バガンからポッパ山へ個人で行く方法

ポッパ山とは

ポッパ山とは、ミャンマーの民俗信仰「ナッ信仰」の総本山のある山です。ミャンマーの人気観光地バガンから約50kmと日帰り可能な位置にあり、バガンの観光客から人気です。ツアーも多く催行されています。

今回はポッパ山に自力(乗り合いトラック)で行く方法を紹介します!

 

ポッパ山に乗り合いトラックで行くメリット

ちなみにツアーはどんな感じ?

バガンのツアー会社ではポッパ山日帰りツアーを催行している所が多くあります。ほとんど内容は同じで、

  • 料金9,000チャット(≒742円)
  • 所要時間4時間
  • 4時間の内、移動が片道1.5時間、往復で3時間
  • 4時間の内、ポッパ山での自由行動時間は1時間

こんな感じです。価格もお手頃だし、半日で終わる。文句のつけようがないツアー内容です。

個人で行くメリット

ハッキリ言ってメリットはありません。順に説明していきますが、先に結論を言うと

  • 料金は推定最安5,000チャット程度(≒412円)で、ツアーより300円しか安くならない
  • 車がつかまらないと、ツアーよりむしろ高い
  • 待ち時間や他の乗客の乗り降り待ちが多く、片道3時間はかかる
  • 乗り換えがあって面倒

強いてメリットを挙げるなら、ポッパ山で自由に時間を使える事くらいでしょうか。ボクはポッパ山の上で雨に降られましたが、時間を気にせずに雨が止むまで屋根の下で待っていました。ツアーだとちょっと焦るかもしれませんね。

まぁ、そんな感じで普通にツアーに申し込むのをオススメしますが、どうしても自力で行きたいんや!と言う方は、この記事を参考に自力で行ってみて下さい。でもオススメしません。本当です。

 

バガンからポッパ山へ行く

バガン(ニャウンウー)からチャウパダンへ

ポッパ山に行くには、まずポッパ山最寄りの町チャウパダン(KyaukPadaung)へ行きます。バガンのニャウンウーからチャウパダン行きの乗り合いトラックの始発はここです。

東から歩いてくると、乗り合いトラックやバス会社が並ぶ広場があるので、わかると思います。

道沿いの小屋みたいな所に乗り合いトラックドライバーがたむろしているので、この人たちに「ポッパ!」と話しかけたらトラックに乗せてくれます。

料金ですが、1,500チャットを主張してみましたが、ボクの時は2,000チャットから下がりませんでした。

乗り合いトラックの常ですが、乗客がある程度集まるまで出発しません。気長に待ちましょう。

また、乗り合いトラックは市場の前でもいったん停まり、客を集めます。こっちで待っていても捕まえるのは可能だと思います。位置はだいたいこの辺でした。交通状況によって流動的だと思います。

 

チャウパダンで乗り換え

1時間半から2時間走ると、チャウパダンに到着します。

大通りに降ろされると、バイタクが寄って来て「ポッパ行きのバスは無いからオレが行ってやる」と話しかけてきますが、無視しましょう。雨期でもポッパ山は人気なので、絶対乗り合いトラックがあります。

ただし、ポッパ山行きの乗り合いトラックは大通りにはいません。1本裏道にいます。

ボクが乗ったのは地図のピンを刺したあたりでしたが、各地行きのピックアップトラックがこの通りにずらっと並んでいるので、場合によってはもう少し南の市場前にいるかもしれません。

料金は、1,000チャットだと言われました。高いようにも思いますが、けっこうな勾配を登っていくのでいまいち適正金額がわかりづらいです。

ここでも客待ちが発生します。気長に待ちましょう。

 

ポッパ山到着!

30分ほど走ると、ポッパ山に登る階段の前に降ろされます。

どの程度客待ちで待ったかにもよりますが、ここまでで大体3時間以上はかかっているはずです。

 

ポッパ山からバガンへ

ポッパ山からチャウパダンへ

登りがあったから、必ず下りの乗り合いトラックもあるはずなのですが、見つけられませんでした・・・。

通る乗り合いトラックすべてに声をかけたのですが、「チャウパダン?」と聞くとドライバーは一様に首を横に振ります。じゃぁどこに行くんや!と言う感じなのですが・・・。

うろうろ乗り場を探しましたが、ツアーバス駐車場しか見つけられませんでした。

なお、バイタクだとチャウパダンまで5,000チャットで、それ以上は下がりませんでした。また、バイタクで下る途中も登って来る乗り合いトラックは何台も見るのですが、下るのはバイタク以外見当たらないと言うすごく不思議な状況でした。追加情報求ム・・・

 

チャウパダンからバガン(ニャウンウー)へ

帰りのバガン行き乗り合いトラックは、大通りから出ていました。

屋根のある広い待合所があります。

ここでも1,500チャットを主張してみましたが、やっぱり2,000チャットから下がりませんでした。

また帰りは1時間半~2時間かかります。帰りは、最初に乗った乗り合いトラック乗り場まで行かず、市場の横あたりで降ろされます。

 

繰り返すけど結論

こうしてボクは完全に個人でポッパ山に行ったわけですが、やっぱり全くオススメしません。ボクはポッパ山からの下りの乗り合いトラックを見つけられなかったために、トータル10,000チャットとツアーよりむしろ高くついています(1,000チャットだけですけど)。

朝8時30分に宿を出て、ポッパ山到着がちょうど12時。約1時間滞在して、13時から40分ほどかけて乗り合いトラックを探して見つけられず、バガンに戻って来たのは16時45分です。ツアーなら4時間で帰ってこれるところを8時間かけたわけです。

それでも、やっぱり自力で行く達成感とワクワク感は否定しません。おもしろいです。なので、損得度外視で個人で行ってみたい!と言う方は是非どうぞ。尻切れトンボな情報になってしまいましたが、参考にして下さい。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA