【アルバニア】アルバニアのブローラ到着からのジロカストラに移動(2019年6月8日)

ミラディタ!(アルバニア語のこんにちは)

今回は大移動後編!フェリーでアルバニアのブローラ到着からの、ジロカストラに移動しました!

 

今回はシチリア島からアルバニアへの大移動後編。前回ブリンディシからのフェリーに乗って、今回はアルバニア到着とジロカストラへの移動です





6時前に起きると・・・首が痛い・・・。ていうかクーラーがガンガンに効いていて寒くて頭痛い。その辺に寝転がってる乗客が多いのに何考えてんだ。

寒くて中で座ってられなかったので外へ。ちょうど日が出て来たところでした。

 

甲板はあっと言う間に全部まわれるくらいの狭さ。

この旅行で乗った長距離フェリーの中で一番小さいんじゃないかな。よくこんな船で渡るわ。瀬戸内海じゃないんだぞ

海が荒れてたらけっこう悲惨だったと思いますが、幸い海は穏やかで、「よく出来たCGみたいだなー」と思いながら海面を眺めてました。

 

朝もやの中にブローラの街が見えてきました。

 

港の直前でなぜか高速艇が近づいて来て、フェリーに横付けして1人飛び乗って来るのが見えました。何の仕事の人だろう。

 

7時ちょうどくらいに下船。

そういや、昨夜何時に出港したか知りませんが、少なくとも定刻の23時30分より遅れていたはずなのに、なぜか到着は定刻通りです。どこでワープしたんや。

これが乗ってたフェリー。小さい。

 

アルバニア入国のイミグレーションは特に何もありませんでしたが、何故かボクのパスポートにあるアフリカの国名を順に読み上げられました

係官「はいパスポート」

ぼく「え?スタンプおしてないよ?スタンプは?」

係官「スタンプ無いよ!データ入力だけ」

ぼく「ナ、ナンダッテー!?

イミグレが無いEU圏はともかく、それ以外でスタンプが無い国は初めてです。スタンプの「ガシャコン」って音が無かったので全然締まりませんが、52カ国目アルバニア入国!\\\└(‘ω’)┘////

フェリー降りた所から港を出た所まで、物乞いの子供が5,6人いました。貧富の差が激しい国なんでしょうか。

 

めっちゃ新しい街並み。

正直、古い町は見飽きた感があったので、こういう街の方が新鮮味あります。

オート・ジャパン。日本車専門の輸入代理店とかでしょうか。

でもよく見るとヒュンダイが混ざっています。惜しい。ジープが入ってるのは謎。

さて、ここから100kmほど南東のジロカストラへは、おそらく乗り合いバスで移動する事になるので、とりあえず乗り合いバス乗り場の方角へ歩いてきましたが、まだ銀行も両替所も見つけていないので現金がありません

とりあえず道の向こうに乗り合いバス乗り場を見つつ、いったんスルー。


 

商店横などにATMがありますが、手数料がかかるタイプばかりです。しかも700レク(≒704円)とか。

そうそう、アルバニアの通貨レクは、2019年6月時点で1レク=1.0062円。つまり日本円とほぼ同じ。今まで旅行した50カ国以上の国の中で最も日本円に近い通貨で、妙に親近感が湧きます。

お、この大通りには銀行ありそうですよ。

 

このFIBANKのATMが手数料無しでした。

 

20,000レク(≒20,125円)を手に入れた!

20,000レク

 

まだ7時台なのに、大きなスーパーはどこでも開いてるようでした。助かる。

 

朝食に牛乳と豆菓子を購入。

牛乳と思ったら飲むヨーグルト・・・でもなくてヨーグルトにしちゃ酸味が無いけど牛乳にしちゃ粘度が高い・・・みたいな変な飲み物でした。砂糖とかは入ってない。

 

現金が手に入ったので先程の乗り合いバス乗り場に戻ると、ボクが行きたいジロカストラ行きのバスは無く、どうやら「7時発と13時発の定期便」だけがあるようでした。今の時刻は8時30分。

銀行探しで疲れたので、とりあえずカフェでエスプレッソ。50レク(≒50円)。

エスプレッソ

や、やっすぅ・・・!イタリアは安い店でもせいぜい0.8ユーロ(≒98円)くらいだったので、ほぼ半額です。

 

アルバニアはSIMカード買うつもり無かったんですが、13時まであまりにもヒマだったので、つい買ってしまいました。SIM本体500レク+30日2GBプラン1,200レク=1,700レク(≒1,711円)

ヒマつぶしに買うには高かった・・・。SIM本体が500レクもするのが誤算でした。

SIMカード入れ替えてのんびりするため、また違うカフェでエスプレッソ。また50レク(≒50円)。

周りでもエスプレッソ飲んでる人が多いあたり、コーヒー文化は完全にイタリア。陸路だとアルバニアとイタリアはけっこう離れてるから、なんだか不思議です。ただ、イタリアと違ってカウンターで立ち飲みする人はいなくて、みんなゆったりと席に座っています。そうそうカフェはゆったり座るもんですよ。イタリアのカフェはせわしなくて好きじゃなかったんです。

 

ひたすらずるずると時間を潰して、12時20分くらいに先程の乗り合いバス乗り場に戻ると、ジロカストラ行きのミニバスがありました。

乗り合いバスには女の子が1人だけ。ブローラの大学に通っていて、テストが終わったからちょっと実家に帰る所らしい。しきりに「英語が苦手」と言っていたんですが、英語は勉強し始めて3年らしい。と言う事は、アルバニアでは英語は大学か高校からしか習わないって事か。普通に話してましたけども。

 

13時までにパラパラと人が集まって、乗車率は4割くらいで出発。日に2便しか無いのに、それでも席が埋まらないとは。

 

15時過ぎくらいにジロカストラに到着。

料金は600レク(≒604円)でした。ブローラから乗ってボクの5分前に降りた人も同額だったのでぼったくられてはない・・・って、こう言う乗り合いバスに乗った時、他の乗客が払った金額を目で追って確認して、自分と比較するのは、なんかもうクセですね。ちょっと悲しい。

ジロカストラは山に囲まれた町。また今までのヨーロッパでは見なかったタイプの景色です。

 

そして15時半、宿に到着!

ここは普通の民家の2階、3階部分が宿泊スペースになっている宿。

なぜか階段上にクリスマスツリー

アルバニアは国民の7~8割が無宗教だそうなんですけど、やっぱりクリスマスは祝うんですかね。それともこの宿のオーナーがたまたま残りの2~3割に該当するんでしょうか。

1泊8ユーロ(≒981円)で個室。個室!!!なんかもう安息の地に辿り着いた感がすごい。

 

シャワーを浴びてそのまま寝たかったけど、腹も減ってるので近くのスーパーで野菜とか卵とか買って来て自炊。

今日はイタリアで購入したインスタントのシーフードリゾット。

 

野菜や卵と一緒にグツグツするとこうなります。見た目は悪い。

あー生き返る。でも気温が高いのにリゾットはちょっとミスった。暑い

44時間の大移動が終わったのを祝ってアイス。

あー生き返る(2回目)。

 

さて、明日からは休養に入ります。出来るだけ非生産的な生活を送ります。宿はとりあえず8泊一気に払いました。1日くらいはジロカストラ観光するかも。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ