世界一周するPENTAX K-70とボクの歩み

世界一周のお供に選んだのは「PENTAX K-70」!

このページではボクが世界一周のお供にPENTAX K-70を選んだ理由と、世界一周に出てからどんな過酷な状況に遭っているかを記録していきますw

人生の1/3以上をPENTAX(ペンタックス)のカメラと歩んできたボクが、世界一周のお供に選んだのはこれ!「PENTAX K-70」でした!

PENTAX K-70

選んだ理由としてはこんな感じ。

  • 防水防塵のアウトドアスペック!
  • 軽い!
  • お手頃価格のエントリー機

 




世界一周中は、そりゃぁジャングルを歩いたり、砂漠を歩いたりします。スコールにだって遭います。選んだ理由はなによりアウトドアスペックと言う言葉に惹かれたから!

あと、前に使ったことがあるK-7と比較してかなり軽い。ボクはカメラぶら下げて10kmも20kmも歩くのはザラですし、海外旅行中は盗難防止も兼ねて朝起きてから夜寝るまでカメラを身に付けています。少しでも負担が軽い方が良いんです。

 

PENTAX K-70との歩み

※新しい出来事があるたびに更新していきます。

2017年2月6日:PENTAX K-70がアマゾンから届く。

2017年2月14日:PENTAX K-70で撮った写真を初めてブログに載せてみる。

[日記]中国ビザ個人申請ー受領編 +PENTAX K-70試し撮り

2017年2月21日:PENTAX K-70と共に世界一周出発。

2017年3月27日:ベトナムでトレッキング中にストラップが壊れてPENTAX K-70落下、穴があく。同日中に瞬間接着剤で修理する。

[日記]サパからタ・バンへトレッキング?

2017年5月10日:ジャングル(タマンヌガラ国立公園)トレッキング中、遭難しかける。一緒に滑落したPENTAX K-70も泥まみれ。数日は電源のスライドスイッチがじゃりじゃり言ってたものの、掃除しながら使っていたら復活。

[日記]いざブンブン・クンバンへ!

K-70

 

2017年9月14日:唐突に電源スイッチのカバー部分がとれる。同日中に接着剤で復旧。

 

2017年12月~2018年1月:スペインのカミーノ・デ・サンティアゴを26日かけて歩くも、最後1週間ほど毎日雨。さすがのPENTAX K-70もマズいだろうと途中からザックにしまったりしたものの、レンズもファインダーも曇って見えない状態に。

毎日曇りが取れきれないまま、翌朝にはまた雨の中に出ていくと言った状況。さすがにヤバいと思って、ゴールに到着した日にはお米と一緒にジップロックに入ってもらいました。

トチ狂ったわけではなく、生米は吸水力が高いので、臨時のシリカゲルにもなるのです。豆知識。

15時間ほどお米と仲良くしてもらった結果、ファインダーの曇りもとれてどうにかなったみたいです。

 

2018年6月:アフリカのレソトで馬に乗ってトレッキング中、ストラップのネジが緩んで外れ、馬の上(推定1.5メートル)から岩の上に落下

これによってレンズは壊れましたが、ボディは無事。レンズが全部衝撃を持って行ったにしても、あんなに派手に落ちてボディが無事とは思いませんでした。

[日記]レソトのマレアレアでホースハイキングとのどかな景色の中で起きた悲劇w

 

あと、数えきれないくらいスコールに遭って水浸しになっています。これだけむちゃくちゃやってて、まだPENTAX K-70は元気です!!いえ、わざとやってるわけじゃないんですごめんなさい。ってかこれだけやっても壊れてないって、さすがアウトドアスペックを名乗るだけのことはあるなと思います。

「アウトドアスペックなんて言って、実際の耐久性どーよ?」なんて思ってる方、PENTAX K-70はマジで強いです

このままPENTAX K-70と一緒に無事に世界一周できたら良いな!と思っています。頼りにしてますアウトドアスペック!

どんな写真撮ってるかは本編の世界一周日記をどうぞ。一応気合入れて撮った日の日記を何件かピックアップしておきます。

【ミャンマー】岩山のてっぺんに建物!ポッパ山を見に行った
【グルジア】世界遺産ゲラティ修道院と”世界遺産だった”バグラティ大聖堂に行った
【ポルトガル】シントラの世界遺産とユーラシア大陸最西端ロカ岬へ行って来た!
【ギニア】ギニアのカンカンからベイラへ移動&緑豊かなベイラに滞在
【ガーナ】ガーナのモレ国立公園でゾウを見るのだ!
【ナミビア】ナミブ砂漠のデッドフレイに早朝アタック!

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA