カミーノ21日目!なんてヒドイ年末だ!w《Cebreiro⇒Triacastela》(2017年12月31日)

ブーエン・カミーノ!

今回はカミーノ21日目!セブレイロからトリアカステラまで歩きました!

12月31日の記録
  • 移動距離:20.1km
  • 出発地:Cebreiro(セブレイロ)
  • 到着地:Triacastela(トリアカステラ)
  • 累積上昇:642m
  • 累積下降:1,236m

※横軸が距離[km]、縦軸が標高[m]

 

先に言っておきます!今日は写真がめっちゃ少ないです。

超絶悪天候で、カメラをさっさとしまってしまったのと、収納しておいたにもかかわらず湿度でレンズがやられて、雨が上がってからも全然撮れなかったからです(ノω;)

 

ボク(やオーストラリア一家)は昨日、セレブレロまで割とラクショーな感じで登って来ましたが、山に慣れてない巡礼者には結構な難所だったようで、昨夜は暗くなってからも続々とヘロヘロの巡礼者がチェックインしてきました。

そのせいか今朝はみんな朝が遅かったです。ボクが出発する頃にようやく起き出してきた感じでした。

8時20分くらいに出発。

まぁ8時30分に出ても、暗い山道で歩きづらかったですが・・・。

 

出発時点では風は冷たくて強かったものの、雨はまだ降ってませんでした。

 

しばらくは林道を進みました。

 

雲行きは怪しいものの、視界は良好。

 

峠らしきところに差し掛かりました。

ここまでもかなり強風でしたが、この峠以降はもう爆風。横から煽られると山道から落ちそうになるし、正面から吹くと立ち止まって踏ん張らないといけない(;´Д`)

この標識が折れ曲がるようになってるのも、きっと強風対策。

 

風と闘ってる感じの巡礼者の像もあったので、きっとここは風が強い場所なんだろうなと思います。

峠を過ぎて、少し歩いて山陰に入ったこの写真が、今日ペンタックスで撮った最後の写真ですw

この後、小雨が降り始めたと思ったら一気に暗くなって、雲に囲まれて、あっと言う間に本降りの雨。

激しくなりそうなので、とりあえずカメラをしまってレインウェアを着て進んで、山陰から出ると先程と同じ爆風&雨

 

ボクはハンググライダーを少しやってた事があるので、風速の感覚はけっこう正確なつもりです。先日「風が強くてツラい」と言っていた日は、常に風速6m前後、突風が吹くと8~10m前後って感じでした。

それが今日は常に風速10mくらいで、突風が吹くとボクが未経験なレベルの風が吹きます。

さらに雨はそのうち大粒のアラレになって、正面からバシバシぶつかって来ます。秒速10m(36km/h)以上で氷の塊がぶつかって来るんです。顔が痛い顔が痛い(;ω;)

 

ところで、先日の悪天候の中歩いていても、地元の人が心配してくれる事ってあんまりありませんでした。きっと過酷な環境を行く巡礼者を見慣れているからで、そういうものだと思ってるからだと思います。応援はよくしてくれるので嬉しいですけど(*’ω’*)

しかし、今日は爆風の向かい風とアラレの中を歩くボクの横で車が停まって窓が開きました

車のおっちゃん「大丈夫か!?1つ前か後の町まで乗せていこうか?」

ボク「ノープロブレーム!(๑•̀ㅂ•́)b」

おっちゃんはニヤッとして「ブーエン・カミーノ!」と言って去って行きました。助けは断ったけど、こんな全身ずぶぬれのボクに声かけてくれて嬉しかったです。元気出ました(;人;)

元気は出たものの、向かい風とアラレで身体を折り曲げて歩くので、全然進みません。ボクはずっと登り坂を登ってると思ってたのですが、ログを見返すと緩やかな下りを歩いていたようです。下りが登りに思えるくらい進みませんでした。

 

時間の感覚が無くなるくらい地道に歩いていると、突然後ろから右手を触られました

びっくりして振り返ると、白っぽい大型犬が後ろにいました。

首輪してないしずぶぬれだけど、おとなしい犬で、頭を撫でるとこの後1kmくらい付いて来ました。犬がかわいかったのでまたちょっと元気出ました。

 

4時間かけて14kmほど進んで、ようやくあきらかな下りに転じてほっとしましたが、先日みたいに雨がやんだりはせず、風は弱まって代わりに大粒の雪が降り始めました(´・ω・`)

疲れたしお腹空いたけど、この時点で靴下やパンツまでびしょびしょなので、寒くて止まれません。上半身だけファイントラックのアンダーウェアが仕事していたのであまり冷えませんでした。

ボクはファイントラックのファンですが、特にアンダーウェアが優れものなので、屋外で活動する人全てにオススメしたいです。汗や雨で濡れても全然冷えません。

 

今日は実は36km進む予定だったんですが、もう結構前からあきらめていて、20km地点の町で止まる事に決めていました。

出発から約5時間半、全身冷え切って関節も曲がらない状態で20km地点の町トリアカステラに到着。(下のは後でスマホで撮った写真)

 

こういう時に限ってアルベルゲの敷地がやたら広くて遠いw

小さくてWi-Fiも無いアルベルゲでしたが、ありがたい事に蒸気ヒーターがあちこちにあって、巡礼者も誰もいなかったので、廊下に並ぶヒーターに片っ端から服をかけて乾かす事ができました。

後で知ったけど、どうも町内にもっと設備の良い民営アルベルゲがあるみたいで、この日は結局ボク1人でした。ボクは設備の良し悪しより1人になれる方が嬉しいので、むしろありがたかったです。

 

シャワーを浴びて飯・・・と思ったけど、あまりにも疲れ切っていたので30分ほど寝ました。40km近く歩いた日より、累計900m登った昨日より、圧倒的に今日がしんどかったです。距離でも地形でもなく、天候が一番影響が大きい・・・。

 

起きて、雨が止むのを待ってからアルベルゲ近くのカフェバーへ。

プレートセット(チキン)を頼みました。6ユーロ(≒810円)。

でかっΣ(‘ω’ノ)ノ

運動してない日なら、2人でシェアしても良いなーくらいの量あります。運動してるので1人で食べますけど

サラダはトマトとレタスだけだけど、食卓にあるオリーブオイルと塩でおいしく食べました。

チキンは多分冷凍モノだけど、量が多いのがとにかく嬉しい(*´ω`)

コーヒー1.6ユーロ(≒216円)まで飲んでくつろぎました。

このバーにWi-Fiがあったので、雑用はここで済ませられました。

 

今日はマジでヒドイ日でした。年末なのに!

さて、今日15kmも短縮してしまったせいで、微妙に予定が狂いました。1月1~3日は大きい町で泊まりたい(小さい町は不便しそう)ので、1月1日、2日は短い距離、3日4日は長めでがんばって、1月5日にサンティアゴに到着する予定で行きます。

でもさっき見た天気予報によると、向こう1週間ずっと雨です。すごく嫌です。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. 柚姫 より:

    ¡Feliz Año Nuevo!

    天候の影響ってホント大きいよね!!まじで!!!
    こちらの真夏の日差しを分けてあげたい(´・ω・`)
    とりあえず、ぶえんかみーの!

  2. baum より:

    風と闘っている巡礼者像は雰囲気出てますね!(◎_◎;)
    安衛法では平均風速10m/s以上でクレーン作業中止だけど、文章から想像するに12~15m/sは吹いてる感じですね!氷のツブテも痛そう(>人<;)
    試練に耐えるのがカミーノでしょう。神様が人間の本気度を試していると言うか…⁉︎

  3. Tom より:

    これこそカミーノって感じ!辛そうだったWoltさんには申し訳ないけれど、今回の行程レポ面白いです。普通じゃ歩かないっしょ、そんな天気では。

  4. wolt より:

    >>柚姫さん
    真夏の日射しw
    ちょっと強烈すぎそうで悩ましい・・・w

    >>baumさん
    えぇ、そんなに本気の巡礼いらないのに(;;)
    楽にふわふわと行きたいですw

    >>Tomさん
    いやぁ、もうこんな天気は嫌ですねーw
    面白いと言ってもらえて少しむくわれました(;-ω-)

  5. jun より:

    あけましておめでとう

  6. y.kujime より:

    お疲れさまです、大変な日でしたね。比叡山の千日回峰も過酷らしいですね。ガンバレしか言いようが無いね。

  7. wolt より:

    >>junさん
    あけましておめでとうございまするm(。。)m

    >>y.kujimeさん
    大変な日でした(;´Д`)
    千日回峰かどうかは知りませんが、比叡山のトレイルラン大会は、とても密度の高いコースだったと記憶しています・・・(›´ω`‹ )

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA