西サハラのダクラからモーリタニアのヌアディブへ移動!(2018年2月19日)

あっさらーむあらいくむ!

今回は西サハラのダクラから、モーリタニアのヌアディブにバスで移動しました!

 

旅行者向けに、国境越えと移動に関する情報をまとめました。詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ。
[レポート]西サハラ(モロッコ)からモーリタニアへの国境越え情報まとめ

 

朝8時にSupratours前に来てね!と言われていたので、朝7時30分に宿を出発。

どこかで朝飯食べようかと思って早めに出たんですが、カフェはどこも閉まってるか、掃除中ですね・・・。8時に一斉に開店するっぽい雰囲気が漂っています。

辛うじて開いていた売店で、パンを買いました。

何も入ってない素のパンです。でも焼き立てだ!

外側カリッと、中はふわふわ。噛むとじんわり甘い。焼き立てパンは正義ヾ(*´∀`)ノ”

 

バスはちゃんと8時にやって来ました。

最初、乗客がボク1人のまま走り出して不安になりましたが、そのまま市内のバスターミナルやSupratoursオフィスをまわって乗客を回収して、乗車率50%くらいまでなりました。乗客回収に1時間くらいかけて、実際にダクラを出たのは9時。

 

休憩は1回。砂漠の中のガソリンスタンド

前々回も同じフレーズを言った気がする・・・。

パンだけの朝飯が寂しかったので、ゆで卵と、非常食用にビスケットを買いました。合わせて6ディルハム(≒70円)

旅行に出てから、ゆで卵のおいしさに初めて気付きました。このシンプルな食べ物すばらしいです。

 

景色はずっと砂漠。

起伏も無いし、本当にずっと同じ景色です。寝るしかない。あ、いつも寝てますけど。

 

14時30分に国境に到着。バスの乗客はほとんど国境より手前の町で降りて、国境まで来た人は僅かでした。

国境の方にカメラを向けるとたいてい怒られるので、国境に背を向けて反対側を撮っています・・・。

とりあえずバスからは降りて、モーリタニア側の旅行会社の車に乗り換えのはずなんですが、どこに行けばいいのかな。

 

バスのチケットに書いてある「EL MOUSS」と言う旅行会社のロゴを周囲の人に見せて尋ね周ると、国境の向こうだよ、みたいなジェスチャーをされました。

ちょうど国境を越えるおじさんがいて、一緒に行ってくれる事になりました。名前はターキさん。主にフランス語、わかればスペイン語、たまに英語で話してくれます。

モロッコ出国のイミグレは、なんだかゴネてるおばさんがいるし、列になってないしで、たいした人数でもないのにくちゃくちゃになっていましたが、ターキさんのおかげで(ターキさんのパスポートと一緒にぐいぐい窓口に押し込んでもらった)スムーズに出国できました。

 

乗り継ぎの車は、モロッコ出国のイミグレを出てすぐの場所に停まっていました。黒いワンボックスカーで、でっかく『Wi-Fi』と書かれています。一応試しましたがWi-Fiは飛んでませんでした。まぁWi-Fiなんか飛んでたら腰を抜かす所です。

モロッコ側イミグレとモーリタニア側イミグレの間はちょっと距離がある上、道が無いと聞いていたので、ちゃんと車が待っててくれてほっとしました

 

ここにSIMカード売りや両替商がたくさんいて、ちょっと懐かしい気持ちになりました。そう言えばここしばらく、こういう国境通ってなかったな~。

両替のレートはあまりよくありませんでしたが、もともと持っていたモロッコディルハムがたいした額じゃなかったので、ここで両替してしまいました。

100ディルハム(≒1,161円)が3,600モーリタニアウギア(≒1,091円)になり・・・

・・・

・・・

ちょっと待て!これ360ウギアしか無いじゃないか!なめとんちゃうぞぉヾ(#`皿´)ノ”ムキ-

と言うと、両替商やターキさんが、何かを一生懸命説明して来ます。

ちょっと古びた「1,000ウギア札」を出して、「古い1000と、新しい100って書いたお札は同じ!」と言っています。

な、なんだそれ!?新旧のお札でケタが違うってありえるのか・・・?(´・ω・`)?

両替商は、人の好さそうな若者たちで、嘘をついているようには見えませんが、にわかには信じられなかったので、高額紙幣は古いケタの多いお札に変えてもらいました。

と言う事で3,600モーリタニアウギア(≒1,091円)ゲット!

3,600モーリタニアウギア

 

車が出発するのを30分くらい待っている間、暇そうな両替商やSIMカード売りがやたら話しかけてきました。

やっぱりみんな話せる外国語はフランス語で、英語はほとんど通じません。が、「あぶろ えすぱにょーる ぽこ、ぽこ!(スペイン語ちょっと話すよ!ちょっとね!)」と言うと、スペイン語話せる人が何人かいて、ガンガン話しかけてきました

おぉ、わかる!わかるぞ!気分は「読める!読めるぞ!!」の時のムスカ大佐です。スムーズには出て来ないけど、なんとか簡単な会話にはなります。

スペイン語、意外とアフリカで役に立っています。嬉しいです。フランス語ならもっと役に立ったんでしょうけど。

「英語しか話せない」と言うと「英語かよヤレヤレ」みたいなリアクションをされるんですが、「スペイン語ならちょっとわかる」と言うと「あぁ~そっちかー!」みたいなリアクションです。多分この辺の人達の感覚ではフランス語>>スペイン語>英語なんだと思います。

 

30分ほどで車は出発。このイミグレとイミグレの間がまた、なんか変な場所で、廃車が至る所に転がっています

※完全に不整地で揺れまくるし、窓ガラスに濃いスモークがかかっていたので、うまく撮れませんでした。

廃車はたいがい、タイヤ、シート、窓ガラスはもちろん、エンジンや中身の部品も一切無くなっていて、朽ちたフレームだけが砂に埋もれかけているような状態でした。なんだこの人類が滅びた後の世界みたいな・・・(;・ω・)

中にはフレームすら完全でなくて、前半分しか無かったりするのもありました。部品が無いのはまだ分かるとして、フレームが半分しか無いってどういう状態だ・・・?

 

モーリタニア側のイミグレでは、まずビザ取得です。モーリタニアビザは空港や国境で取るのです。

ここからは旅行会社のドライバーが付き添ってくれて、楽に進む事ができました。

モーリタニア側のイミグレはなんか妙にゆるい雰囲気で、

係官「スマートフォン出して」

ぼく「はい」(ドキドキ)

係官「良いね!俺の古いのと変えてよ!」

ぼく「ふぁっ!?」Σ(‘ω’;)

係官「笑笑笑」

とか、歩いていて、前を横切った係官(さっきの人と別)の足に接触した時は

ぼく「あっごめん!」

係官「お~~~ぅ!お~~~ぅ!」(足を引きずって去って行く)

ぼく「わぁごめんなさいごめんなさい」Σ(‘ω’;)

係官「笑笑笑」

とか。なんかあちこちでからかわれました(; ̄ω ̄)

モーリタニア人同士も雑談してケラケラ笑ってるので、ジョークの好きな国民性なのかなぁ。

 

最後に偉そうな人の部屋に通されて、面接がありました。ヌアディブでの滞在ホテルと、出国までの訪問都市を質問されました。ホテルは名前だけ、あとは適当にそれっぽく答えてOKでした。

 

と言う事で、25カ国目モーリタニア入国!

国境の通過には1時間半ほどかかりました。時刻は16時過ぎ。でっかくWi-Fiと書かれた車でヌアディブへ。

と思ったら、モロッコ出国後に分かれたターキさんが乗って来ました。どうもヌアディブに行きたかったようです。さっきボクにヌアディブまでの値段を訊いたのはそういう事か。

 

ドライバーに「ヌアディブのどこに行きたい?」と訊かれて、特に考えていなかったので、グーグルマップで「hotel」で検索した結果をそのまま見せると、「『Baie Du Levrier』なら知ってる」と言うので、そこへ行ってもらう事に。国境からヌアディブは1時間もかかりませんでした。

 

『Baie Du Levrier』に到着。えーと、ここホテル?(;^ω^)

なんだか長屋みたいです。

オーナーはいなかったですが、ドライバーさんが電話をかけてくれて、多分了解をもらって部屋のカギをくれました。

おぉ、普通に宿だ。ベッドはインドによくある、シングルベッドを更に2/3にしたような幅のベッドです。

バスルームも意外とキレイです。

Wi-Fiも飛んでるし、見た目よりちゃんとしていました。1泊5,000ウギア(≒1,516円)は少し割高感はありますが・・・。

 

ATMと飯屋を探しに外出。

おー、まぁまぁ都会じゃん!

・・・と思ったんですが、ATMはどれもこれも使えないし(カードが入りもしないか、即返って来る)、飯屋も見当たらないしと、なかなか不便な所でした。スマホショップや家電屋ばっかりあるエリアだったみたいです。

 

仕方ないので、持っていた50ユーロだけ両替する事に。そんなにたくさんユーロ持っていないので、大事に使いたいんですが・・・。

でも、両替屋でお金の新旧対応表を発見しました。

国境でみんなが言っていた事は本当でした。新紙幣はケタが1つ減るみたいです。

・・・

いやいやいやいや、政府何やってんの?バカなの?Σ(‘ω’)

ベトナムみたいにインフレでやたらケタが大きくなってたり、ウズベキスタンみたいに100米ドル両替したらポケットに入らないくらいの札束になったりして不便だってんならともかく、100円=330ウギアだぜ?もともと困るほどのケタじゃないやろ!それにケタ1つ減らした所で何?って言う・・・。こんなの混乱しまくるだけじゃん。

モーリタニアのお金はしばらく気を付けんといかんですねー・・・(; ̄ω ̄)騙されそうだし普通に間違えそう

 

結局飯屋が見つからなかったので、缶詰とパンを買って来ました。

朝は素のパンとゆで卵だったし、夜はパンと缶詰だし、なんだか一気に質素になりました。この先どうなるんでしょう。

 

とりあえずヌアディブには何も考えずに2泊する事にしましたが、どうも何もやる事なさそうな感じです。実は次の移動もハードそうなので、明日はのんびり過ごします。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. Tom より:

    モーリタニアはモロッコよりさらにのんびりしてるみたいですねー。領土問題ももしかしたらお互いにそんなにこだわってなくて、砂漠だし、使いたい人が使いたいんじゃなーいって感じでやってたら、国際的に大批判になっちゃったとか??

  2. baum より:

    モーリタニア人に遊ばれているるようですね〜(⌒▽⌒)
    日本人は子供に見えるのですかね?
    アジアでは平昌五輪盛り上がってますよーo(^_^)o

  3. wolt より:

    >>Tomさん
    モーリタニアののんびりっぷりはすごいですね~一気にアフリカ感が出ましたw
    領土問題はほんと、どう考えてるんでしょうねぇ。振り返ってみるとモロッコ人に訊きたかったような気もします。

    >>baumさん
    ここ数日ネットに繋がってなかったので一気にニュースから遠のきました!w
    五輪よりも、藤井五段が羽生竜王を破ったニュースの方が衝撃でしたね~

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA