【イギリス】ロンドン治験の事前検診の通院から解放されないw(2019年2月20日~22日)

はろー!

今回はイギリスのロンドンで治験の事前検査で毎日通院してる話w

 

日記としては内容が薄くなってしまうので3日分まとめて。

事前検診がスムーズに行ってない(先方の都合)のと、ボクの検診結果が微妙(一般的な健診としてはOKだけど治験参加が微妙なラインw)なせいで、ロンドン到着後4日連続で毎日通院している状態ですw



2月20日。今日の事前検診は14時半からなので、昼までブログ投稿したりしてました。

13時に宿を出て、昨日と同じ製薬会社へメトロで向かいます。

 

ロンドンだとエスカレータは右乗りらしい。

確かパリも右乗りだったよーな。日本では「片側乗りはエスカレータに良くないからダメだ!」って話を聞きますけど、ロンドンだとむしろ「右に寄ってください」ってアナウンスされています。

ロンドンのエスカレータにとって片側乗りが良いのか悪いのかは知りませんが、日本もそう言う習慣が定着してしまっている以上、人に行動を改めさせるんじゃなくて、片側乗りでも大丈夫なエスカレータを造るべきだと思います。

 

今日は、昨日気になっていた屋台村的な所でお昼を食べるのだ・・・って屋台増えた!?Σ(‘ω’ノ)ノ

昨日は無かった場所にまで屋台が出ています。もう13時半なのに、どの屋台も行列!屋台も増えたけど、客も増えました。大盛況です。

 

なんか見た事ある色目の食べ物だな・・・と思ったら、

看板を見たらエチオピア料理でした。インジェラっぽい物もありました。ロンドンでインジェラってどうやって作ってるんだろう。テフの発酵なんか、気候が違ったら勝手が違うでしょうに。

ロンドンで食べるエチオピア料理は気になりましたが、今日はもう少しこってりした物を食べたい気分です。

インド料理屋がそれはもう美味しそうな香りを発していましたが、事前検診で禁止されている食べ物の中にハーブ類が含まれているので、何が入ってるかよくわからないインド料理は涙を呑んで見送ります

お、これはうまそう。ドイツのソーセージ

 

ホットドッグ。5.5ポンド(≒796円)。

ホットドッグ

上にてんこ盛り乗っているのはザワークラウト。ソースはいろいろ選べましたが、シンプルにマスタードのみ。

さすがソーセージうめー(*´ω`)

・・・・・けどパンがいまいちなので、パンいらんなw

 

もう一品。ファラフェル・ラップ。6ポンド(≒868円)。

ファラフェル・ラップ

中東料理屋のファラフェル(豆コロッケ)と、たっぷりの生野菜が中に入っています。タヒーナ(胡麻ペースト)もしっかり入った本格派でした。高いけど!

他にスイーツ系の店もいろいろ出ていたんですが、事前検診に備えてカフェイン禁止(=チョコレート食べられない)上、ボクはフルーツが嫌いなので、ほとんど食べるものが無い。チョコも果物も入ってないスイーツってなかなか難しい。と言う事でスイーツは断念・・・(;ω;)

 

この後は事前検診に参加したわけですけど、時間が遅めだった&他の治験の検診ともかぶっていたようで、めちゃくちゃ混雑していたので、今日は採血と採尿だけになりました。

最初採血しに来た看護師は、アフリカンなヘアスタイルの若い人だったんですが、腕に針が刺さったなって思ったら、なんかゴソゴソしだしたので、ふと見てみると、針は横に置いて静かに絆創膏を貼っている所でした。

ぼく「・・・失敗した?

アフリカンヘアー「あいむそーりーあいむそーりーwww

ぼく「うん良いけどwwwww」

良いけど黙って無かった事にしようとするなよw

腫れると嫌なので利き腕でない左腕にしてもらったのに、アフリカンヘアーが失敗したので結局右腕でもう一回やる事に。今度はもう少し年配そうなインド人がやって来ました。

さっき待合室で、以前ここで治験をやった事がある日本人から「インド人スタッフの採血がめっちゃ下手で腕バンバンに腫れた」って話を聞いたばかりだったのですごく不安でしたが、この人は普通に採血してくれました。インド人看護師も何人かいるっぽいので、下手なのは他の人だったようです。

 

18時頃に帰りました。また明日続きをやるらしい。

 

2月21日~22日は、事前検診の残りをやったり、やっぱり再検査になったり、再検査で来たけどやっぱりやらずに帰ったりと、結局もう4日連続で通院している状態。まぁ行ってもほとんど待ち時間なんですけどね。

そもそも、検査のベッドが空かないのです。治験はボクら日本人グループのほかにも、白人もいっぱい来ているし、多分他の薬の治験の人たちもいたりして、なんだか常に人であふれかえっていて、その間を医者とスタッフさんが走り回ってる状態。

先方があまりにもてんてこまいしているので、つい「いつもこんなにお忙しいんですか?」と訊いたら、その人は「自分が勤めているこの6年で初めてなくらい立て込んでる」との事で、まぁなんか6年に1度と言う、ハレー彗星よりは多少頻度が高い程度のレアな繁忙時期に来てしまったんだなぁと、アフリカで妙にゆったりした精神を身に着けてしまったボクは、あんまりジャマにならないように黙って座っていました。

ただ感想を述べるなら、「ロンドンにある大手製薬会社なんて、さぞかし近代的でシステマチックな業務をしているんだろうな」と思っていましたが、意外とアナログで場当たり的な仕事の仕方をしていて、「あぁ案外どこの会社もこんなものなのかな」と思ってしまいました。

また、事あるごとに「ご迷惑をおかけしました」と、スーパーの商品券をもらうので、初日に貰ったギフトカードと合わせると総計75ポンド(≒10,831円)になってしまい、むしろ恐縮してしまっています。しかし、全部スーパー限定の商品券/カードです。イギリス旅行中にスーパーで1万円分も買い物するかなぁ(;^ω^)

 

2月22日の検診後は、ツイッターで知って頂いていた方と付近を散歩しました。

 

前回の記事で遠くから見ただけだった、タワーブリッジを渡りました。

・・・なんで柱部分を建物にしようと思ったんだろう・・・(;・ω・)

タワーブリッジは、大型の船が通る際に真ん中の部分が上向きに開くようになっています。今は下がっていますが、これが開く部分。

 

遠くにロンドン橋が見えます。遠くから見ても地味です。

こうやって比較すると、「ロンドン橋落ちた」の歌は、ロンドン橋よりも吊り橋であるタワーブリッジの方が表現として合ってるような気がします。それはさておき、あれはなんであんな歌になっちゃったんでしょうね。

 

この城みたいなのが「ロンドン塔(Tower of London)」らしい。

ロンドン塔では常に6羽以上のレイブン(Raven/ワタリガラス)が飼育されており、ロンドン塔からレイブンがいなくなるとイギリスが滅びると言う迷信みたいなものがあるらしいです。

って話はもともと知ってたんですが、もっと塔みたいなのを想像していました。全然塔じゃない。

ロンドン、意外と高層ビルの数は少ないみたい。

 

更に、帰ってから宿移動。今の宿自体はたいへん満足度が高い宿なんですが、市内から離れ過ぎていて観光しにくいので、もっと中心部にある宿に移動です。

『ED(イーディー)は死んだ!』

ヨーロピアンってなんとなくいつでもビンビンのイメージでしたけど、こんなにでかでかと広告が出てるって事は悩んでる人も多いんでしょうね!って何の話だ。

電車で10kmほど移動して、公園の中を通り抜けて、

 

えらく整った建物が並ぶ通りに来ました。ここが今日からの宿。

 

いかにも「ロンドン!」って感じがするエリアです。

 

75ポンド使い切らないといけないしな~と、1km先のSainsbury’s(スーパー)に行って、鮭の切り身を買って来ました。

約300グラムで4.85ポンド(≒700円)。ただの切り身にしてはすごい値段Σ(‘ω’ノ)ノ

生で食えるのかなーとちょっと思いましたが、結局半分に切って、焼いて食べました。柔らかくて美味しかったです。

 

さて、明日はロンドンに着いて以来初めての「検診が無い日」。宿の近くに無料で入れるミュージアムが3つほどあるっぽいので、その辺をまわります。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. ぷみ より:

    ブログへの初めてのコメント失礼致します、
    ぷみです(^o^)

    本日はお会いできて光栄でした!
    お散歩もお付き合い下さり
    ありがとうございました〜( ´∀`)
    宿の移動を無事に終えられたようで
    良かったです。

    アフリカンヘアの「あいむそーりーw」
    のくだりで笑いがこらえきれず!w
    旅人は腕に針刺すなんて久しぶりすぎて
    結構構えてしまうのに…!w

    月曜日は込み合っていないと
    いいのですが…(`・ω・´;)

  2. wolt より:

    >>ぷみさん
    こちらこそありがとうございました!付近の事何も知らなかったので任せっきりですみません(^^;
    ほんと、注射久しぶりでけっこうイヤだったのに、2回刺されてげんなりしました・・・。
    アフリカンヘアーのヒョロッっとしたお兄さんが採血に来たら気を付けてくださいw

  3. ゆう より:

    突然のコメント失礼します。

    私も先日レバノン一人旅をしまして、情報収集していたところこちらのブログにたどり着きました。

    ブログに、おばちゃんの圧がすごい食堂?があったかと思うのですが、私ももしかしたら同じ所に行ったかも知れません笑
    完全に偶然なんですけどハムラの裏通り?ですよね?
    私もおばちゃんにスープを強く勧められたんですが、別のを頼んだら一緒にスープも出てきましたw
    なんか偶然てすごいなーと思ってコメントしました。
    ほんとレバノンは面白い国ですよね!かなり好きです。

    イギリス関係なくてすみません!引き続き安全な旅を☆

  4. wolt より:

    >>ゆうさん
    おばちゃんの圧がすごい食堂!www
    そうです、ハムラの裏通りっぽい所です~。その頼んでない物を出してくる行動からして、同じ食堂をご利用されたみたいですねw
    確かにレバノンは面白いですねー。進んでるような所もあるのに、ちょいちょい「っえ?」ってなる変化球が飛んで来たり。
    引き続きぼちぼち行きまーす(‘∀’)ノ”

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。