142,000ウガンダシリング

「がんばらないバックパッカー」のウガンダ旅行総費用

東アフリカ内陸の小さな国ウガンダ!

今回はがんばらないバックパッカーがウガンダで結局いくら使ったのか?を大公開&分析!

 

ウガンダ旅行総費用と内訳

※滞在日数は7日です。
※レートも物価も2018年11月時点のものです。
※2018年11月時点で1ウガンダシリング≒0.0304円です。

  • 飲食費計: 135,900シリング (4,131円)
  • 宿泊費計: 151,000シリング (4,590円)
  • 交通費計: 191,500シリング (5,822円)
  • 観光費計: 20,000シリング (608円)
  • その他計: 162,500シリング (4,940円)
  • 合計: 660,900シリング (20,091円)

これを円グラフで表すとこうなります。

ウガンダ旅行費用内訳

1日の平均は94,414シリング(≒2,870円)になりました。まぁそんなもんかなーって感じですね。安くも高くもなくてコメントしづらい数字です。




ウガンダ旅行費用の分析&考察

食費について

食費は1日あたり19,414シリング(≒590円)になりました。

これはやや高めだと思います。ブニョニ湖の高いレストランで高い飯を食べたりもしましたし。

 

宿泊費について

宿泊費は、1泊あたり25,167シリング(≒765円)になりました。

ブニョニ湖で1泊だけ54,000シリングもする宿に泊まりましたが、ウガンダ滞在期間の大半をカンパラのドミトリー(1泊18,000シリング)で過ごしたので、結果的に安めにあがりました。

 

交通費について

交通費は、市内の交通や長距離バスなどは安くて質が悪いのが基本です。バイタクはぼったくりも多いです。

ブニョニ湖では宿までカヌーやモーターボートを使って行かなければならず、カヌーが15,000シリング、モーターボートが25,000シリングもしたので、交通費は全体的に高めになりました。25,000シリングなんてカバレからカンパラまでのバス代と同額です。

 

観光費について

観光費は、カンパラの国立博物館の入場料と、ブニョニ湖でのカヌーレンタル代です。

ボクはあんまり興味が無くて行きませんでしたが、ゴリラツアーやピグミー族ツアーなんかに行くともっとかかると思います。

 

その他について

その他は、ビザ代(東アフリカ三カ国ビザ100USDを3で割った料金を乗せてます)と、SIMカード、チャージ費用です。

ウガンダはSIMでの通信料金がかなり安かったです。30日間1.5GBなら10,000シリング、5GBなら20,000シリングで買う事ができました。宿のWi-Fiが期待できないので、多めに買っておくと良いです。

 

ウガンダの物価目安

旅行していて、大体こんなもんだったなーと言う感じで物価をまとめてみました。※2018年11月時点。変動する可能性あり。

ウガンダ物価目安

全体的に食事や宿泊費、交通費は安め。しかし湖に行ったり何かしらのツアーに申込んだりするとけっこう費用がかさむ感じです。

 

ウガンダ旅行費用まとめ

ウガンダはロレックスなどの安い屋台メシがあって、宿も交通費もそれなりに安く上がるので、のんびり滞在するのに良いです。しかし個人で行く観光地があんまり無いので、観光したい人は積極的にツアーに参加しましょう!

以上、「がんばらないバックパッカー」のウガンダ旅行費用まとめでした!

ウガンダの旅行日記を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ!←

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA