カミーノ20日目!ひたすら登り《Villafranca⇒Cebreiro》(2017年12月30日)

ブーエン・カミーノ!

今回はカミーノ20日目!ビジャフランカからセブレイロまで歩きました!

12月30日の記録
  • 移動距離:27.4km
  • 出発地:Villafranca(ビジャフランカ)
  • 到着地:Cebreiro(セブレイロ)
  • 累積上昇:912m
  • 累積下降:119m

最初GPSがおかしくて1回リセットしたので、実際はもう+2kmくらい。

※横軸が距離[km]、縦軸が標高[m]

 

宿泊費に含まれている朝飯。

目玉焼きが乗ったパンが1人1つあるのがちょっと嬉しい!

コーヒーも温かいのが飲めるのが嬉しい。

 

朝飯後、寝室で歯磨きをしていると通路で怒鳴り声が聞こえたので、びっくりして覗いてみると、宿泊客2人が言い争っていました。

1人はラバナルのアルベルゲからここ数日ボクと同じペースで来ている、徒歩の巡礼者。ヒゲのスタイルが中東っぽいので、勝手に“中東ヒゲ”と呼んでる人です。ちなみに普通体格なのに腹だけぽっこり出ていて、腹まで中東とかインドとかの人っぽいです。

もう1人はこのアルベルゲで初めて見た人。服装からして自転車巡礼者のよう。

で、会話を聞いていると、どうも自転車乗りが男子トイレが空いてないから女子トイレに入ろうとしたところを中東ヒゲに注意されて逆ギレしたみたいです。

自転車乗り「俺は2000km走って来てクソ疲れてるんだ!俺に階段を上がれってのかクソ野郎が!」

中東ヒゲ「でもそこは女子トイレだ」

1階には男女別のトイレがあって、2階には男女共用のトイレがあるので、多分中東ヒゲは「1階が埋まってるなら2階に行け」って言ったんでしょうな。自転車乗りの方は単語の合間にファックファック言い過ぎて、ボクレベルだと言ってる内容がよくわかりません。

そうこうしているうちにアルベルゲのオーナーや他の宿泊客が集まって来たので、自転車乗りはわめきながら2階に行きました。

ってか巡礼者だらけの宿で「疲れてる」って主張されてもなぁ・・・。カミーノも終盤なので、みんな心身ともに結構やられてるのかもしれません。

中東ヒゲは紳士だったので、今度から”Mr.中東ヒゲ”と呼ぶ事にします。

 

騒がしい朝でしたが、8時20分に出発。

ありがたい事に雨は降ってないし、何よりめちゃ暖かい

暖かすぎて30分ほど歩くと暑くて袖まくった程でした。朝の時点で10℃くらいありそうでした。

 

今日はいきなり峠越えのはずだったんですが、道しるべ通りに進むと峠を避ける国道沿いの道に出てしまいました。

ほっとしたような罪悪感があるような・・・?まぁ分岐はとっくに通り過ぎてしまっていたので気にしない事に・・・。

今日は山間の道を進んだんですが、集落はどことなく日本の田舎を思わせるような雰囲気でした。

 

ネコもよくいます。

ネコもよくい・・・多すぎやんΣ(‘ω’ノ)ノ

 

鴨とかアヒルとか。これ何用?食用?

 

牛が列をなして歩いていたりもしました。

本格的に田舎感がw

 

今日の補給食は酒のつまみみたいな。

塩辛いものもうまいねー。

 

頭上にはずっと高速道路が並行して走ってるんですが、

この橋脚めちゃ薄くね・・・?

地震が来たら・・・と思ったけど、よく考えたら日本みたいにやたら地震来ないのか。

 

昨日の雨予報にもかかわらず、昼は晴れ間が覗きました。

ずっとこんな天気であってほしい(*´ω`)

いつも通り、オーストラリア一家と抜きつ抜かれつ。

今日はこのまま抜き去られてしまいました(´・ω・`)

 

どんどん山が近くなって来て、

山の中へ。

どんどん登ります。

汗がだらだら流れる(;´Д`)

集落の水場で休憩したり、

 

ネコと戯れたりしながら登ります。

 

おー、けっこう登った!

 

下から約600m登って、本日のゴール標高1,300mのセブレイロに到着!

なんか、思ったより観光地チックで、土産物屋がありました。

一般の観光客がけっこういました。ほとんど車で登って来た人達でしたけど。

 

アルベルゲに荷物を置いて、シャワー浴びて洗濯して外出。さっき山の上に見た十字架が気になったので、登ってみる事に。

近く見えたけど、意外と上にあったので途中で後悔しました(›´ω`‹ )

頂上には十字架だけ。

セブレイロの町が見下ろせました。

 

セブレイロは小さい町ですが、この土地特有の住居の展示なんかもありました。

中は足元すら危ういくらい暗かったので写真は撮れず。

 

一通りうろうろしたので、レストランで飯!

1品目、ソパ・デ・アホ(ニンニクスープ)。

ソパ・デ・アホ

なんかトロトロした麩みたいな物が入っててうまい!

ソパ・デ・アホ

麩ではなく、固くなったパンだそーです。

どことなくニンニクの味はするけど、アジアで食べるような強烈な臭いや味じゃないんだよなぁ。種類が違うのかな。

2品目はフライド・トラウト。

揚げ魚にもフライドポテト付いてくるのかw

可もなく不可もなくな感じ。

 

そういや、最初のオーダー時に、店のおばちゃんに「飲み物は?」と訊かれて「水」と答えたんですが、いつもは即出て来る水が、今日はなかなか出て来ない

で、スープを持って来た時にまた「あれ?飲み物は?」と訊かれたので「水!」と答えると言うやりとりがありました。

 

で、セットメニューに付いているデザートも、最初のオーダー時に「サンティアゴケーキ」とやらを選んだんですが、魚を食べ終わってもなかなか出て来ない

15分くらい経っても来ないので、厨房にいるおばちゃんを呼んで「次のは?」と尋ねると、おばちゃんはまたメニューを持って来て「デザートどれ?」と訊いてきました。いや、最初のオーダー時に取ってたメモはどうしたんだ。客は今ボク含めて2人しかいないので、忙しいわけでもないはず。

再度「サンティアゴケーキ」を選びましたが、更に5分経ってもまだ来ない

で、他の客が入店して来て、おばちゃんがオーダーを取りに出て来て、ボクの顔を見て「あ、サンティアゴケーキ」とつぶやいてまた厨房に戻って行きました。

わかる、わかるよ、年取ったらそういう事もあるんだろうなって。だがしかし、メモがどこへ行ったのか気になるから教えてほしい

今度は1分くらいで出て来たサンティアゴケーキがこちら。

上にアーモンドが乗ってる、しっとりした香ばしいケーキでした(*´ω`)20分以上待ったけど。

 

さて、明日は下りメインですが、下りが嫌いなボクは今日よりしんどいんじゃないかと予想しています。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

 

 

 

コメント一覧

  1. baum より:

    まさかカミーノの途中で高架橋が存在してるとは夢にも思わず。それもコンクリート製の立派なモノ!痩せ細った橋脚もさる事ながら、ただ驚きと感動デス。

  2. wolt より:

    >>baumさん
    脚フェチ・・・橋脚フェチ!?Σ(‘ω’)

  3. y.kujime より:

    トラブルはくそ嫌だね。600mの登りはしんどい。ネコの顔や風景良い写真だね、十字架も良い。

  4. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    登りもネコと風景のおかげでツラくなかったですよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA