【ロンドン治験】6日目!最凶最悪のヤツが現れた(2019年3月5日)

はろー!

今回はロンドン治験日記6日目です!

 



一応毎晩、ボクら治験者を見る夜勤当番のスタッフが、毎日1~2人います。昨夜は、事前検診の時にボクの採血をミスって「あいむそーりーあいむそーりー!w」って言った、アフリカンヘアーの若いお兄さんでした。

ただ、このお兄さん採血がまだ上手じゃないだけで非常に律義。自分で落としたゴミはちゃんと拾うし、昨夜は「明日の起床時間は6時だよ!」と治験者1人1人に伝えて回っていました

どっちも当たり前の事と言えばそうなんですが、ここのスタッフそれすらやらないですから。ゴミもろくに拾わないし、起床時間を伝えすらしない。

 

それはさておき、今朝はアフリカンヘアーの連絡通り、朝は6時に起こされました。

起きたらすぐに採尿。採尿がある日は6時起床って決まってるんですかね。

その後はやっぱり1時間くらいあいて、7時からいつも通り採血。アフリカンヘアーがそのまま採血に来ました。そしてやっぱりちゃんと採血できませんでしたが、ここはもう暖かい目で見守るしかありません。

すると、今度は髪を赤く染めた日本人女性スタッフがやって来ました。彼女の腕は・・・ぼちぼち良い方って感じ。この人は、愛想の良い時と悪い時で、声と表情が別人みたいに変わるのでボクは苦手です。愛想悪い時は眼鏡の方が本体なんじゃないかなってくらい目が死んでます。

とりあえず採血は普通に終わりましたw

 

朝食は8時半。

  • 大麦のシリアル
  • スイカ
  • ミルク
  • ピーチジュース

朝食後はいつも通りパソコン作業をしていると、11時半からなぜかベッド移動する事になりました。12人みんなで、同じ部屋のパーテーションの向こう側に移動するようです。

「新しい治験グループが入って来るから」と説明されましたが、なら新しいグループはその空いてる方に入れば良いんじゃない・・・?と思いましたが、まぁ移動するってんなら仕方ないです。

と言う事で、あっちのベッド12台とこっちのベッド12台を入れ替え。ベッドはキャスターが付いているので簡単に動くのですが、部屋が狭いのでちょっと厄介。まぁほとんどスタッフがやるのを眺めてただけですけど。

ボクはこの位置に移動しました。

移動は面倒でしたが、あのうるさいプリンタから離れられて良かったです。割と毎晩起こされてましたから。

 

そして13時の昼食・・・最凶最悪のヤツが現れました・・・。

  • ラザニア
  • ヤングコーンとインゲンとニンジン
  • いちご←!!!!!!

ボクの一番嫌いなベリー系の頂点に君臨するヤツきたぁぁぁぁ(;゙゚’ω゚’):ヒィィィ

しかもこれ、めっちゃ量が多いんですよ。半分にカットされていますが、大粒なの8粒分くらいあるんじゃないでしょうか。こんな巨大なの、息止めて飲み込む作戦もできません。

とりあえずいちご以外の食事をおいしく頂いて、食事を持ってきたスタッフ(あんまり見ない若いイギリス人ぽい人)に「ちょっとこれ食えないんだけど」と言ってみました。

すると、今朝の採血に来た赤髪が呼ばれて来ました。あー、よりによって日本人スタッフで一番苦手な人呼んで来なくても・・・。。

赤髪はMAX不愛想な顔で「全部食べないと報酬金を減額する可能性がぁ・・・」と言ったので、「それでも良いです」即答すると、めちゃくちゃ不機嫌に「xx(聞き取れなかった)呼んできます」と、聞こえるか聞こえないかの低い声で言い捨てて去って行きました。

 

5分ほどで、事前検診などのメールのやり取りの際にボクの担当をしてくれてた“Bさん”がやって来ました。

Bさんは「あなたは人に手間をかけさせまいとする協力的な態度がすごく印象的だったので、あなたが食べれないと言うのは余程の事なんだと思います」と同情を示すところから始まり、治験の性質上みんなが全く同じ条件下にならないといけない事の重要性を説く方向で来ました。

上手な説得ですよねぇ・・・。上手な説得って、そりゃ相手を説き伏せるためにやってる事ではあっても、普段から個人に対して一定以上の敬意をはらって観察してないと出来ない事だと思うんですよね。なのでボクは「あ、この人説得が上手だな」って思った時点でほぼ折れます

よく考えたら、ボクの治験採用を担当したのはBさんなので、ボクがごねるとBさんのメンツが立たないわけです。自分のもらえる金が減るのは一向に構わないけど、人に迷惑かけるのはやだなぁ・・・。

 

と言う事で、Bさんにめっちゃ応援されながら、いちごを細かく刻んで、ちょっとずつ丸呑みする事にしました。つっても量が多いですからね。全部処理するのに1時間以上かかりました。飲んだ水は1.5~2Lくらい。Bさんと会話しながらだったので、かなり気が紛れましたが、それでも死にそうでした。まさか30歳で居残り給食やるとは

 

この後は30分に1回小用を足しつつも、またパソコン作業に戻りました。

ベッドの位置が変わっただけでネットが遅くなった気がしたので測定してみると、元の場所の1/5くらいの速度になっていました。同じ室内でなんでこんなに速度が変わるねん・・・。

 

昼のせいでまだ胃がぽちゃぽちゃで全く食欲ありませんが、やっぱり17時に夕食。

  • ターメリックライス
  • インドカレー
  • パイナップルジュース
  • バナナ

昼のラザニアの時点で「あれ?」って思いましたけど、メインの料理が1周しちゃったようです。まさか1週間もたたずに1周してしまうとは、どんだけレパートリー貧弱なんですか

 

20時の夜食はヨーグルト(ストロベリー)い や が ら せ か

ヨーグルト部分だけ飲んで、少量の個体部分は容器の側面やフタにくっつけてごまかしましたw

メニューに果物が多いのは100歩譲って許すとしても、別に不要そうなところまでベリー系で来るのは、単に献立作ってる人の好みのような気がします。そろそろ殺意が芽生えそうです。目の前に現れたら首絞めるかもしんない。

 

と言う事で、生活が緩い割には食事でストレスが溜まります。昨日くらいからツイッターで流れて来るお料理動画ばっかり眺めています。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。
※コメントの禁止事項もお読み下さい。⇒こちらからどうぞ