【イギリス】ロンドンからオックスフォードに移動!個室が超嬉しい(2019年4月6日)

はろー!

今回はイギリスのロンドンからオックスフォードに移動しました!

 

今回の移動。

これから2週間かけて、ロンドンからエディンバラまで行きます。

エディンバラ遠いな!と、ふとエジプトのカイロ空港にいた広島のおばちゃんらの会話を思い出したので、イギリスをエジプトに重ねてみました

利用サイト:The True Size(https://thetruesize.com/)

アスワンとロンドンを合わせました。ロンドン―エディンバラはアスワン―カイロより近いですね。と言う事は、東京―広島より近いと言う事です。東京―岡山くらいでしょうか。2週間で東京⇒岡山なら自転車でも全然行けますね。なんだか一気に余裕な気がしてきました。



昨夜はまた23時から階下のバーで生演奏がありました。その前の夜と違うバンドなのか、演奏の音量はやや控えめでしたが、うるさい事に変わりはありません。Booking.comのレビューで最低評価を付けようと思います。

 

9時45分に宿を出て、ビクトリアのバスステーションへ向かいます。

 

前回プリマスに行った時ぶりのVictoria Coach Stationに到着。

Victoria Coach Station

 

建物の中に入ると、正面に案内ディスプレイがずらっと並んでいます。

ただ、案内ディスプレイの並びが意味不明&ひっきりなしに表示が変わるので、どこを見れば良いのかさっぱり分かりません。まぁ前回もそうでしたが。

困惑しているのはボクだけではなく、他の人も8割方が受付の人にスマホを見せて「このバスどこ?」って尋ねているので、誰が見ても初見じゃわからない案内なんだと思います。誰が作ったんだこの案内。

受付の人(前回のプリマスもこの人に聞いた気がする)に尋ねると、オックスフォード行きは建物の外だと教えてもらいました。訊かないと絶対わからんわ

 

建物を出て交差点の対角、あの並びがオックスフォード行きらしい。

 

ボクの買ったチケットは11時発だったのですが、出発間際だった10時半発の便に何故か乗せてもらえました。オックスフォード行きはめちゃくちゃ頻発しているから、なんかもうどうでも良いみたいです。

昨日大量のフィッシュアンドチップスを食べた反動か、朝からどうしても生野菜が食べたくなったので、サラダを買って来ました。3.99ポンド(≒581円)

うーん、生野菜がうまい。

 

バスの乗車率は常に50%以下と言う感じ。ボクの感覚がいまだにちょっとアフリカなので、乗車率が低いと不安を覚えます

1時間40分ほどで、オックスフォードに到着しました。

!?バスを降りた瞬間良い匂いが・・・。

バスステーションから出た所の広場に、食べ物屋台がいっぱい出ていました

さっきサラダ食ったばっかりですが、もう12時過ぎてるしここで昼飯にします!(*´Д`)

屋台はインド、ネパール、エチオピア、イタリア、中東、中華、日本、タイ・・・と、狭い所にいろんな店が並んでいて、とても賑わっています。イギリス、こういう多国籍の屋台村みたいなのが流行りなんでしょうか。

 

場内を2周くらいして悩んだ末、南インドっぽい屋台チキンカレーを買いました。6ポンド(≒874円)。

おぉー、本格的だ。豆のカレーが地味にうれしい。いただきまーす。

うまーい(*´ω`)

久しぶりのインド料理はなかなか良いですね。野菜、豆、チキン、ジャガイモ、コメといろいろ入っているのも嬉しい。

ただ、食べ始めは美味しかったのですが、半分を過ぎたあたりでちょっと単調な気がしてきました。よく考えたら、南インド料理ってもっとこう不思議な酸味や苦味、清涼感があって、いろんな角度からパンチが効いていた気がします。

確かにこれはインド料理なんですけど、“インド人がちょっと肩の力を抜いて作ったインド料理”って感じがします。“日本人が濃縮ダシだけで作った煮物”みたいな。おいしいから良いんですけどね。一般受けするように作った、イギリス人向けのインド料理なのかもしれません。

 

オックスフォードの中心部をてくてく。週末だからか人がめちゃくちゃ多いです。

 

よく考えたら、宿はチェックインが14時からなので、まだちょっと早過ぎます(現在12時45分)。スタバでおやつ食べて時間つぶし。カフェラテとチョコマフィンで5.14ポンド(≒749円)。

マフィンは意外とあっさりしていて柔らかくてうまし。治験で食べまくった、舌がキュンとするやつとは違います。

 

今日の宿まで3kmほど。バスも見つけましたが、時間はあるので歩いて向かいます。

 

今日の宿はAirbnbで予約した民泊。こんな感じの住宅地の一室です。

 

「キーボックスの番号はxxxxだよ!勝手にキーを取って入ってね」と言うメールを事前にもらっているので、玄関先に出ているキーボックスを勝手に開けます。

こういうチェックイン、人と話さなくて良いので気楽ではあるんですけど、ビビりなのでけっこうドキドキします

番号を合わせると、中からカギがじゃらっといっぱい出て来ました。指定された番号のカギを取って無事チェックイン。

あ、部屋の写真撮るの忘れた。小さいですがベッドと机と暖房とタンスがある、良い感じの個室です。個室なんてフランスぶりじゃないでしょうか。1泊5千円くらいしましたが、超嬉しいです。ただし暖房が効きすぎて室温が30℃を超えていました。いったいどうしたんでしょうか。

ふと部屋の鏡を見ると、目の下にぶつけたみたいに巨大な隈が出来ていたので、今日は!個室で!熟睡しようと!思います!!!\\\└(‘ω’)┘////

明日はオックスフォード市街地を観光予定。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. ログボ より:

    >“インド人がちょっと肩の力を抜いて作ったインド料理”~イギリス人向けのインド料理なのかもしれません。
    (`・ω・´)そういう食レポを待ってたんだよ。wolt君。

  2. wolt より:

    >>ログボさん
    それ単にインド料理が好きなだけじゃないですかw

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ