嬉しい再会の多い日(2018年1月7日)

おらー!

今回はサンティアゴ内で宿を移動しました。

・・・え?えぇそれだけです。1週間遅れの正月モードと思って下さい。

 

朝は昨日の宣言通り、缶詰シリーズ。今日はちょっと奮発して、2.1ユーロ(≒287円)のホタテ貝の缶詰

中身はいわゆるベビーホタテでした。

トマト味でオイリーでパンに合うー(*´ω`)

汁も残さずパンですくって食べました。うまかた。

 

チェックアウト時間ギリギリまで元の宿で待機して、チェックアウト。

で、サンティアゴ大聖堂の横を通ると・・・なんと向こうから見た事のある人が。レオンまで一緒のペースで来ていた韓国人とイタリア人でした。

レオンのクリスマスの朝、掃除の間アルベルゲから放り出されてレオンの町をアテも無く一緒にうろうろした3人組の内の2人です。

もう1人は・・・「チン君は?」と訊くと、彼もいっしょに今朝ゴールしたとの事。今は大聖堂の中にいるんだとか。チン君はクリスチャンとしては一番敬虔でしたからね。

3人で今朝ゴールして、宿に荷物だけ置いて、12時のミサに参加するために大聖堂の近くをうろうろしてたようです。気になっていたので、偶然会えて良かったです。

ていうか彼ら、ボクの捻挫の事をもう知っていました。既にオーストラリア一家に会ったみたいです。ご縁の密度が濃すぎて笑うw

 

サンティアゴ大聖堂の前には、昨日までは見かけなかった汽車型の車が停まっていました。

日曜だからかな?でもこんなのに乗るほど観光客は多くないと思うけど。

大聖堂の向かいにあるこの建物、初日から気になっていたんですが市役所らしいです。

建物もすごいし立地もすごい。

 

少し時間をつぶして次の宿へ。

 

宿はちょうど新市街地と旧市街地の境目、新市街地側にあるビルに入っていました。

ちょっとわかりにくいですが、道を挟んで右側が旧市街地、左側が新市街地で、いきなりKFCやバーガーキングが並んでいます。

 

宿でのんびりして、午後飯を食べにおでかけ。ちょっと天気が崩れ気味。

 

昨日のタパスの値段が怖かったので、今日は10ユーロ(≒1,365円)セットメニューのある店へ。

まずはコーヒー。

どこで飲んでも、あわあわのカフェラテが出てくるの嬉しい。

1品目、エンパナーダ(empanada)

エンパナーダ

エンパナーダって料理は各国にあるらしいですが、ガリシア風エンパナーダはスペインの中でも有名らしいです。

思ったより薄っぺらいけどどれどれ・・・。

おぉ、魚貝系だ!

外側は全粒粉が混ざってるのかな?ちょっとポソポソした密度が高い感じの生地です。

中身は、刻んだタマネギ、白身魚と貝を細かくほぐした物を、トマト味で煮込んだ物が入っています。

魚と貝の風味がしっかり感じられるのが嬉しい(*´ω`)

ただ、作り置きっぽいので温かくないのがちと残念。贅沢言うなら出来立てを食べてみたいものです。

 

2品目はタコのガリシア風(プルポ・ア・ラ・ガジェガ)

タコのガリシア風(プルポ・ア・ラ・ガジェガ)

実は今日はこれが食べたくなって、セットメニューでこの料理を提供している店を探し回ったのです。

先日どこかで食べたのよりちょっとボリューム感が足りないけど、やっぱりおいしそう!いただきまーす。

んーやむやむ( *´艸`)

タコはやっぱり柔らかーくて、香りが良いオリーブオイルが溢れんばかりに振りかけられています。粗塩を使っていてジャリっとした食感もまた好み。

でもやっぱり量がちょっと少ない。もっと食べたい食べたいヾ(‘ω’)ノ”

 

デザートはプリンでした。

家で作ったような、焼面が固くなってるプリンを少し崩してグラスに入れてありました。いえいえあの固い焼面が意外と好きなんですよ!

めちゃ粘度の高い濃いカラメルソースが特徴でした。

 

帰り、明日の朝飯を買いにちょっと商店に入ってみたら、

なんと、中国や韓国の食材のお店でした。

ってか日本の調味料もけっこうあります。どうしよう、すごい懐かしさを感じる

しかしその・・・1.5リットルくらい入ってそうな焼きそばソースは、多分日本人の大半は一生購入しないと思う。焼きそば屋台でもやるのかな。

 

どんどん天気が崩れて来たので、逃げるように宿へ。

 

で、買った物は干し芋。1.3ユーロ(≒177円)

日本のスーパーで売られてる干し芋ってバカ高いけど、妙にお手頃価格。中国のだからかな。

そしてもう1つはコレ!

あーらよっ出前一丁!(なぜか微妙に中国仕様)

1.6ユーロ(≒218円)もしましたが、ついw

ボクは大阪生まれでほぼ関西育ちですが、両親が九州なのでラーメンはトンコツなのです。トンコツラーメン見たら買わざるを得ませんでした。明日の朝が楽しみです(*’ω’*)

 

ところで、宿の出入口のドアを開けようとすると、一瞬早く内側から誰かがドアを開けました

そのドアを開けた人と言うのが、カミーノ6日目で一緒に教会アルベルゲに泊まった韓国人親子2人組の息子クン。けっこうマジでびっくりしました。あっちもびっくりしてました。

で、もちろん宿の通路で母親さんにも再会。やっぱりびっくりしていました。

 

後でゆっくり情報交換。彼らは今日着いてこの宿に入って来たらしい。

ただ、ボクより進行が一足遅かった彼らはクリスマスにアルベルゲ難民になって、歩ける範囲にアルベルゲが無かったので仕方なく電車を使ったらしいです。やっぱりがんばってクリスマスにレオンに到着した判断は正しかったみたい。

あと、ボクがレオンで会った日本人女子大生(ボタフメイロを教えてくれた子)も、今日同時に着いたらしい。そっちも心配だったので、到着情報を聞けて良かったです。

どうでも良いですが、中学生くらいと思っていた息子クンは20歳でした。色白で髭もないし、ぽやっとした表情とかから完全に中学生かと・・・wママンと2人旅だし。

同じ人種のボクでも驚いたんだから、きっとカミーノ中に多くの欧米人を驚かせた事でしょう。彼らからすると小学生くらいに見えるんじゃなかろか。

 

今日はほとんど動いていませんが、嬉しい再会が多くて気になっていた巡礼者達の情報はほぼ手に入りました。なんとなく一安心です。みんながんばったんだなぁ。

さて、食っちゃ寝生活をしていますが、明日からぼちぼち雑用を済ませたいと思います。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. baum より:

    商店=スーパーマーケット=超市(chaoshi:中国語)
    お店の看板を見ると中華系は一目瞭然だね^ ^
    因みに’超人’はスーパーマン!

  2. baum より:

    一昨日は、大聖堂の前にトヨタの白い車!
    そして今日は、汽車型のクルマ(?)しかもやっぱり白!
    何かあるんですかねぇ?

  3. Tom より:

    同士再会って感じです。同じ経験をしたもの同士言葉は通じずとも仲良くなれそう。
    出前一丁見つけましたか!結構出まわっていますね。日清のソース焼きそばもときどき出回ってますよ。でも珍しいですね、現地食で通しているWoltさんが日本(風)のものを所望されるとは。正月料理?

  4. wolt より:

    >>baumさん
    店の看板よく見ずに入ったので、入ったら赤色系の商品ばっかりでびっくりしましたw
    そう言えば車も汽車も白ですねー。意識してるのかな?

    >>Tomさん
    心の準備をせずに入った店に日本系食が並んでいたので嬉しくなってつい^^ゞ
    ソース焼きそばも良いですね~飲み物みたいな量の焼きそばソースはさすがに買う気にはなりませんが、カップ麺だったら買うと思います!

  5. y.kujime より:

    ホタテ缶詰美味そうですね。日本のはどれも醤油味?で非常食みたいだ。

  6. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    ホタテうまかったです٩( ‘ω’ )و
    スペインの缶詰も、味付けのレパートリーが多いわけではないです。ただのオイル漬けorトマト味って感じで。缶詰はその国のもっとも馴染みやすい味になってしまいがちなようですw

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA