのも辞さずに「2年ぶりくらいやわぁ」って3回くらい言って自ら士気を高める努力をしましたが、実際はさっぱり懐かしくもなんともなりませんでした。なんでや。

カレー自体はかなり煮込まれていておいしかったんですが、もっとジャガイモもニンジンも肉もゴロゴロしたやつが食べたくなりました。あと米がちょっと柔らか過ぎでした。米だけならボクの方がうまく炊く自信あります。

 

カレーの話ばっかりになりましたが、エジプトで終わらせないといけない大事なミッションを2つ終わらせました。

1つはこちら。

マラウィで、やっぱりツイッター繋がりの旅友・三矢さんがくれた、「地球の歩き方(東アフリカ)」の継承です。

これで少なくとも、4代目の所有者の手に渡りました。この「歩き方」はまたどんどこと東アフリカを南下して行く事でしょう。

2つ目は、エチオピアブルを両替してもらう事。なんと1,070ブル(≒4,081円)分も余らせてしまっていたので、南下する彼にエジプトポンドに替えて頂きました。これで夜も安心して眠れます。大変ありがとうございました(・人・)

 

1月5日。やたらと風が強い日。

唐突においしいパスタが食べたくなったので、海沿いのレストランでパスタの値段を見て回ったところ、安い所で45~60ポンドくらい(300円前後)高い所で80~110ポンド(500~600円)くらいでした。

カイロやアレクサンドリアでは、メニューの「パスタ」の欄なんて15~25ポンド(100~150円)くらいの物しか並んでないので、比較すると相当高いです。

だがしかしここは観光地。そしてビーチ。こういう場合、最悪なケースは値段が高い事ではなく、変に最安値クラス(45~60ポンド)を狙ってカイロで20ポンドで食べられるようなショボいパスタが出て来る事です。こう言う時は高くても良い物を食べたいんですよ。

などと言う事を考えていたら全然店が決まらず、結局目に付いた、見た目の良いカフェに入ってしまいました。

 

まだクリスマス仕様です。

4種のチーズソースのパスタと、キャベツスープを頼みました。

4種のチーズソースのパスタ。85ポンド(≒515円)。

量も具も・・・少なっ・・・(;´Д`)

本当にチーズソースだけのパスタでした。せめてタマネギとか、バジル的な何かとか(もはや具じゃない)、それくらい入れてくれても良いじゃないかっ(っД`)゜・。

しかし、麺はボクがパスタでは一番好きな平打ち麺。しかもバッチリ固茹で。チーズソースはめちゃくちゃ濃厚で皿を舐めたいくらいでした。舐めてませんよ。

これであと量が1.5倍あればめちゃくちゃ満足だったんだけどな~。

 

で、なぜかパスタを食べ終わる頃にやって来たキャベツスープ。50ポンド(≒303円)

キャベツスープ

早く出て来る事を期待して「本日のスープ」から選んだはずなんですが、なんでパスタよりも遅いんでしょう。「本日のスープ」って、てっきり“既に仕込んであってすぐに出せますぜ”って暗に言ってくれているスープだと思ってたんですけど。ボクの勘違いだったみたいです。

しかしまぁ、風が強くて寒い日なので、このスープがまたうまい。スープと言っても刻んだキャベツがごっそり入っていて、ほとんどキャベツ煮込みみたいなスープです。

パスタよりも何よりもうれしかったのが、スープの端に乗ってる小ネギ。ボクはネギが大好きで、ネギ入れ放題のラーメン屋は自分の為にあると思ってるし、また自分のような輩のせいでネギ入れ放題のラーメン屋が減ってるんだろうなと思うくらいネギが好きです。

海外であんまり小ネギって出会わないんですよ。日本だとラーメンとか、味噌汁とか、冷ややっことか、うどんやそばとか、外食しても何かにつけネギが入ってるんですけど、海外で小ネギに出会う事は滅多にありません。

ほんの一握りの小ネギに歓喜しました。いろいろ高かったけどネギ食べれたから良いや。

 

贅沢ついでに変なお菓子を買って来ました。25ポンド(≒151円)。

揚げたドーナツにクリームが挟まっていて、表面は砂糖でこってりコーティングされています。

甘かったですが、牛乳とよく合いました。

 

食べ終わったくらいのタイミングで、野良猫が入って来ました。

揚げドーナツが入っていた空のトレイを、何やら恨めしげに眺めています。なぜ人の脚に乗るのか

力加減を知らない若いネコみたいで、やたら爪を立てるのでズボン越しでも痛かったです・・・。

 

1月6日の食事は、ツイッターで人から勧められたキング・ファラフェルにやって来ました。これだけ食べて20ポンド(≒121円)。

左下:豆と肉の煮物、右:ファラフェル、上:大根・ニンジンの漬物、左上:ほぼ見えてないけどアエーシ

ファラフェルは、先日食べた物よりもボクの思ってたファラフェルに近かったです。豆コロッケ。

でもこのファラフェル・・・ごっつぅ塩辛ぁぁぁぁ(;゙゚’ω゚’):ヒィィィ

おそらく、アエーシに挟んでファラフェルサンドイッチにする際、ソースなどの液体調味料を使わなくても良いように等の配慮からファラフェル自体が塩辛く設定されている・・・と思うんですが、この塩辛さはちょっと尋常じゃない。これならファラフェル1個でアエーシ1枚食べれますよ

ファラフェルってもっとこう・・・ヨルダンで食べたのは優しい味のコロッケみたいなやつだったと思ってるんですけど・・・。確かに昔ヨルダンで食べたファラフェルサンドはソースがいっぱいかかっていてポタポタ落ちて来るので、テイクアウトにはまるで不向きだったし食べにくかったんですけど、それでもやっぱり、ファラフェル自体は優しい味の方が良いです・・・。

あと、大根とニンジンの漬物も頭が痛くなりそうなくらい塩辛くて、左下の豆の煮物だけは普通の味だったと(たぶん)思うんですけど、他の2品が塩辛過ぎるせいでもう全く味がわかりませんでした

うーん、お手頃価格だけど、薄味が好きな自分にはあんまり合わない感じ。それともエジプトのファラフェルは全部こんな感じなんだろか。レバノン料理がおいしいと聞いているので、中東料理はレバノンに期待ですかね。

 

宿の北側よりも、宿から南に行った方が良さそうな食堂が多かったので、明日からは宿の南で飯を食べようと思います。

 

はい、と言う事で、何もしてないけど正月以来何も書いてないからさすがに何か書かないといかんなぁと思って書いた、申し訳ない感じの日記でした。

明日は、夜からシナイ山登山をして来ます。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. ログボ より:

    >そろそろ威厳とかオーラ的な何かが出て来ませんかね。
    臭いとか m9っ`・ω・´)

  2. wolt より:

    >>ログボさん
    ににに臭いはあれ、その土地土地の臭いをまとってるはずだから大丈夫!

  3. baum より:

    今更ながら、山にいっさい木がない❗️事に気付いたf^_^;)
    日本の山は飛行機から見たら緑でフワフワしてそうだけど…

  4. wolt より:

    >>baumさん
    確かに初めて見たら違和感あるかもですね~
    ヨルダンとか中東の山ってこんな感じです。ふわふわしてません。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA