【ギリシャ】サントリーニ島のイアを観光!青と白ばっかり(2019年7月7日~8日)

やーさす!

今回はギリシャのサントリーニ島のイオに行って来ました!

 



まず7月7日は何もしませんでした。普通に外出するつもりだったんですけど・・・。

腹が減って朝起きたら8時で、とりあえず朝食。レストランで朝食をとるとあり得なく高いので、アテネで買って来たシリアルと、宿で買ったチョコレートミルク

と言っても、このチョコレートミルクが2.5ユーロ(≒305円)もするのでお得感が皆無です。

そもそも「リゾート地で朝飯に苦労するだろうからシリアル買って行こう、牛乳と冷蔵庫ならあるだろうし」と思ってアテネでシリアルを買ったはずなんですが、客が使える冷蔵庫が宿に無かった事と、最寄りの商店の乳製品コーナーが汚かった事が誤算でした。ギリシャに裏切られた気分です。

食後は外出の準備・・・をしようと思いましたが、なんだか頭が重くてだるい

ちょっと休憩してから・・・とベッドで横になってしばしスマホを触っていると、普通にそのまま寝てしまいました

その後は2時間ごとに起きて「あーxx時か・・・」といちいち時計を見つつも、起き上がれずにまたスマホを少し触っている内に寝ると言うループを繰り返し、まともに起き上がれたのは15時半でした。

昨日宿に着いたのとあんまり変わらん時間になってもうた・・・。まぁ、この宿の宿泊客は、1日中プールで遊んだりプールサイドで寝たりして過ごすのが圧倒的多数なので、周りもみんな似たような感じではありますが。

 

どうも宿のレストランの方が、外のレストランに行くよりも安く上がりそうだったので、宿で食事。本日の料理「チキンパスタ」。7.5ユーロ(≒914円)

作り置きのパスタをレンチンし、粉チーズとドライパセリをかけたもの。

初めて見る形状のパスタです。米より二回り大きくて、両端がとがった細長い形状をしています。味は可もなく不可も無く。自分で作ったみたいな料理。

 

なぜか異様にお手頃価格だったアップルパイ。1ユーロ(≒122円)。

リンゴが・・・まるで切り干し大根。どうやって作ったらこうなるのか気になる。リンゴ以外はまずくはない。

 

と言う事で、今日は宿の敷地から一歩も出ずに終了

 

 

7月8日は朝7時に起床。朝食は昨日と同じくシリアル。

よく見たら昨日のより安いアイスコーヒー(バニラ)なる物があったので、今日はこっちを買いました。1.5ユーロ(≒183円)。

シリアルにかける飲み物として毎日2.5ユーロのチョコミルクを買うのも癪なので、最悪1ユーロのコーラをかけようかとまで思っていたので、安くて無難な飲み物が見つかってよかったです

 

さて、今日は体調バッチリ。元気に動けます。まずは港から到着した時に利用したのと同じバスターミナルへ。

 

このバスターミナル(フィラ)と北部の町イアを結ぶバスの時刻表はこちら。

イアはサントリーニの定番なので便数も多いですね。

ちなみにこちらが、フィラから港への時刻表。

どうやら港へのバスは毎日時間が変わるらしい。手書きで毎日書くのかコレ。

 

イア行きのチケットは1.8ユーロ(≒219円)。

 

フィラからイアへは地図で見ると10kmくらいなんですが、バスはぐるっと回り込むようなルートを通ったので、45分くらいかかりました。イアのバスターミナルに到着。

 

なんかもう、バスターミナルからの道が既に青と白です。

 

少し歩くとすぐに、ザ・サントリーニって感じの風景が目の前に広がります。

ちょっと青さがいまいちですね。今日霧っぽいんですよ。バスに乗ってる間何回かホワイトアウトしましたし。

とりあえず大きな道をてくてくと歩きます。

昔やってたフラッシュゲームで、こんな景色の島に住むゲームがあったんですが・・・名前が思い出せない。

個人が作ったゲームとしてはかなり凝ったゲームで、島に住んで職を探して働いたり(皿洗いとか清掃とかリアルな仕事)、稼いだお金で家を借りたり(安い家だと薄暗くて狭い)、島の住人と仲良くなったり(あんまり使えないチャット機能付き)、そんな感じのゲームで割と好きでした。あれはサントリーニがモデルだったのかな。

どうも結婚写真を撮りに来る人が多いようで、若いカップル+カメラマンのグループがあちこちにいます。

 

真っ白な背景に黒猫は、ちょっとカメラに酷です。

 

あんな感じの青い丸屋根の教会が、サントリーニらしい景色。

 

なんか上れるようになってる・・・。十字架の清掃用とかかな。

 

普通に写真を撮り歩いているように見えるかもしれませんが、雲の流れが速いので、しょっちゅう雲に囲まれます

雲に囲まれるたびに座って1回休み。全然進みません。来る日間違えたかな

大きな船が。クルーズツアーでもあるんですかね。

 

謎のカギマーク。

これゲームだったら絶対何か仕掛けがあるポイントや!

イアの町は、どっちを見ても白と青なので、コメントに困ります。

もしかして、単に写真映えするスポットってブログに向いてないんじゃ・・・?

特にボクはクサい文章が苦手なので、ただ綺麗なスポットはなおさら書きづらいです。小さい頃に愛読していた魔法陣グ○グルの影響が強すぎて、クサい文章を書こうとすると脳内ギッ○ルが怒るんです。

 

ここは城跡らしい。今はただの展望台。

 

ドローン禁止らしい。

 

何もかも白か青に塗られているので、たまにこうやって何も塗られてない物があると、むしろ目立ちます。

 

町が驚きの白さ過ぎて、今日みたいな薄曇りの日でも目がチカチカします。快晴の日なんかは目に悪そうです。

 

下に降りて行く階段を見つけたので、とりあえず下って行きます。

地面に落ちている茶色い物は全部ロバの糞です。

この階段&坂道、けっこう急こう配なので、うっかりサンダルで降りてしまった観光客が、ずるずる滑って脱げそうになるサンダルで上り続けるか、ロバの糞の中を裸足で歩くかと言う二択を迫られるようです。果敢にも裸足で上って来る人と何人かすれ違いました。

こっちにもボート乗り場があるんですね。この階段はボート乗り場に降りる道だったみたいです。

 

こいつらが道中に糞をまき散らしてていたロバさん。

言うてもロバに罪は無いんですけどね。観光客相手に商売しているロバ使いがちゃんと掃除しろ。

イアの町を下から見上げるのも良いんじゃない?と思って降りてきたのですが、実際降りてみたら、赤っぽい岩山に阻まれて何も見えませんでした(´・ω・`)

 

まぁそれにしても暑い。暑いと言うか不快

天気予報を信じるなら、サントリーニの最高気温は連日29℃程度らしいのですが、体感では、40℃超えていたアテネよりも暑いです。たぶん湿度が高い

さっきのロバ糞の階段を上って来たら、シャツが肩から腰までびっしょりになりました。アテネだといくら暑くても、シャツは常にサラッとドライだったんですよね。サントリーニはさすが島ってところでしょうか。

 

昼12時過ぎ、そろそろ飲み水が尽きるし、イアのレストランは目が飛び出るほど高いので、フィラに戻る事にしました。

帰りのバスからの景色。

サントリーニ島は、西側が切り立った崖になっていて、東側はゆるっとした斜面になっています。小さい島なのに東西で全然景色が違います。

フィラに戻って、景色が良いようなそうでもないようなレストランに入りました。

観光客が多いエリアからちょっと離れているせいか、ほとんど客がいません。そのせいか値段が他のレストランより若干安めです。

ポリティキ(Politiki)4.5ユーロ(≒548円)。

ポリティキ(Politiki)

キャベツ、赤ピーマン、ニンジンを酢とオリーブオイルで〆たみたいなサラダ。全然知らずに頼んだけど、いっぱい汗をかいた後にぴったりのサラダ。

メインはムサカ(Musaka)9.5ユーロ(≒1,158円)。

ムサカ(Musaka)

なんか暑苦しい容器で来てしまいました。でも、「こんなに不人気のレストランだったらレンチンのムサカが出て来るんじゃ・・・?」なんて心配していたので、ちゃんと丁寧なムサカが出て来て安心しました。

上部はホワイトソースを固めたみたいなプルプルした物、一番下は薄切りジャガイモ、その間にナスとひき肉。

このムサカうまい!今まで食べたムサカで一番うまいです。まぁ値段も一番張ってますけど。上部のプルプルした部分が濃いので、食べ応えバッチリです。暑い時期のナスもうれしい。

会計を頼んだら、デザートが出て来ました。

ギリシャでは会計を頼んだら〆の1品が出て来るのが普通なんだろか?

ひんやりもちもちしていて、米粉スイーツみたいな食感。味はほんのり柑橘系。シナモンもきいています。夏らしいデザートで大満足です。このレストランすごく良いじゃないか!

 

そう言えば左腕の虫刺されは、普通の虫刺されくらいの大きさまで縮みました。赤味は中途半端に引いてまだら模様になっていますが、明日あたりには目立たなくなるでしょう。痒みも我慢できるくらい。ちゃんと治りそうで良かったです

 

明日は日中は引き続きサントリーニ観光して、夜に夜行フェリーでロードス島に移動します。選択肢が無かったので夜3時発と言う悪夢のフェリー再びです。すごく嫌です。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ