チェンナイで南インド料理を食す!(2017年8月3日)

なますてー!

今回はチェンナイ到着1日目の話です!

8月2日の夜23時にチェンナイセントラル駅に到着して、そのままホームのベンチで寝ていると、夜2時くらいに駅警察に起こされて移動するように注意されてしまいました(´・ω・`)

涼しくて快適だったのになぁ・・・。「他にも寝てる人いるじゃん」と言うと、「キミはカメラ持っているから危ない」と言われてしまいました。

2階にウェイティングルームがあるのでそこへ行けとの事。「無料?」と訊くと「無料」と言うので行ってみる事に。

無料じゃねーーーーーじゃん!あほー!ヾ(`Д´)ノ”結局ウェイティングルームの外の床で寝ましたが、ここがまた風通し悪くて暑いわ、蚊だらけだわで最悪でした。ホームの方がよっぽど快適。あと、285ルピーだったかな?払えばベッドルームも使えるようでした。

 

朝6時くらいに起きるとネコが。

駅の1階はこんな感じ。夜中も同じくらい人がいました。インドの鉄道は24時間走っているので、何時でも人がたくさんいます。

チェンナイセントラル駅の外観はこんな感じ。オートリクシャーやタクシーの客引きはいるにはいましたが、なんだかそんなに激しくなかったです。

2kmほど歩くと安宿がありそうだったので、てくてく歩いて行きます。

歩道を塞いで寝ている人がたくさんいます。

彼らを避けるために車道に降りて車にはねられたりしたら、誰が責任取ってくれるんでしょうか。せめて歩道の半分はあけてほしいものです。

ブッキング.comで、安宿が2軒ほど表示されている「エリス・ロード」という所に来ました。

来てみると、ネットに載っていない良い感じの安宿がたくさんありました。しかもたいてい「FreeWi-Fi」って書いてあります。「チェンナイではWi-Fiある宿は滅多にない」だの「このホテルは有料でもWi-Fiがあるのでオススメ」などのネットの情報はいったいなんだったんでしょうか。

適当に入った1軒目の宿で決めてしまいました。1泊300ルピー(≒520円)で個室のシャワー付き、エアコン無しファン有り、無料Wi-Fi付きでした。

なんか、多くの旅行者はエグモアって地域で宿探しているみたいですが、このエリス・ロード周辺の方が良さげなので、そのうち宿レポート書こうと思います。ボクが滞在している「MeritGuestHouse」はこちら。

腹減った!と言う事で朝飯を探しに出かけます。

どれもうまそうだけど揚げ物ばっかりです。

揚げ物2品とチャイで24ルピー(≒42円)

手前のは、刻んだタマネギがたくさん練り込まれていて、意外とあっさりおいしく食べられました。奥のごろっとしたのは、沖縄ドーナツみたいな外観通り、沖縄ドーナツと似た味でしっかり揚げられていました。チャイは熱々。

少し散歩しましたが、コルカタよりかなり道がキレイです。ごみが少ない。

たまーにこういう所にゴミが集結していますw

給水車に、人だかりができていました。コルカタは(キレイかどうかはともかく)道端の至る所から水がジャバジャバ溢れていましたが、チェンナイは水が少ないんでしょうか。

街角の神様は相変わらずあちこちにいます。

 

午前中は休んだり、歯医者の予約を取ったりしていました。歯医者は明日(8月4日)に予約が取れました。

昼飯時にまた出かけました。

やっぱり道がキレイです。

あとびっくりしたのが、女性陣から「写真撮って撮って」と言われる事!写真好きの男はけっこう多いですが、女性から言われる事は滅多にありません。

でも、やっぱりいざ秒読みをすると顔が険しく・・・w秒読みせずに不意打ちの方が良いのかなぁ(;^ω^)

あと皆さんそれぞれ服がカラフルで個性的で楽しいですね。

 

Googleマップで宿の周辺を見ていて、妙に評価が高かった「NairMess」と言う南インド料理屋に来てみました。

NairMess

場所はこちら。

まだ12時前だからか、人が少ないです。

なんと、テーブルにはバナナの葉が用意されています。

写真は2つ折りにされている状態で、これを開き、卓上の水(飲み水兼用)をちょっとかけて、自分で表面を撫でて洗うようです。(って店の人がジェスチャーで「こうしろ!」って言ってました)

メニューは無く、「フィッシュカレーorマトンカレー」と訊かれたので、フィッシュカレーを選ぶと、しばらくしてこんな感じで盛り付けられました。左端の、器に入っているのがフィッシュカレーです。

やっぱりスプーンはありません!めっちゃインドっぽい!いただきまーす。

まずは右端のカレー。ネパールでもメジャーな「ダル」と言う豆カレーですね。ここのダルには茄子がゴロゴロ入っていて、ダルにマッチしていてなかなかナイスです(*`・ω・)b

真ん中のは何だろう・・・漬物のようですが、豆と芋?のような食感で、やや酸味があります。悪くはないんですが、得体知れない感が勝ってしまいますね。

左端のは、何かわかりませんが強烈に酸っぱい果物のスパイス煮込み。フルーティ具合がすごいです・・・。フルーツサラダをこの世で最も憎むボクは一口でやめてしまいました・・・(›´ω`‹ )

フィッシュカレーは普通にうまい!少し酸味があるカレーです。どんな魚が出てくるかと思いましたが、すごく身が柔らかくて食べやすい魚でした(*´ω`)

あと、写真には写っていませんが卵焼きもオーダーしました。全部合わせて158ルピー(≒274円)と、なかなか贅沢な食事になりました。ちなみにダルと米はエンドレスで食べられるようです。

しかし、店ではほとんど英語が通じませんでした。グーグルマップの評価は地元客によるものなのかなぁ。

 

今朝の散歩で、宿の近くにラッシー屋を見つけておいたので訪問。

量が少なめですが、最後にヨーグルトのかたまりを入れてくれるのがナイス!30ルピー(≒52円)

でも、どうも記憶にあるラッシーより薄いような気がします(´・ω・`)

もちろん、日本にあれば週3で通うくらいおいしいラッシーなのですが、昔飲んだラッシーはインド人の数々の悪行を水に流してラッシーの為だけにまたインドに再訪しても良いと思えるくらいおいしいラッシーでした。ラッシーはインド北部の飲み物らしいので、南部ではいまいちなんでしょうか。どうも今回の旅行では納得できるラッシーに会えないでいます。

 

さて、明日は今日予約した歯医者に行きます!ある意味チェンナイのメインイベントです。では今回はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. y.kujime より:

    ひさびさのネコ、顔の表情がいいね、地方によりゴミの少ないところ或るんだね、日本だって行政が悪かったらゴミの山だ。本場カレーは手掴みで食べる、手の方が美味いですか。

  2. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    手で食べるのは・・・慣れたので抵抗はもうありませんが、やっぱりスプーンがあった方が良いなぁと思います^^;

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA