【イタリア・バチカン】バチカン市国2大スポットを観光!(2019年4月26日)

ぼんじょるのー!

今回はバチカン観光!バチカン美術館とサンピエトロ大聖堂を観光しました!

 

バチカンとは

「世界一小さい国は?バチカン市国!」小学生でも知ってるバチカン市国(Stato della Citta del Vaticano)はローマの中にある国で、通称バチカンと呼ばれています。バチカンの面積は約0.44平方キロメートルで、これは東京ディズニーランドよりも小さくらいです。

統治しているのはローマ教皇で、いわばカトリック教会の総本山。またバチカンは国全体が世界遺産に登録されており、ローマを訪れる観光客が必ず行くと言って良いほど人気の観光スポットにもなっています。

今回はそんなバチカンの中でも一番メジャーな、バチカン美術館サンピエトロ大聖堂へ行って来ました。




今日は金に物を言わせてネットでファストパスを購入しておきました。スキップチケットとかプライオリティチケットとか呼び方はいろいろありますが、要するに行列をすっ飛ばして優先的に入れるチケットの事です。

当然、普通に入るより値段は張るし、入場時間も指定されていて若干面倒ですが、行列嫌いで何も見れないよりは良いと思い、2日前に購入しておきました。フィレンツェみたいに「何しに来てんや」ってなるのはごめんです

朝は宿の下のバーで買ったサンドイッチ。4.5ユーロ(≒561円)。

トマトとレタスとハムとモツァレラチーーーーズ٩( ‘ω’ )و

うまいんだけどちょい高かったな・・・。

 

今日は9時15分からバチカン美術館なので、ちゃんと時間通りに着くようにメトロに乗って向かいます。

 

朝8時台のホームはすごい混雑

普通の通勤の人と観光客。ローマってイタリアの首都だけど、こんなに観光客が多かったら首都として機能しないんじゃないだろうか・・・。観光業に関係無い人にとって住みにくい事この上なさそう。

ちなみに次来た便は満員過ぎたので、ボクは見送ってその次のやつに乗りました。ドアに挟まれながら強引に乗ってる人もいましたが。

 

チケット予約は公式サイトではなく、どこぞの代理店でやりました(その方が安かった)。なので、直接バチカン美術館には向かわず、案内メールに記載されていた代理店の事務所に向かいます。

看板も何もありませんが、住所的にあの扉が開いてる所です。

 

中は受付と待合椅子が少し置いてあるだけの、簡素な部屋。

受付の人にスマホで案内メールを見せると、胸に貼る「SKIP」と書かれたシールを渡され、少し待ってるように言われました。

待合室内にはコーヒーの自販機がありました。

値段を見ると0.6ユーロ(≒75円)と、イギリスと比べると驚きの安さだったので、つい買ってみましたが、カップがめちゃくちゃ小さかったです。

カフェラテとかそんな感じのだったはずですが、エスプレッソみたいな量しか出て来ませんでした。

そう言えば、イギリスのコーヒーはどこで飲んでも量がやたら多かった気がします。イタリアは、通りすがりに立ち飲みで少量のエスプレッソをくいっと飲む文化だから、コーヒーに対する考え方が違うのかもしれません。

 

9時15分になるとスタッフのおねーさんが「9時15分からのバチカン美術館の人~」みたいな感じで呼んでたので、付いて行きました。

ちなみに何故かイタリア語でしか呼ばれず、付いて来ていない人が何人かいて、後から捜索されていました。イタリア語・フランス語・スペイン語は似た単語が多いので、どれか1つでもかじっていると、こういう時も2割くらい分かるので便利です。

あの高い壁がバチカンの敷地内です。

 

そしてあの行列がバチカン美術館への行列です(;^ω^)

角を曲がって、左に向かってまだ続いています。

実はGoogleマップで、「バチカン美術館入場待ち列」と言う名前のスポットがあります。

おそらくですが、最後尾がここまで来る場合があるんではないかなと。

そう言うボクはファストパスなので、代理店のスタッフについて行って並ばずに入り、チケットを渡されました。

チケットに記載されている本来の入場料は17ユーロ(≒2,118円)

ボクはBooking.com経由で割り引かれたファストパスを29ユーロ(≒3,612円)で買いました。差額12ユーロ(≒1,495円)はけっこうな値段ですけど、あの行列を見た後だと「あー良かった」と素直に思えました。

ちなみに公式サイトのファストパスは35ユーロ(≒4,360円)でした。

 

チケットをもらったらあとはフリーです。エスカレーターか螺旋の通路で上ります。ボクはもちろん徒歩で螺旋通路

 

螺旋通路の方は、昔の世界各地の船の模型が展示されているので、歩いて上る方がおススメ。

 

なぜかアフリカ(ニジェール)の船だけ人が満載。

 

さてここからバチカン美術館です。と言う事は、49カ国目バチカン市国到着\\\└(‘ω’)┘////

「バチカン美術館」と言うのは、実は1つの美術館ではなく、30近くからなる美術館、ギャラリー、礼拝堂、博物館の総称です。

正直ボクはなんて名前の美術館をどうやって回ったかほとんど把握していないので、目に付いたやつだけポンポン貼って行きます。

エジプトっぽい感じの像。

立体になるとちょっとキモイ。古代エジプトは平面な壁画でちょうど良いですね。

確かミケランジェロ作の像。

 

建物が「バチカン宮殿」なので、天井や床も展示品みたいなもんです。

 

一番インパクトあったのがこの通路。

 

上を見上げると天井画がみっちり。

 

そして通路の両脇にはイタリア各地の古い地図

 

窓や扉の周りは装飾こってり。

濃過ぎてどこを見たら良いのかわからん!Σ(‘∀’)

目が回りそうな部屋でした。ここが一番すごかった気がする。後で土産物屋で見た、バチカン美術館の本の表紙にもなっていたので、多分有名な部屋です。

 

あと一番の目玉は「システィーナ礼拝堂」みたいなんですけど、ここは完全に撮影禁止だったので写真はありません。土産物屋にシスティーナ礼拝堂写真集があったので、表紙だけでもどうぞ。

システィーナ礼拝堂はもう壁も天井も絵画だらけで、首が痛くなりそうでした。

システィーナ礼拝堂まではめちゃめちゃ人が多くて歩けないくらいだったのに、そこを通り過ぎたら一気に人が減りました

客の大半が団体ツアーだったので、見どころだけ見たら出て行っちゃうんでしょうね。ほんと団体ツアー客ジャマよな。彼らのうち何割が、自分の地元の美術館に行くほど美術に興味があるんだろう。

これはどう見てもダリ。

ダリはボクの中で好きな画家十指に入ります。残念ながらこの1枚だけでしたけど。

あとは細かい展示をゆっくり見ました。

 

中庭みたいな場所に出てしまった。昼時なのであちこちで飯を食べています。

 

中庭から地下の展示室に降りる階段がありました。

 

地下は馬車ミュージアムでした。

リスボンかどこかでもあったなこういうミュージアム。

この馬車ミュージアムは、ローマ教皇が乗った歴代の馬車を展示しているようでした。なのでどれも豪華絢爛

 

豪華絢爛過ぎて御者台がどこにあるかわからん

 

近世になるといきなり馬車から車に変わります。

一番最近の展示(車)はなぜか調整中でパーテーションに覆われて見れなかった・・・。

 

昼も過ぎたし出ようかな、と美術館出口に向かい始めましたが、出口までにまだ2つほど美術館がありました

 

なんで頭はバッチリ固めてるのに下すっぽんぽんなんや。

素っ裸の上にコートを着てる露出狂みたいやな。

これは何だったかな、どこかの宮殿のダイニングの床タイルと書いてあったんですが、

 

柄が怖い

なんで生首やねん。

生首以外の所は、小学生男子のポケットに入ってそうな物が描かれています。

こんなダイニングの床は嫌だなぁ・・・。どんな趣味してるんだ。

最後の最後、出口付近にはバチカン市国の郵便局があります。

ここから絵葉書とか出すのが人気らしい。

出る時も螺旋通路。ぐーるぐる。

 

出て来た場所は、最初に入った入口のすぐ近くでした。左側の一般入場口は相変わらずの行列だし、右側のファストパス用の入口にも列が出来ています。

 

いったんバチカンの外に出て、城壁に沿ってサンピエトロ大聖堂の方角に向かって歩きます。

 

途中で昼飯。サンドイッチ。4.5ユーロ(≒561円)。

パンの表面に雑穀的ないろいろがくっついていて身体に良さそう(適当)。

と、マフィン。2.5ユーロ(≒311円)。

あまりこてこてしていなくて、中にチョコクリームがとろっと入ったおいしいマフィンでした。

 

サンピエトロ大聖堂に到着。雨が降り出しました。

 

サンピエトロ大聖堂

サンピエトロ大聖堂(Basilica di San Pietro in Vaticano)は、高さ120メートル、幅156メートル、奥行211メートルと、キリスト教の教会としては世界最大の教会です。(※面積の計算の仕方によって2番目の事もある)

名前の通り聖ペトロを祀っている教会。真偽の程は定かでは無いですが、ここに聖ペトロの墓所があったとも言われています。バチカン市国の敷地内にあり、もちろん世界遺産の一部です。創建は4世紀ですが、現在の建物は17世紀に造られたものだそうです。

 

しかしまぁ、大聖堂そのものの大きさよりもこの行列の方がすごい

円形の広場の、円周に沿って並んでいるのですが、行列が広場を3/4周くらいしてしまっています

ボクは15時からのファストチケットを買っているので、15時からなら並ぶ事無く入れます。

 

でも結局、クーポラに登るところで並びました

クーポラと言うのは、大聖堂てっぺんの丸屋根の部分です。

エレベーターもありますが、もちろん階段で上ります

普通に歩いて上っていたら、途中で後ろから小学生が駆け上がって来る声が聞こえたので、姿が見える前に駆け上りました。最後まで追い抜かれませんでしたが、予定外の汗をかきました

屋上のような場所に出ましたが、まだてっぺんではありません。

 

クーポラが目の前に。

 

中に入ると、大聖堂の内部を見下ろせました。

金網がジャマ過ぎる(;∀;)

それよりも、背後のモザイク画がすごかったです。

これはすごい!色の濃淡が見事です。

更に狭い階段を登って行きます。

 

これはカメラが斜めなんじゃなくて、通路が斜めなんです。

ドーム屋根なので、上に登るほど曲面になるのです。蒸し暑いけど楽しい。

ここが最上階。

 

上を見上げると、もうほとんど何もありません。

 

サンピエトロ大聖堂の円形広場が遠くに見えます。

 

ローマの街。

高い所から見ると色の統一感があって綺麗です。下から見てると全然そんな感じはしないのに。

すぐ下に見えているのが、さっきまでいたバチカン美術館です。

 

昨日行った、サンタンジェロ城も見えます。

昨日ボクがサンピエトロ大聖堂を眺めていた時も、逆にサンピエトロ大聖堂からサンタンジェロ城を眺めてる人がいたんだろうな。

ここまで登れて満足はしましたが、やっぱり人と押し合いへし合いだったのでめちゃ疲れました

また狭い階段を下りて行きます。

 

下りきると、大聖堂内部に出ました。

 

なんかもう人混みに疲れて早く帰りたいモードになっていたので、大聖堂内はさらっと流してしまいました。

 

外に出ると本降りの雨。駅まで1kmくらい歩かないといけないのにメンドクサイ・・・。

 

けっこうがっつりびしょ濡れでメトロに乗り、宿近くの駅で降りたら、ちょっと晴れていました。

帰るタイミングが悪かった・・・(ヽ´ω`)

 

と言う事で、今日はバチカンの2大スポットは抑える事ができました。ファストパス使っても、朝から夕方までかけて2カ所しかまわれないくらいのボリュームでした。フィレンツェの時と違って満足はしましたが、それよりも人酔いして疲れました。4月末のイタリアは二度と来るもんか・・・

さて、明日はナポリに移動します。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

コメント