【メキシコ】タンピコ町歩き。港を見たいんだが!(2020年1月24日)

オラー!

今回はメキシコのタンピコを町歩きしました!

黄金航路―タンピコ

著作権元:株式会社アピリッツ
出典:「黄金航路」「蒼海の武装商船」(いずれもサービス終了)

※黄金航路がよくわからない方は、こちらのページの真ん中あたりで説明していますのでご興味がありましたらご覧下さい。
【リンク】はじめに
ご興味なければスルーして頂いても何ら支障はありません。

現在―タンピコ

めっちゃ久しぶりの黄金航路港。タンピコなんて他の旅行者に聞いても誰も知らないし行かない町なんですが、ボクはこれをやるためだけに往復8千円弱と宿泊費2泊で5千円弱をかけて来ました

ゲーム上ではコスト制限港(小さい船じゃないと入れない港)で、実際来てみたら、タンピコ自体はカリブ海に面しているのに港は川にしか面していなくて、なるほど川に入らないと入港できないからコスト制限港か・・・と妙に納得しました。川が広いので実際は大きな船も入れそうっちゃ入れそうですが。



朝飯は適当にその辺で食べるかな、と思っていたら、朝起きたらバンバン雨が降っていました

傘はあるので近所くらいなら出られなくもないんですが、面倒だったので、残っていたリンゴ1つとホテルのロビーにある無料コーヒーにクリーマーをしこたま入れてカフェオレにした物を飲んで、朝食終了。

天気予報を見ると昼から回復しそうだったので、午前中はブログ書いたり筋トレしたりしてました。

 

11時に外出。暗いですが雨はもう止んでいました。

気温は低めで半袖だとひんやり感じるんですが、湿度がめちゃくちゃ高いので、ちょっと歩くと汗がじんわり出て来ます。ボクがイメージしていたメキシコの気候って感じです。

昨日も書いたんですが、新しいスマホのGPSがどうも使えない(と言うか多分無い)ので、現在地を見失わないよう、国道を歩いてタンピコ中心部に向かいます。

ところどころ歩道が浸水していて「パイネのトレッキングみたいだな~」と迂回しながら歩きます。

唐突に、歩道の途中に人が集まっていました。

 

みんなが見ている歩道の外に目をやると・・・ワニ

いやいやいやいや、国道沿いにワニって。しかも大きいし。

1人ワニにエサ(生肉)をあげてる人がいて、周りが見物している感じ。あのワニ、池から上がってきたりしないんだろうか。一応チャチい柵があるから大丈夫なんだろうか。

ワニから数百メートル歩くと・・・柵が唐突に終わっていました

・・・・・・・・・あんまり深く考えないようにしよう。そして歩道を歩く時はボンヤリしないようにしよう。

国道は大きな池を回り込むように通っていて、時々池の周囲の観光マップが立っています。ボクはなんせGPSで現在地検出が出来ないので、現在地の書かれた観光マップは貴重です。

さっきワニがいた所は「Mirador de Cocodrilos(クロコダイル見る所)」だそうです。クロコダイルが複数形って事は、あれ1匹じゃないって事か・・・。

森が終わって、池が見えてきました。しばらく池沿いを歩きます。

歩道があったり遊具があったり、思ったよりキレイに整備されてるな~と言う印象。時々ジョギングしている人もいます。個人的な感想を述べると、ボクはワニがいる池の周りでのジョギングはちょっと遠慮したいですが。

宿から5kmほど歩いて、ようやくタンピコ中心部に近づいてきました。

 

とりあえず腹が減ったので、まずは昼飯にしましょう。

 

エンチラーダス・ウワステカス。50ペソ(≒291円)

エンチラーダス・ウワステカス

エンチラーダスとやらの周りに、サラダ、ポテトサラダ、フリホーレスがのっています。

もちもちした平たい生地に、白っぽいチーズが挟まっているのが多分エンチラーダス。

ピリ辛でもちもちしててうまい!けど全体的に量が少ない。エンチラーダスこの2倍は食べたい。

食事を終えて、アルマス広場にやって来ました。

 

アルマス広場って元スペイン領ならどこにでもあるので何も有難味は無いんですが、何度も言うようにGPSが無い身には分かりやすいランドマークはとても大事。現在地を見失っても、とりあえず広場に戻って来ればどうにかなりますからね。

 

なんだかパチモンみたいなマックカフェがあって、あまりにも安いマックフルーリーがあったので、ついマックフルーリーを購入。32ペソ(≒187円)。

一応マクドナルドのロゴは付いてるけど、入っているのはソフトクリーム+チョコソース+砕いたキットカットだけ。これってマックフルーリーって言うのか・・・?グルジアにあったパチモンのスタバを思い出しました。

広場から川の方向に歩いて行くと、徐々に生活感ある町並みになって来ました。

 

市場には謎の派手な飾りつけ。

 

昭和の香りすらあるスロットマシーン。

 

市場ネコ。

 

ハチミツが安かったので買いました。ペットボトル入りですけど。30ペソ(≒175円)。

 

ごちゃごちゃはしているし建物なんかどこも古そうですが、すれ違う人が声かけてくれるし、メキシコシティには無かった良い雰囲気があります。

 

しかし・・・大きな川に出られないなぁ

港のある大きな川は、地図上ではもうすぐそこにあるはずなんですが、川沿いに隙間無く建物が建っているので、川に近づくことが出来ません。ボクには!黄金航路用の写真を撮る使命が!

細い支流には出ました。

 

支流には、漁師さん用の船着き場がありました。

 

水に浮いてる鳥がデカい

あんなのに船を取り囲まれたら威圧感すごいと思うんですが、漁師さんは動じません。

どれくらいデカいかと言うと、この写真で言うと左の鳥が日本で言うダイサギくらいの大きさ。右がデカい鳥。

サギと違って体格が良いので、余計デカく見えます。

全然川に出られないんですが、黄金航路用の写真は最悪さっきの漁師さんの船着き場の写真で良いや・・・と思い中心部に引き返し。

川沿いにある鉄道駅らしき場所に来たんですけど、やはり建物が大きくて川は見えません

 

さきほどと違う道を歩いていると、何やら巨大な建物を建設中でした。

 

新しい市場の建物!

そうかぁ、新しい市場が出来るのか。今の古い町並みも良いけど、新しい市場もセンスのある外観で良いですね。

町の治安は問題無さそうに見えるんですが、広場に行くと武装した警察があちこちに立っているし、警察の監視車両も停まっていました。

どう見てもベースが高所作業車なのがちょっとウケる。

メキシコでは路上の靴磨き屋の設備が大掛かりです。

屋根まで付いてる。靴磨きって少ない道具で始められるのが魅力の仕事だと思うんですけど、メキシコの靴磨き業は初期費用がかかりそうです。

ここから宿まで遠いので、疲れないうちに引き上げます。

 

あ、そう言えばあの橋、昨日バスがあの橋を通ってタンピコに入って来たんですけど、川が見えたしそこそこ眺めが良かったんだよなぁ。徒歩で渡れたりしないかな。

 

歩道あった!狭いけど!

 

ようやく念願の川が見えてきました。

 

あの柱がいっぱい建ってるかたまりは何だろう。

 

下は資材置き場?

 

橋は遠くで見るより大きくて、歩いても歩いても全然進みません。疲れて来たのでここで引き返し。

港は見れなかったけど、港があるはずの川は見れたから満足

またひたすら歩いて宿に戻りました。

けっこういっぱい歩いた。全然測ってないけど、15kmは歩いたと思います。

特に何もしてないけど、実はこういう町歩きが一番好きです。もし自分が不老不死でお金が無限にあったら、あちこちの小さい町をこうやって歩き回る旅行がしたいです。それだと3年どころか30年かかっても世界一周できそうにないですが。

 

明日はいったんメキシコシティに戻ります。今度はメキシコシティは一泊だけで移動します。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

コメント