7,000クワチャ

「がんばらないバックパッカー」のザンビア旅行総費用

アフリカ南部とも中部とも東部ともつかないザンビア!

今回はがんばらないバックパッカーがザンビアで結局いくら使ったのか?を大公開&分析!

 

ザンビア旅行総費用と内訳

※滞在日数は13日です。
※レートも物価も2018年9月時点のものです。
※2018年9月時点で1クワチャ≒10.81円です。

  • 飲食費計: 718.31クワチャ (7,765円)
  • 宿泊費計: 752.50クワチャ (8,135円)
  • 交通費計: 265.00クワチャ (2,865円)
  • 観光費計: 200.00クワチャ (2,162円)
  • その他計: 1,091.47クワチャ (11,798円)
  • 合計: 3,027.28クワチャ (32,725円)

これを円グラフで表すとこうなります。

ザンビア旅行費用内訳

1日の平均は232.87クワチャ(≒2,517円)になりました。ビザ代がかかった割にはかなり安く上がりました。




ザンビア旅行費用の分析&考察

食費について

食費は1日あたり55.25クワチャ(≒597円)になりました。ボクは前半は自炊ばかり、後半は友人宅や村の住民宅でごちそうになったので、これは安い方だと思います。

外国人向けレストランとか使うと、普通に1食で50~100クワチャくらい飛ぶと思いますので、その辺は人それぞれです。あとお菓子類もちょっと高いので、お菓子いっぱい買う習慣のある人はそれも注意。

 

宿泊費について

宿泊費は1泊あたり62.71クワチャ(≒678円)でした。

これも、友人宅での2泊が含まれているのと、リビングストン(ビクトリアフォールズ近くの町)ではオフシーズンで宿泊費が下がっていたので、一般的にはもっと高くなると思います。

 

交通費について

交通費は、市内の乗合コンビ(ミニバス)なら5クワチャで乗れます。お手軽。

ザンビアの主要都市間は、一応バス会社のバスが走っています。値段はやや高めな印象。会社選びをミスると酷い事になりますが、まともなバス会社は定刻通り運行して、しかもお菓子まで付いてくるデラックス仕様みたいです。

どうやらバス料金は、どのバス会社も一律料金のようなので、評判の良い会社を選ぶ方が良いです。

 

観光費について

観光費は、ビクトリアフォールズの入場料200クワチャしかかかっていません。

博物館の類もあるのですが、料金がバカ高くて1つも入りませんでした。

 

その他について

その他は、大半がカザ・ビザ代(50USドル)と、ルサカで買ったズボン(160クワチャ)です。あとはSIMのチャージをちまちま。

 

ザンビアの物価目安

旅行していて、大体こんなもんだったなーと言う感じで物価をまとめてみました。※2018年9月時点。変動する可能性あり。

ザンビア物価目安

スーパーに売られているお菓子やジュースなどを見ると物価高いと感じるのですが、それ以外はかなり安く済みます。

 

ザンビア旅行費用まとめ

ザンビアは、他のアフリカ諸国に比べると物価は高めですが、アフリカ南部と比べてローカル食堂や宿泊費が安く済みます。アフリカの中では質と安さのバランスが取れていて、ボクは比較的滞在しやすいと感じました。

以上、「がんばらないバックパッカー」のザンビア旅行費用まとめでした!

ザンビアの旅行日記を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ!←

 

 

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA