モーリタニアからセネガルへの移動情報まとめ

モーリタニア(ヌアクショット)からセネガル(サン・ルイ)への移動情報

世界一周中のwoltです!

2018年2月26日にモーリタニアのヌアクショットから、セネガルのサン・ルイへ移動したので、移動及び国境越えの情報をまとめました。

目次
  1. モーリタニア(ヌアクショット)からセネガル(サン・ルイ)への移動情報
  2. ヌアクショット中心部からガレ・ジュ・ロッソ
  3. ガレ・ジュ・ロッソからロッソ
  4. ロッソバスターミナルから国境
  5. モーリタニア側イミグレーション
  6. 国境の川越え
  7. セネガル側イミグレーション
  8. 国境からバスターミナル
  9. 国境のバスターミナルからサン・ルイのバスターミナル
  10. サン・ルイのバスターミナルからサン・ルイ島
  11. モーリタニアからセネガル国境越えまとめ

 

ヌアクショット中心部からガレ・ジュ・ロッソ

ロッソ国境行きの乗合タクシーが出ているガレ・ジュ・ロッソ

ヌアクショット中心部から約10km南下した所に、ガレ・ジュ・ロッソ(gare du rosso)と言う長距離乗合タクシーが集まる場所があるので、まずはここを目指しましょう。

他の方のブログや日記で「ガレージ・ロッソ」と記載されているのも、たぶん同じ場所の事です。日本人の耳には「ガレージ・ロッソ」と聞こえます。

また、ある方のブログではガレ・ジュ・ロッソより4,5kmほど北にある旅行会社から乗合タクシーに乗ったような話も書かれていました。旅行会社から出る便はある程度決まった時間に出るので、後から考えるとそっちの方が良いかもなぁと思いました。

中心部からガレ・ジュ・ロッソ

ヌアクショット中心部(市場前)からガレ・ジュ・ロッソへは、タクシー(乗合い)で500ウギアでした。

ボクは朝7時半ごろに宿を出ましたが、満車が多くて流しのタクシーを捕まえるのが難しかったので、市場前のタクシーが集まる場所まで行きました。ちょっと自信ないけど、多分この辺。

写真で言うとこの角。

乗合いでない場合はもっと高いと思いますが、2,000ウギアは超えないと思います。走り始めると15分ほどで着きます。

▲目次に戻る

 

ガレ・ジュ・ロッソからロッソ

ガレ・ジュ・ロッソは、黄色い塀に囲まれた駐車場のような場所です。塀の中に入ると、そこそこ人がいて賑わっています。

ロッソ行きの乗合いタクシーが出る場所には「Rosso」と書かれた立て看板が立っていますが、多分こちらが看板を見つけるより先に、客引きに捕まると思います。

ロッソまでは乗合いタクシーで2,500ウギアでした。

ボクの時はなかなか客が集まらず、ガレ・ジュ・ロッソに着いたのが8時10分で、出発したのが9時15分頃でした。

▲目次に戻る

 

ロッソバスターミナルから国境

途中休憩が1回あって、ロッソのバスターミナルには3時間15分で到着しました。

イミグレが12時から15時まで閉まるので、本当は12時より前に到着するのが良いです。

バスターミナルから国境へは数百メートル。大通りをそのままバスの進行方向へ歩いて行けば良いです。

バスターミナル周辺には何もありませんが、国境に近づくと賑わって来ます。

ロッソの両替

ロッソの町には銀行も闇両替もあるので、モーリタニアウギアはここで両替できます。

ボクは闇両替に連れて行かれたのですが、レートが良かったので闇両替で全部替えてしまいました

公定レート1ウギア=1.510CFAの時に、1ウギア=1.50CFAでした。

両替商そのものは怪しげな店構えに反してマトモだったのですが、「数えてやる!」と言ってお札を奪おうとする外野がたくさんいますので、そういった輩とのバトルを避けたい方は銀行で両替した方が良いと思います。

銀行のレートは見てないのでわかりませんが、国境に入る直前、国境に向かって左に伸びる大きな通りの右側に大きい看板を出した銀行がありました。

パスポートコピー

モーリタニア側のイミグレ前に立っている警備員にパスポートコピーの提出を求められます。

本当にそういう規則かどうかは知りませんが、いずれにせよパスポートコピーが無いと入れてもらえません。

ボクは持っていなかったので、近くのコピー屋で50ウギアでコピーしてもらいました。

▲目次に戻る

 

モーリタニア側イミグレーション

12時~15時は外国人は出国できない

モーリタニア側は昼休憩は無いと聞いていたのですが、外国人の窓口は12時~15時の間閉まっていました。モーリタニア人はバンバン出国しているのですが・・・。

他にも外国人は十数名足止め食らっていたし、後で出て来た偉い人も「12時~15時はクローズ」と言っていたので、これは本当っぽかったです。

実際は15時ではなく、15時半に開きました

謎の外貨チェックに注意

待ってる間、制服を着てない、よくわからん輩がたくさん近づいてきます。

謎の外貨チェックもその1つで、ボクは待ち時間がヒマだったので応じてみました。

ユーロと米ドルを出せと言われます。多分、大量に持っていると「数えてやる」とかなんとか言って数枚抜き取られるんだと思いますが、ボクは100ドル札1枚と50ユーロ札3枚しか持っていなかったので、さすがに抜き取りようが無かったのか、特に何事も無かったです。

別に何か書類を書くわけでもなかったので、外貨チェックには一切応じなくて良いと思います。

クソ係官に注意

日記の方でやり取りを詳しく書きましたが、クソ係官がいます

これがまた厄介で、制服も着てるし、ちゃんとしたイミグレの職員なのですが、パスポートを人質に取って「2,000CFA払わなければ出国スタンプも押さないし返さない」と言って来ます。

ボクは「昼休憩後に押すから」と多くの人のパスポートを回収して回っている職員(たぶん普通に仕事してる)に渡したはずなのですが、クソ職員は事務所に置いてあったパスポートの束から、ボクのパスポートだけ抜き取って来たようです。

クソ職員の特徴は、中東系(黒くない)、ターバン、でかいサングラス、英語を話す、身長175cm~後半くらいです。他の職員は黒人が多いし英語も通じないので、こいつはかなり目立ちます。こいつには絶対パスポートを渡したらダメだし、話してもダメです。

なお、多分このイミグレで一番?偉い人は小柄で丸っこいおじさんで、この人は良い人でしたし、クソ職員もこの人の前ではおとなしかったです。どうしても揉めたら偉い人に頼ると良いと思います。

ボクと同時にイミグレに来たバイク乗りの欧米人旅行者は、バイク税と言う名目でクソ係官に30ユーロ払っていたようです。そんな税があるかどうか知りませんが、乗り物で来る人は更に注意して下さい。

国境は全部無料

モーリタニアイミグレの所長さんっぽい人いわく、「モーリタニアの出国スタンプは無料、船も無料、セネガルの入国スタンプも無料」です。

変なヤツに会っても、絶対に無料だ!と言う確信を持って戦って下さい

▲目次に戻る

 

国境の川越え

大きい船と小さい船があります。

徒歩であればどちらに乗っても構いませんが、大きい船は16時発で無料、小さい船は常時行き来していて500CFAでした。

▲目次に戻る

 

セネガル側イミグレーション

ボクはセネガル側では全く嫌な目には遭いませんでした。

と言うか、セネガル側は2分で入国スタンプをもらいました。イエローカードの提示すら求められず、逆にこっちから「イエローカード良いの?」と聞きたかったくらいです。

ただ、ここで嫌な目に遭ってる人も多いので、モーリタニア側同様、十分注意して下さい。

▲目次に戻る

 

国境からバスターミナル

サン・ルイ行きの乗合タクシー(セット・プラスと言う7人乗りの車)はこの辺りから出ています。

屋根もあって、思いのほかバスターミナルらしいバスターミナルなので、見落とす事は無いと思います。徒歩5分ちょいくらいです。


▲目次に戻る

 

国境のバスターミナルからサン・ルイのバスターミナル

セネガルは人の料金+荷物代が別で発生するみたいですので、乗る時は荷物代込みかどうかを確認して下さい。

他の方のブログでは荷物代込み2,500CFAでした。ボクは荷物代込み3,200CFAだったのですが、国境で疲れて交渉する元気はありませんでした・・・。

サン・ルイのバスターミナルへは2時間半ほどで着きました。

▲目次に戻る

 

サン・ルイのバスターミナルからサン・ルイ島

乗合タクシーはサン・ルイのバスターミナルに着きます。サン・ルイ島へは、5,6kmほどあります。

途中、サン・ルイ島の近く(1.5kmほど)の所を通過するので、GPSマップとにらめっこして良い所で停めてもらい、降りて歩いても良いと思います。

サン・ルイのバスターミナルまで行ってしまった場合は、バスかタクシーでサン・ルイ島まで行けます。タクシーは、バスターミナルで「サンルイヴィル!(もしくはサンルイイル)」と言って探せば良いです。2人の乗合で1人500CFAでした。地元の人も同じ額払っていたので、これは間違いないと思います。

バスは乗っていないのでわかりませんが、1番バス、3番バス、7番バスならサンルイ島の南側を走っていたので、これに乗ればいつか着くと思います。が、タクシーが500CFAだしすぐ着くので、別にタクシーでも良い気がします。

▲目次に戻る

 

モーリタニアからセネガル国境越えまとめ

ごちゃごちゃしてしまいましたが、以下に注意点をまとめます。

  • ヌアクショットはとにかく早め(明るくなり次第)に出る
  • できれば12時前に国境を越える
  • もし昼休みにかぶってしまっても、パスポートは誰にも預けない
  • 国境及び国境周辺では、絶対にお金を人の手に渡さない

こんな感じです。どうもモーリタニア側は昼休憩時(偉い人や普通の職員がいない時)に、変なヤツが跋扈するようだったので、とにかくヌアクショットは早めに出るようにして下さい。

と言っても、ボクも7時半に宿を出て8時10分にガレ・ジュ・ロッソに着いているので、そこまでのんびりしてた訳ではないんですが・・・。

自分が早く行動しても、乗合いタクシーがなかなか人が集まらなくて出発できなかったりするのは完全に運次第なので、12時に到着できなくても慌てないよう心の準備をしておきましょう。

 

モーリタニア側のイミグレは、クソ職員1人以外はまともな職員みたいでした。が、他の職員にパスポートを預けてもクソ職員が勝手に持ち去ったりします

なので、本当に出国スタンプをおしてもらうその時までパスポートは自分の手から離さないで下さい

 

あ、あと1回、「セネガルビザは?」と唐突に言われて面喰いましたが、日本人はセネガルビザは不要です。

どうも、中国パスポートだとセネガルもビザが必要らしく、中国と日本をごっちゃにしてる人が「ビザは?」と訊いてくる事がありますが、悪気あるわけでもいちゃもん付けて来てるわけでもないので「日本人はビザいらんよ」と普通に言えばOKです。

 

と言う事で、モーリタニアからセネガルへの移動情報でした!では良い旅を(=’ω’)ノ

▲目次に戻る

 

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA