【ボツワナ】マウンからエレファント・サンズに移動(2018年9月2日~3日)

でゅめらん!

今回はボツワナのマウンからエレファント・サンズに移動しました!

9月2日は、ものすごく久しぶりに朝ランしました。

国道沿いを走ったんですが、今まで走ったあらゆるコースの中でも、こんなに単調なコースはそうそう無いわってくらい単調な10kmでした。。

道は曲がりもせず、登りも下りもせず、ただひたすらこんな景色。しかも歩道の代わりにサラサラふかふかの砂なので、滑って滑って走りにくい。すごく苦痛なコースでした。

まったく走れなかったのはきっと砂のせいだ・・・。




9月2日は朝ラン以外で外出していないので、今滞在しているオールドブリッジ・バックパッカーズを軽く紹介するぜ!

この宿にはネコ2匹と犬1匹がいます。

まずはチェックインの時に寝ていたこいつ。

日中は主にレセプションに横たわってスタッフの邪魔をし、夜はボクの隣にやって来てボクの作業の邪魔をします。

撫でると嫌そうな顔をする割には、気付くと隣にいます。よくわかりません。

もう一匹はきれいな黒猫なんですが、高い場所を移動している事が多いのと、遭遇率が低いので写真は撮れていません。

そしてめちゃくちゃ人懐っこい犬。

まるで客の間を定期巡回しているかのように、定期的にやって来ます。

その足どうなってんのw

 

宿泊施設はコテージとキャンプサイトがあります。

 

キャンプサイトには特に何も設備は無く、1泊80プラ(≒824円)

 

宿のすぐ外を川が流れています。

ここでのんびりするだけでも、なんとなくオカバンゴ・デルタを感じられます。

 

面白いのが、シャワールームとトイレの出入り口。なんとドアが無い

 

ドアは無いけど、自分が入るときにはロープをひっかけます

トイレやシャワーは、出入り口から180度回った死角にあるので、ロープさえひっかけておけば、ドアが無くても外から見える事がありませんよと言う仕組み。

ドアが無いのはなんとなく落ち着きませんが、アフリカの宿のトイレのカギは壊れていたり、あとなぜかカギをかけ忘れる旅行者が多く、人がいるのについパッと開けてしまって「うわわわわソーリーソーリー!」となる事がしばしばあるんですが、このロープをひっかけるシステムだとそれが無いんですね。意外と合理的で便利な仕組みだなと思いました。

と言う事で、9月2日はどこにも出かけず、のんびりとブログを書いたりしていました。

 

翌日、9月3日は移動日。今回の移動。

一気に東に戻って、マカディカディ塩湖も通り過ぎて、ナタと言う町で分岐してちょっと北へ。

 

朝は7時くらいに起床して一気にお片付け。

全部パッキングしてスマホをちょっと触って、8時過ぎに宿をチェックアウト。国道までの1kmくらいを歩きます。

立地がすげぇ不便だけど、のんびりした所だったなー。車で来てると最高だよね。

 

国道で乗合タクシーを捕まえて、5プラ(≒51円)でマウンに到着した時のコンビ乗り場へ。

 

ナタに行くコンビはすぐに見つかりました。

時刻は9時。客はまだ5人くらいしか集まっていません。

コンビのドライバーが、ボクの荷物を座席の下に押し込もうとして、はたと手を止めてボクに訊きました。

ドライバー「壊れ物は入ってない?

_人人人人人人人人人人人_
> 壊れ物は入ってない? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

空港以外でこんな言葉をかけられたのは、アフリカ初どころか日本を出てから初です。すごい。ボツワナ人すごい。思いやりゲージ振り切ってる

壊れ物はまぁパソコンとかパソコンとかパソコンが入っていますが、そんな座席の下に押し込まれたくらいで壊れる入れ方はしていません。西アフリカではザックの上を人が歩いてましたし。「壊れ物無いよ!ノープロブレム!」

 

さて朝飯。チキン&フライドポテト。12プラ(≒122円)。

朝飯がこれか・・・。ビスケットかこれしか売られてないんだもん(´・ω・`)

ポテトは冷たくてしんなりしてるし、チキンはいったい何の肉かと思うほど固かったですw

 

フランシスタウンの時と違い、今日はコンビが満席になるまで待ちましたが、バンバン客がやって来るので、9時40分には出発しました。待ち時間わずか40分です。すばらしい。

ちなみにマウンからナタまでは80プラ(≒812円)。

 

13時30分にナタの少し手前のガソリンスタンドに停まって、トイレ休憩になりました。

ナタのコンビ乗り場で乗り換えて北へ行くコンビを探さないといけないんですが、今日泊まる予定の宿は周りに何も無さそうなので、とりあえずここで水と食料を買おうと、ガソリンスタンド併設の商店に向かおうとすると、乗って来たコンビの乗務員が「ナタからどこに行くの?」と訊いてきました。

ボクが今日泊まる予定の宿の周囲には町とかが無いので、「カサネ」と言うボツワナの北の端の町を答えました。

乗務員は「カサネ!」と声をあげるやいなや、国道の方を振り返り、ちょうど通り過ぎようとしていた別のコンビに手を振りました。え?まさかそのコンビって・・・。

乗務員「ほらカサネ行きだ」

都合良すぎるだろΣ(‘∀’)

このコンビは荷物スペースが満席で、ザックを乗客スペースに載せないといけないって事で、2人分の料金を請求されましたが、それでもエレファントサンズまで44プラ(≒447円)。早く行けるならまぁ良いかと、乗せてもらう事に。

あ、水と食料買いたいなー・・・と一瞬思いましたが、気が弱いボクは言い出せませんでした

 

ナタからエレファントサンズまでは50kmくらいありそうだったので、1時間くらいかかるかと思いましたが、道が良かったので40分ほどで到着しました。

ちょうど昨夜、ボツワナの歴史の話を読んでいて「独立時のボツワナの舗装路は国全体で13km」と言う衝撃的な話を読んだばかりなので、こんなにしっかり舗装路が続いている事に妙に感激しました。

そういや途中、隣に座っていたおばちゃんが「エレファント!」とボクの肩を叩いたので、指さす方を見ると、国道沿いをゾウが1頭歩いていました。すごいね、ゾウって国道沿いを歩くんだね

14時過ぎ、エレファント・サンズの前で下車。

なーんにも無いねー(‘ω’)

スマホを見ると、なんと圏外です。

おぉ、プラネット・バオバブよりも田舎じゃないか・・・。あっちは5km離れた所にグウェタがあったけど、ここらへんは本当に何も無いもんね。

 

国道から離れる方向に、未舗装路が続いています。

確か、ネットには「国道からエレファントサンズまでは動物が出て歩くのは危険なので、エレファントサンズに電話をかけて迎えに来てもらおう」と書かれていた気がするのですが、いやいや、圏外じゃぁないですか。どうやって電話をかけろと。

 

しかし、よく見ると地面には比較的新しい、人の足跡が往復5,6人分ついています。スニーカーっぽい足跡もあるし、欧米人旅行者が好みそうなトレッキングシューズの足跡もあるし、女性っぽい足跡もあります。って事は普通に歩けるって事だなと、歩いて行く事に。

しかし、ちょっと日差しが強いし、水が無いのがツラいな・・・。

砂の道をズブズブ歩いていると、左の方で音がしました。

ゾウさんおるやんかぁぁぁぁΣ(‘ω’)

「動物が出る」って情報に関しては正しかったわけですね。しかしすごいな、王滝村でのクマとの遭遇率よりも高い遭遇率じゃないか(長野県ローカルネタ)。

2km弱歩いて、エレファント・サンズ(Elephant Sands)に到着。

 

ちっこい犬と、

 

おっきい犬がいました。

ボツワナに来てから、宿のペット率が高くなった気がします。ボツワナ人は動物飼うのが好きなのかな?

 

宿に人に訊いても、案の定周囲に商店の類は無さそうだったので、今日は素直に宿併設のバーで食事をとる事に。

ステーキ&卵&サラダ。100プラ(≒1,015円)

うんまそーぉヾ(*´∀`)ノ”

しかしパンの類が一切付いていませんね、まさかボツワナで炭水化物ダイエットする事になるなんて

ステーキはオーダー時にレア・ミディアム・ウェルダンを選べました。と言う事は、ここの肉はレアでもいけるくらい新鮮って事ですよね。さすが牛大国。まぁボクは生っぽい肉は好きじゃないのでウェルダンですけど。

肉めっちゃ肉厚ー。

脂っこ過ぎないほど良い肉汁、固すぎず柔らかすぎずのおいしいステーキでした( *´艸`)

普段の食事と比べると高いけど、この量とクオリティは満足だなぁ。南部アフリカでは全体的に牛の飼育が盛んですが、ボツワナの牛は昔から品質が高い事で評判らしいですよ。ボツワナに来たらボツワナ牛をぜひ

1本15プラ(≒152円)もするコーラも飲みました。

ちなみに、水は500mlで10プラ(≒102円)。めちゃくちゃ喉渇いてたので、水1本目は宿到着時に買って一気飲みして、2本目はちびちび大事に飲むことに。

食事していると鳥が寄って来る・・・。

ボツワナの野鳥、全体的に図々しくないですか(;^ω^)

 

とりあえずテントを設置。キャンプサイトは1泊110プラ(≒1,117円)でした。ちょっとお高め。

 

日陰の少ないキャンプサイトなので、日が落ちるまでテントにはいられません。シャワーを浴びたり洗濯したり、少しうろうろしたり。

そうそう、エレファント・サンズは宿の敷地内にゾウがやって来る事で有名な宿なのです。と言うか、ゾウが来る水場の周りに宿泊施設を建てたと言う感じ。とにかく宿に居ながらにしてゾウを目の前で見られると言うのが、この宿の売りなのです。

ロッジが水場を囲みすぎw

ゾウは夕方や早朝に来るらしい。来ない場合もあるらしい。運次第ですね。

まぁ、スマホは圏外だし宿にWi-Fiも無いし、ゾウが見れても見れなくても1泊で出るつもりです。

 

飲み物メニューかな?と思ったら、どうも宿付近で見られる野鳥リストみたいです。

全部で6ページもありました。どんだけ野鳥いるねん(; ̄ω ̄)

 

その後はネットオフラインの中で日記の文章だけ書いたりしながら、ゾウが来るのを待ってみましたが、全然来ませんでした

ていうか、宿泊客がけっこううるさいんですよね・・・。いくらゾウがあんまり人間を気にしてなくても、さすがにこんだけ騒いでりゃ来ないだろ・・・と言うくらい騒いでました。まぁそれも運のうちデスヨネー。

 

やる事も無いし、夜はさっさと20時半くらいにテントに戻って横になりました。

まぁ、ゾウが見れても見れなくても、明日はボツワナ最北部、カサネに移動します。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. baum より:

    小カラスみたいな野鳥(?)意外と青っぽい羽が綺麗そう⁉️
    此方は、
    この数日で同時多発的に災害列島になってしまった(>人<;)
    改めて自然災害の恐ろしさを認識しています‼︎
    其方も気をつけて旅して下さい。

  2. wolt より:

    >>baumさん
    災害情報はツイッターやその他あらゆる情報筋から、すぐに話が入って来るので把握してますよ~。日本全国に知人友人がいるようなもんですから。
    平成最後の夏ヤバいですね!

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA