【タンザニア】ザンジバルで最もユニークなレストラン”ザ・ロック”を見に行った(2018年10月20日)

じゃんぼー!

今回はザンジバルで最もユニークなレストランと呼ばれる”ザ・ロック”に行ってきました!

 

朝は適当にその辺で軽食を買って来ました。左から揚げパン200シリング(≒10円)、ふかしイモ200シリング(≒10円)、総菜系揚げ物100シリング(≒5円)。

ザンジバルのストーンタウンから離れると、一気に朝飯の選択肢が減りました(;∀;)

イモは、どうせ品種改良されてないイモだろうから食べれたもんじゃないんじゃなかろうかと思いながら仕方なく買いましたが、普通においしかったです。日本のサツマイモよりちょっと固めながらも、ちゃんと甘くてなめらかな食感

揚げ物は・・・なんかまぁ揚げ物でしたw



さて、今日は昼過ぎまでは宿で過ごします。

ブログの記事2つ作成。
[レポート]これがうまかった!南アフリカの食べ物・名物5選
[レポート]「がんばらないバックパッカー」のマラウィ旅行総費用

それと、東アフリカ3カ国ビザのオンライン申請を済ませました。この話はそう面白いわけでは無いのでまた別でレポートにでもまとめようと思います。

 

昼下がりの宿の庭。

これでもかと言うほど強い日差し。そろそろ赤道が近いですから・・・(›´ω`‹ )

少し日が傾きかけた14時に外出。まずは近場で飯を済ませます。今から行く予定のザ・ロックもレストランですが、飲み物で8USドル、まともな食事だと20USドルとかするらしいので、ザ・ロックで食事する気にはなれません。

朝、ふかしイモを買ったお店に入りました。

通りすがりに、奥に見えるお客さんのマサイ2人組に「この食堂めっちゃ良いから!」って呼ばれたのです。

ウガリといろいろ。2,000シリング(≒98円)

ウガリといろいろ

やっぱりウガリってめちゃ固いですね。取り分けて皿にのせる時に、食堂のおばちゃんはウガリのかたまりをフォークでぶっ刺して取り分けていました。他の地域のシマやプァーパ、ましてや柔らかいサザじゃそんな取り分け方は不可能です。

他のおかずのお味は良い感じ。豆の煮物と牛肉のトマト煮込みはお代わりをよそってくれました。

 

さて、ザ・ロックに向かいます。ザ・ロックはパジェから10kmほど北にありますので、ダラダラ(ミニバス)を捕まえて乗ります。食堂の前で待っていると2分ほどで1台目がやって来ました。

ぼく「ザ・ロック」(席に座って、乗務員に1,000シリング札を渡す)

乗務員「・・・」(1,000シリング札を受取ってそのまま去ろうとする)

ぼく「おい、お釣りは?」

乗務員「パジェからザ・ロックは1,000シリングだ」

ぼく「んなわけ無いだろ金返せ(#^ω^)ビキビキ

乗務員「じゃあ降りろ!

ぼく「おう降りるわ。頭おかしいヤツに払う金は無いわ(#^ω^)ビキビキ」

 

パジェから2kmほど北で降りて、またダラダラ待ち。

10分ほど待って2台目がやって来たので、今度は目的地も何も言わずに300シリング(≒15円)渡すと、何も言われませんでした

が、ほぼ入れ替わりで降りて行った、先に乗っていた白人旅行者2人は、降りる際に「いくら?」と聞いていて、1人1,000シリング払っていました。恰好からしてパジェ中心部から乗って来ただろうから、たった2kmくらいしか走ってないはずなんだけどな。ほんとダラダラ関係者ゴミが多いわー。

 

ザ・ロックの近くで下車。ちゃんと看板がありました。

 

海の方に歩いて行くと・・・唐突にザ・ロック(The Rock)が現れました。

ザ・ロックは海上レストラン。めちゃ綺麗な海の中に建っているので、ザンジバルで最もユニークなレストランと呼ばれています。確かに、このままファンタジー小説の表紙になりそうなたたずまいです。

しかし、もっと海に囲まれた所に建っているイメージだったんですが、けっこう砂浜に近いじゃないですか

あれですね、今かなり引き潮っぽいですね。

レストランに行くには船で行かないといけないという話でしたが、

客は船に乗ってるけど、船頭が歩いて船を引いてる状態(;´∀`)

短パンサンダルなら、普通に徒歩で行けそうな感じです。くそぅ引き潮め・・・。

そして、このビーチも海藻に覆われています

量はヌングイよりも多いです。ほとんど乾燥してしまっているのでマットレスの上を歩いているみたいにふかふか

ザ・ロックを違う角度から。

正面から見るとかなり小さく見えましたが、奥行きが意外とありました。

ビーチには、イスラミックな少女の一団が。

船に乗ろうとしてるのかな?あのぞろっとした服装、中東なら良いけどこんな海辺には適さないよな。

と思ったら、服装を全く意に介せず泳いでいる女の子もいました。

あれで泳ぐのは有りなのか・・・。乾いたらパリッパリになりそう(;^ω^)

ザ・ロックの場所はここ。

 

またダラダラでパジェに戻り。

小銭が無かったので「パジェ」と言って1,000シリング札を渡すと、今度は500シリング返って来ました。

「来る時300シリングだったけど」と言うと、同じ場所から乗って来たおばちゃんが「パジェまでは500だよ」と言ったので、まぁそうかもしれないなと引き下がりました。行きは、1台目のせいでパジェより少し北から乗りましたし。

 

さて明日はザンジバルのストーンタウンに戻ります。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. baum より:

    まぁ確かに斬新ですね。ザ・ロック!
    気圧配置によって海が荒れたり、typhoonでめちゃめちゃに壊されたりしないんだろうか?
    中に入って食事するより、浜からカフェしながら眺めている方がイイ様なf^_^;)
    正面からの階段があるショットの方がイイネ❗️絵になる^ ^

  2. wolt より:

    >>baumさん
    もっと海の中にぽつーんって感じのを想像してたんですけど、意外と近くて拍子抜けしましたw
    高波の時はどうしてるんでしょうねぇ。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA