ボッカダッセ

【イタリア】ジェノバ街歩き&ボッカダッセに行く(2019年2月11日)

ぼんじょるのー!

今回はイタリアのジェノバ街歩き&ボッカダッセに行ってきました!

 

黄金航路―ジェノバー

著作権元:株式会社アピリッツ
出典:「黄金航路」「蒼海の武装商船」(いずれもサービス終了)

※黄金航路がよくわからない方は、こちらのページの真ん中あたりで説明していますのでご興味がありましたらご覧下さい。
【リンク】はじめに
ご興味なければスルーして頂いても何ら支障はありません。

現在―ジェノバ

最近黄金航路用の写真ばっかり撮ってる気がします。地中海の大きな都市はほとんど黄金航路に登場している(=昔から交易港として栄えている)んだなぁと実感します。



 

宿泊に付いている朝食を食べて(まだみんな起きてなくて暗い中食べたので写真なし)、街歩きに出発。

ガリバルディ通り

ここは昨日、「あーこの通りは少しキレイだわ~」と思った道なのですが、ここは“ガリバルディ通り(Via Garibaldi)”と言う、ジェノバの世界遺産であるストラーダ・ヌオーヴァ(直訳は”新街路”)でした。道理でこの道だけゴミも犬のふんも落ちてないわけだ。

 

ストラーダ・ヌオーヴァとは

ストラーダ・ヌオーヴァは、ジェノバの世界遺産「ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度(Genes, les Strade Nuove et le systeme des palais des Rolli)」の一部で、16世紀に整備された宮殿が立ち並ぶ通りの事です。

“ガリバルディ通り”は19世紀に改称された名前で、この通りには今でも16世紀当時の貴族の宮殿が立ち並んでいます。

 

ガリバルディ通りは宿から徒歩30秒でした。目と鼻の先過ぎて、昨日は全然気づきませんでした。早速歩いてみます。

なるほどね~これらが全部宮殿ね~。近すぎて写真が撮りにくいです

宮殿ってなんかこう、もっと外側に庭園とかあるイメージですけど、こんなに密集して建ってる宮殿もあるもんなんですね。

しかし歩いてて気付いたのが、ほぼ全部の宮殿が月曜日で休館日。そう言えば今日は月曜日でした(ノ∀`)アイヤー

 

月曜日な事に気付いてグーグルマップであちこちの施設情報を見ると、どうもジェノバ中心部にある美術館や博物館の類はほとんど月曜休館みたい。あらー、やっちまったね(ノ∀`)アチャー

仕方ないので、少し足を伸ばしてジェノバ郊外に行く事に。片道4kmくらいらしいので歩いて行きます。

 

普通の道で、服市場みたいなのが開かれていました。

客がものの見事に女性ばっかり。

 

1時間ほど歩いて、ボッカダッセ(Boccadasse)に到着。

ボッカダッセ

ここはカラフルな家が立ち並ぶ漁村と言う事で、ジェノバから足を伸ばしてくる観光客に人気のスポットらしい(宿に案内があった)。特に何かあるわけではなくて、上の写真の景色が有名みたい。

と言っても、せっかく来てここでUターンもあれなので、少し探検してみます。

漁村って感じじゃないけど・・・?なんだかプライベートビーチみたい。

もう少し先へ。

 

アップダウンが激しいので、景色が良いポイントがちょいちょいあります。

 

住宅の間に細い路地を発見。降りてみましょう。

 

船がいっぱいあるところに出た!

ここは確かに漁村っぽいですね。

しかし、今日は海がやたらと荒れているので、船着き場は閑散としています。

そろそろ戻ろうかな。また4km歩かないといけないし。

帰りは少し遠回りして海沿いを歩いて帰りました。

 

ジェノバ中心部に戻って来ました。建物の間に急に古めかしい門がにゅっと建っています。

 

これはソプラーナ門(Porta Soprana)と言うらしい。古くはジェノバへの入り口で、10世紀ごろにはもうここに門があったらしい。現在のソプラーナ門は19世紀に修復された物みたい。

現在ではこの門が旧市街地と新市街地の境になっています。新市街地側から見ると丸い塔ですが、

旧市街地側から見ると平らです。

昔で言うと内側ですね。当然内側の方が開口部が多いです。

また旧市街地を歩きます。

ジェノバの旧市街地は、とにかく道が狭くて建物が高い。おかげで空が遠くて狭いです。

建物はたいてい5階以上ある上に、日本人の感覚からすると1階1階が高いんですよね。

1階で4メートルくらいあるかなぁ。なので5階建てと言っても、日本人のイメージよりずっと高い。

開けた所に、唐突に教会が。

 

よく見たら、平面の壁に立体的な柱の絵が描かれていますw

なんだろう、凝った教会を建てるお金が無かったのかな。

 

旧市街地は建物が高くて道が狭いので、スマホのGPSが全然役に立ちません。なかなか不便です。適当に歩いていたら海沿いの道路に出ました。

 

あ、そう言えばこの辺に、宿のオーナーに勧められたピザ屋が・・・

閉まってるっ(|||´Д`)そ

美術館や博物館と同じく、月曜定休なお店でした。明日また来よう。

港に出ました。

 

なんだろうあの放射状の。

一応、向こう側にあるレストランかなんかの屋根を吊ってるように見えるけど、それであの大袈裟なのいる??(´・ω・`)

お腹空いてきたので、また旧市街地に入ってレストラン探し。

 

道端に並んでいるこのゴミ置き場みたいな金属の箱

 

開けたらそのまま露店になる!

どこかの国でも見た事ある気がするけど、どこだっけな。すごく便利ですよね。

今日の食事は、Tagliatelle al nero al seppia(イカとイカスミのタリアテッレ)。9ユーロ(≒1,125円)。

イカとイカスミのタリアテッレ

真っ黒で何が何だかw

タリアテッレは、イタリア北部で好まれる平麺パスタの事らしい。つまり!本場の!イタリアの!パスタ!!!

まぁあれですな。めっちゃアルデンテ。ラーメンで言う所のバリカタくらい。粉っぽさがギリギリ残ってないくらい。こういう店なのか、それとも適当に茹でられたのかはわかりませんが、かなり固い。でもこのくらいが好きです。パスタを30分茹でるアフリカグッバイ。

イカが入ってるのかと思いましたが、よっぽど細かく刻まれてるのか、あんまりイカの存在を感じられませんでした。でも十分美味しいです。超濃厚なイカスミパスタって感じ。

さりげなく付いてきたパンが、厚手の素のピザ生地を油で焼いたみたいな感じで、サクサクもちもちしていておいしかったです。

 

食後は、宿の裏手の丘に登ります。

今日やたらと階段上り下りしてる気がする。ジェノバは坂と階段だらけです。

ビューポイント到着!٩( ‘ω’ )و

 

場所はここ。

 

南西向きなので午後は完全に逆光ですが、良い景色。ジェノバのごちゃごちゃ具合が一目で分かります

今日のジェノバ歩きはこれで終了!

 

今日一日ジェノバを歩いた感想をまとめますとですね、犬のふんめっちゃ落ちとる

すごいですよ、至る所に犬のふん落ちてるんです。狭い歩道とかにも全然落ちてて、しかも結構な割合で踏まれていてグチャーと道いっぱい広がってたりします。

これ、イタリアのジェノバ以外の都市も似たようなもんだったら、ボクの中でイタリアは「今まで行った国で2番目に犬のふんが落ちてる国」になります。もちろん1番はダントツでインドです。あそこは犬だけじゃなくて牛のも人のもありますけど。

今日載せてる写真も、半分くらいは犬のふんの近くで撮ったと思って頂ければおおよそ正しいです。まさかイタリアがこんなんだとは。

 

さて、明日はジェノバで休憩日。フランスでゴリゴリ移動と観光を繰り返し過ぎて疲れたので、これからはしっかり休憩日を挟んでいきます。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。