バニー・チョウ(Bunny Chow)

南アのローカルフード(?)バニー・チョウを食す(2018年7月9日)

はろー!

今回は南アフリカのローカルフード(?)、バニーチョウを食べました

書く事無さ過ぎてついに食べ物単品がネタになるって言う。

 

「レンズは月曜日になると思う」の言葉を信じてカメラ・クリニックからの電話を待ってみましたが、一向にかかって来ません。12時にこちらからかけてみることに。

電話の人「カメラ・クリニックです。」

ぼく「あのぼくですけど。レンズどうなった?」

電話の人「わかりません、まだだと思います。また水曜日にかけてください。」

ぼく「水曜日???この前あんた月曜日って言うたやん?

さすがにちょっとイラッとしますね。

ていうか、実はこの電話の女性が誰かよくわからないんですけど、どうも全然状況を把握してなくてテキトーにしゃべってる気がするんですよね。実際行った時にはふとっちょの感じ良いおばさんか、おじいさんのニックさんしか見た事無いのです。

なんて言おうか考えていると、ボクの前にいた宿のオーナー(宿の電話を借りてるので、ボクはカウンターに張り付いて話してる)が、電話を貸せとジェスチャーしています。すぐさま宿のオーナーに電話を替わりました。

オーナー「あんた、『明日、明日、月曜日、水曜日』って、いつまで待たせるんだ!?こっちは宿泊費もかかってるんだぞ!!」

オーナー「わからない?さっさと聞いてこい!10分後にまたかけ直して来い!」

オーナーさんかっこいい。ボクがぐずぐずして言えない事全部言って下さいました。ボクかっこわるい

1週間ほど前に宿のオーナーに粉末のミロを少し分けてあげたのがここで返ってきた感じですね。情けは人の為ならずですね。ミロくらいどんどん振舞いますよ!!

 

15分待ってもかかって来なかったので、またこちらから電話して(もらって)、明日(火曜日)の朝8時に取りに来るように言われました。

まぁ肝心の「直ってるかどうか」が全然訊けていないのですが・・・。明日受取って状況に変化無かったらどうしよう。




14時過ぎに、近くのショッピングセンターのカフェにやって来ました。

南アに来てからずっと気になっていた食べ物を食べる為です。

それがこちら。バニー・チョウ(Bunny Chow)40ランド(≒332円)

バニー・チョウ(Bunny Chow)

写真だと大きさがいまいちわかりづらいんですが、結構な迫力。バニー・チョウは食パンのかたまりをくり抜いた中にカレーを詰め込んだ南アフリカのローカル・ファーストフードなのです。上の奥にちょびっと乗ってる白いのはくり抜いた食パンなんですが、あきらかに少ないような気がします。残りはどこ行ったんだ

バニー・チョウは、南アフリカにやって来たインド系移民発祥の料理らしいので、お味は完全にインドです。でもインドにこんな料理は無いので、これはれっきとした南アフリカ料理に分類されています。

ブレッブレで申し訳ありませんが、上からの図。

みっしりカレーが詰まっている雰囲気を感じて下さい。

お昼をとっくに過ぎたいわゆるティータイムの時間帯のカフェで、この360度全方位カレーの匂いをまき散らす物体を食すと言うのはすごく申し訳ない感じです。まぁわかってて頼みましたが。ではいただきまーす。

思った以上に本格的にインド!!!(((;゚Д゚)))

インド系移民が80万人住んでいると言われるダーバンですから、ショッピングセンターのオシャレ系カフェでもふざけたカレーを出すわけにはいかないのかもしれません。スース―した清涼感が残りますし、ホールのクローブがボロっと出てきます。

それにしても食パンの耳部分が意外と気合が入った固さで、しかもカレーが染みてしっとり感も出ているので、ナイフで切りにくい事この上ない。えらく食べにくいファストフードですな。

一部を切った状態。

カレーの具は骨付き鶏肉が3片と、ごろっと大きいジャガイモが入っていました。どっちも味がよく染みています。

カレーそのものよりも、カレーをたっぷり吸ってじゅわっとなった食パンが非常に好みでした( *´艸`)

これ、日本のカレーでもやって美味しいんじゃないですかね。食パンは半分くらいの厚さで。日本のカレーだとちょっと粘度が高すぎて馴染まないかもしれませんけど。

気になっていたバニー・チョウは予想よりもおいしく、そして予想通りがっつり系でした。

 

あ、そう言えば先日ちょいおこだったスマホの充電ケーブルですが、夜に抗議しに行って一夜明けたら返ってきました。なんか4人組でテキトーに使い回しているうちに、元あったのと混ざって行方不明になっていたようで、最終的に車の中にあったようです。借りたモンの管理くらいちゃんとしろ(#^ω^)

 

さて、明日は朝からカメラとレンズを取りに行って、もし直っていたらそのままダーバンを出てスワジランドに向かいます。

もし直っていなかったら、考えたくもないですが、ダーバンに延泊して日本へ送付作戦が始まります。

では今回はこれにて(=’ω’)ノ

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA