【レバノン】ベイルートの安宿紹介!(3軒)

レバノンのベイルート安宿紹介!

世界一周中のwolt(@wolt556)です!

2019年1月13日から1月23日までレバノンを旅行したので、今回はベイルートの安宿を3軒紹介します!3軒ともドミトリーです。

 

日本人に一番有名な宿『タラルホテル(Talal Hotel)』

特徴

ベイルートを走る大通りの南北と東西が交差する付近にある、交通の便が良い宿。

 

料金

ドミトリー:1泊17USドル(2019年1月時点)

 

場所

グーグルマップで言うとここ。

 

南側の幹線道路側から小道に入って行く感じです。幹線道路沿いの「Kartell」と言う店の角で左の小道へ。

 

一切看板が出ていませんが、この建物。階段を登って2階にレセプションがあります。

 

共用設備
  • キッチン(無料コーヒーあり)
  • Wi-Fi(有料)
  • テレビ
  • トイレ・バスルーム

 

寝室(ドミトリー部屋)

シングルベッドが3つ並ぶ部屋。大きなセキュリティボックスが1人1つあります。

ベッド3つのうち、電源が近くにあるのは1つだけでした。

 

良かったところ
  • 他の都市へのバスターミナルや、空港からのアクセスが良い
  • 近くにサンドイッチやピザ等の軽食屋がある
  • シングルベッドなので落ち付いて寝られる
  • 1人1つのセキュリティボックスが大きい(鍵付き)
  • 見た目ちゃんとしてそうな空調機が付いている
悪かったところ
  • Wi-Fiが有料。高い上に遅い(500MBで6USドル)
  • シャワーの温度が不安定過ぎる
  • ベッドにダニがいたと思う
  • 電源を使えないベッドがある
  • 大きい商店や軽食以外の安食堂が付近に見当たらない
総評

オススメ度:★☆☆☆☆(5段階評価中1)

安宿としてはよくあるレベルの不便さですが、17USドルと言う値段を考えるとWi-Fi有料なんて論外です。

また、宿のオーナーは世話焼きで親切ですが、若いスタッフが信用ならない。最初に有料Wi-Fiの値段を聞いたら「自分がIDを発行する。200MBで10USドル」とトンデモ価格をふっかけて来ました。実際はレセプションに料金表が貼ってあり、200MBなら3USドルです。(それでも高いですが)

昔は安宿が他に無かったからバックパッカーはみんなここに来ていたようですが、現在では同じ価格帯のもっと良い宿がある(後述)ので、わざわざタラルホテルを選ぶ理由は無いです。ただし、空港⇒ベイルート⇒翌日他の町に移動(またはその逆)などで1泊しかしない場合には便利だと思います。

 

予約サイト

Booking.comでの取り扱い有り。
[Booking.com]タラルホテル(Talal Hotel)の予約はこちら

 

中級ホテルのクオリティ『ハムラアーバンガーデンズ(Hamra Urban Garden)』

特徴

新旧様々なお店が密集するハムラ地区にある中級ホテル

 

料金

ドミトリー:1泊18USドル(2019年1月時点。2019年4月から20USドルに値上げらしい)

また、7連泊で1泊あたり2USドルの割引があります。

 

場所

グーグルマップではここ。東側に入口があります。

 

共用設備
  • Wi-Fi(無料)
  • 電気ケトル、冷蔵庫
  • トイレ・バスルーム
  • プール(無料らしい)
  • フィットネスジム(無料らしい)
  • 館内にカフェやバーが複数あり

 

寝室(ドミトリー部屋)

しっかりした2段ベッド。6人部屋。男女別。それぞれカーテンと枕元ライト、電源付き

 

良かったところ
  • 2段ベッドだけど揺れる事は無い
  • ベッドのカーテン、手元ライト、電源がとても便利
  • 室内にも部屋の外にもくつろげるスペースがあり、持ち帰った食事を食べるのも可能
  • 周辺は新しいファストフードから古そうな安食堂、高級レストランやカフェまでなんでもある
  • ウェルカムドリンクとしてチェックインしたらプールバーで1杯だけ無料で飲める
  • プールとフィットネスジムが無料で利用できる(ボクは観光に忙しくて利用できず)
  • 空調が完璧
  • 毎日清掃が入る
悪かったところ
  • Wi-Fiがログイン制でちょっと面倒
  • スマホでWi-Fiにつなぐとえらく不安定だった
  • 空港や長距離バスターミナルへのアクセスがあまり良くない
総評

オススメ度:★★★★☆(5段階評価中4)

これがドミトリー!?とびっくりするような見た目のドミトリー。中級ホテルの中にドミトリーを男女各1室作ってみた!と言う感じの宿です。これで18USドルはお得感満載。

唯一、Wi-Fiが微妙な感じでした。電波の強さとつながっている時の速さは問題ありませんでしたが、スマホでつなぐと1分繋がって1分切れるような不安定な状態でした。パソコンの方は普通だったので、たまたまボクのスマホとの相性が悪かったのかもしれませんが。

ログイン制のためスマホとパソコンを持っていると2つIDをもらわないといけません(いくつでも無料)。あとIDが1,2日で期限が切れるので、そのたびに貰い直すのも少し億劫でした。Wi-Fiの使い勝手が良かったら★5付けるところでした。

予約サイト

各種ホテル予約サイトに掲載されているものの、2019年1月時点でBoking.comではドミトリーの扱い無し。
[Booking.com]Hamra Urban Gardens(参考。個室のリンク)

ホテルの公式サイトはこちら。ここでも予約できるみたいです。
[公式サイト]Hamra Urban Gardensの予約はこちら

 

次はここに泊まってみたい『サイファイアーバンガーデンズ(Saifi Urban Garden)』

ここは実際には泊まっていないのですが、前述のハムラアーバンガーデンズの系列店で、こちらはもっとバックパッカー宿に特化した雰囲気(のようです)。

 

料金

ドミトリー:1泊18USドル(朝食込み)

 

場所

グーグルマップではここ。実際に行ってないので地図が正しいかはわかりません。

 

総評

オススメ度:?????(宿泊してないため)

公式サイトの写真を見る限り、普通のバックパッカー宿でゆったりできそうな雰囲気。

ボクは前述のハムラアーバンガーデンズとどちらにしようか悩み、同じ値段ならと高級そうな方に行ってしまいました。ハムラアーバンガーデンズは2019年4月から20USドルに値上げしますが、こちらのサイファイアーバンガーデンズは値上げ予定は無いようですので、次もしベイルートに泊まる時はこっちに泊まりたいです。

タラルホテルより1USドル高いですが、ベイルートで朝食を食べようと思うと1USドル以上はかかるので、18USドルで朝食込みのこちらの方がお得なはずです。

この宿には泊まっていませんが、周辺は少し散策した事があります。周辺には大きめの個人商店はありますが、外国系のレストランが多く、全体的に高かったように思います。

タラルホテルと数百メートルしか離れていないので、空港や各バスステーションへのアクセスは比較的楽だと思います。

予約サイト

各種ホテル予約サイトに掲載されていない。

ホテルの公式サイトはこちら。
[公式サイト]Saifi Urban Gardensの予約はこちら

 

ベイルートの安宿まとめ

レバノンは国全体的に安宿が少なく、バックパッカー的には選択肢があんまりありません。タラルホテルのように、高い割に質が微妙と言う宿がいまだにあります。今後旅行者が増えてきたら、もっと幅広い価格帯で、各々値段に見合った宿が増えていくのかなと思います。

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA