ネピドーの軍事博物館に行ってきた!(2017年7月18日)

みんがらばー!

今日はネピドーにある軍事博物館に行ってきました!

朝飯は昨日と微妙に違うメニューでした。

今日は上手に目玉焼きが取れました。

早く行ったからか、デザートは昨日見かけなかったカステラみたいなのが置いてありました。

よっしゃ出かけるぜー!と張り切っていると

暴風雨。雨も強いし風も強いです。室内にいてもドウドウ音が聞こえます。

しばらく待つ事に。

・・・

・・・

11時頃には少し弱まったので、強引に出発しました。

車おらへん。雨により、あきらかに昨日より移動の難易度がアップしています。

本降りの雨の中、十数キロバイタクはツラいですし、乗り合いトラックなんか通りそうもないので、もう選り好みせずにヒッチハイクする事に。

1台目のトラックは、行きたい場所をグーグルマップで説明すると、「乗って良いよ」って言われて乗ったら、100mも行かないうちに降ろされました。「用事があるのこのホテルだから・・・」って、気持ちはありがたいんだけどヒッチハイクの意味わかってる???場所説明している間に歩ける距離やで!

2台目は乗用車で、場所を説明すると、途中まで連れて行ってもらえる事になりました。

助手席のおじさんが普通に英語で通じるのでびっくりしていたら、よく見ると身なりが良いです。渡された名刺を見ると「ネピドーホテル」って言う大きいホテルの「プロジェクトマネージャー」と書かれていました。ホテルのプロジェクトマネージャーってピンと来ませんが、ホテルが大きいので多分そこそこの社会的地位だと思います。

「僕らはタクシーじゃないけど、君が旅行者だから助けてあげるよ」って言われました。なんかすごいありがたい車を拾ってしまいました(;゜∀゜)

ポッバチリ(PobbaThiri)と言う地区の国道沿いで降ろしてもらいました。これで軍事博物館までの約18kmの道のりの内、12km地点まで来る事ができました。ホテルマネージャーさんありがとう(・人・)

軍事博物館は辺鄙な所にあるので、ポッバチリで昼飯を食べて行く事に。

はい、いつものこの光景です。今日は2品頼みました。真ん中にある肉と、その左の濃い緑色の野菜です。これで1,000チャット(≒82円)。

この皿に囲まれるのは、未だにちょっと慣れないです・・・

肉は、レバーのカレー油煮込み。

たった4片のレバーなのに、ここまで油まみれだとすごく食べごたえがあるから不思議です。

こっちの緑色の野菜は・・・なにこの野菜、毛深いアサガオか何かですか?葉にも茎にも毛が生えていて、オクラに生えているようなかわいいレベルではなくて、煮込んでもヘタらないごわごわした毛です。

ほうれん草の煮浸しみたいな優しい味付けなのはナイスなんですが、ちょっと食感が生理的にアレです。

とは言っても、自分がオーダーした分は残さず食べます。さっさと毛深い野菜を食べ終わり、よっしゃ!と思った瞬間、おかわりの到来。いやあの・・・わんこそば並みの速度でおかず持って来なくていいから・・・ってかこれだけ品数あるのに、1品ごとにおかわり持って来てたら終わらんでしょ???

めっちゃ断りましたが「いいのいいの」って感じで置いて行きました。良くないの!

さて、お腹いっぱいになったところで、残りの6kmは歩いて行きます。

これが首都の国道の風景か・・・

こんな何もない所に、キレイな集合住宅が建っています。いつかこの辺も首都らしくなるんでしょうか・・・首都になって11年経ってこの状態だと、にぎやかになるまであと何年かかるんだろう。

牛もたくさん歩いています。

首都の国道を牛が歩いている国なんてインドくらいだと思っていましたが、ミャンマーでも全然歩いていますね。

道端にバナナ屋が。なんかバナナがカラフルです。

この風景はなんとなく日本っぽいです。

これはスポーツ競技場らしいです。新しそうで立派ですが、使ってるのかなぁ。

1時間ちょっと歩いて、軍事博物館(DefenceServicesMuseum)の入口に到着。

地図の西側から歩いて来て、ピンの立っている場所を目指すと行き過ぎなので気を付けて下さい。門はピンより300~400m西側にあります。

門番に、右手の建物に入るように言われたので立ち寄ると、ノートに記名して、パスポートを預ける場所がありました。あのーパスポートもしかしてそこに野ざらしにされるんですか?

ものすごく心配ですが、引き換えに入場証みたいなのを渡されます。ちなみに入場無料です。

16時までに帰って来るように言われました。閉館早いっすね・・・あと3時間もありません。

めちゃ広いです。博物館の敷地内とは思えません。

展示の大半は屋内ですが、屋外には航空機が置かれていました。

戦闘機は半分くらい中国製でした。

なぜか旅客機が混じっています。

けっこうな人数で草刈りをやっていました。草の量を見るに、たいして伸びてなかったんじゃないかとも思いますけど。

屋内展示場へ入ります。

遠くに見えるあの屋根も展示場です。どれだけ広いねん。

1つの展示場はこんな感じ。

同じ大きさの展示場がぽつん、ぽつんと建っていて、その間はすべて屋根付きの通路でつながっています。

遠い!隣までが果てしなく遠いよ!

展示場は陸海空で分かれていて、敷地中央の噴水池を取り囲んで「コ」の字に並んでいます。西側が空、南側が陸、東側が海でした。ボクは手前から空⇒陸⇒海と見て行きました。

航空機は、後で思い返すと他に比べてマニアックな展示が多かったです。機能試験装置(日本製)とか

エンジン類も気合いが入っています。

エンジン回りの補助的な構成品類も数多くありました。

緊急用パラシュートかな。意外と大きいです。パラグライダーより翼面積広いんじゃないでしょうか。

陸軍エリアに隣接して、歴史エリアがありました。ひところよくニュースで見かけたスーチーさんの父親、アウンサウン将軍の愛用の刀(日本刀)や、

アウンサウン将軍が日本で軍事訓練を受けていた頃の写真なんかがありました。

初代大統領が乗っていた車。

窓ガラスが一部切り出されて、横を向いています。分厚いです。

この歴史エリアは、警備員みたいなおじいさんがものすごくいろいろ説明してくれました。

あと産業機器がなぜか置いてあったり。

なんでサッカーボール???

陸軍エリア。

無線機器の展示がおもしろかったです。

で、ここまででかなり時間が押していて、海軍エリアは1つしか見れませんでした・・・。

中に入れる船がありました。けっこうリアルなので、本物を流用したかなんかだと思います。

最後は駆け足でモニュメントを見て終了。

軍事博物館、3時間弱じゃ時間が全然足りませんでした!!

休憩は一切挟まず、真ん中あたりからかなり駆け足で回ったのに足りなかったので、休憩挟んでゆっくり回ろうとおもったら5時間くらいかかるんじゃないでしょうか。めちゃ広いです。

また、維持にかなり人手をかけている事に驚きました。草刈りだけでもかなりの人数が動員されていましたし、広い館内の至る所に清掃員がいました。展示場1つ1つには警備員が1~5名(なんでそんなに幅があるのか)いました。あと展示場内はクーラーもガンガンです。

これだけ人件費や維持費がかかっていそうなのに入場無料って、旅行者的にはかなりありがたいですが、ちょっと心配になりますね。そんなお金持ちの国でもないでしょうに・・・

あ、パスポートはちゃんと無事に帰って来ましたw

 

帰りは、1kmほど歩いたところであっさりバイタクが見つかりました。ホテルの場所もすぐわかってくれ、2,500チャット(≒205円)で普通に辿り着きました。今日は運が良い!

今日1日で実際に使ったお金の総額は3,500チャット(≒287円)と本旅行で最も安上がりの1日でした。

 

明日はバガンへ移動したいのですが、ホテルで何気なく手段を聞いてみると、どうも難しい様子。受付のおねーちゃん2人があちこちへ電話を掛けたり、20分ほどかけていろいろ調べてくれましたが、結局行く方法が分からんかったようです。

「とりあえず鉄道の駅に行けば良いと思う」と言われたので、明日はとりあえず駅へ行ってから考えます。もしかすると1日でバガンに着かないかもしれません。またツイッターでちょいちょいつぶやきます。

では本日はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. y.kujime より:

    どんどん食べさせて肥ったころに!なんて話がありました。軍事博物館は良く整備されていますね。
    何処の国も、まず国防予算は先にどけといて、残りを分配するのが普通でしょうかね。以前の潜水艦みたいに中見せてくれれば面白いでしょうね。時間無いのでしょうがないか。

  2. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    海軍の展示はもっと見たかったですねー><
    広いとは聞いていましたが、ちょっとなめていたので反省です^^;

  3. baum より:

    旅客機の格好をした爆撃機かも知れませんね⁈大統領の車は昔ながらの三角窓が付いていたの?かなぁ。

  4. wolt より:

    >>baumさん
    旅客機の振りの爆撃機とかミャンマー怖すぎる・・・w
    大統領カーは三角窓部分と台形の部分がある感じです。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA