イカン・バカール

これがうまかった!インドネシア食べ物まとめ

インドネシアでこれはうまかった!と思った食べ物を紹介します!とは言っても店によって味も違うでしょうし、ボクが食事するところは安食堂か屋台です。「こんなものもあるんだ~」くらいで見て頂けたらなーと思います!

 

お気に入りローカルフード5選

5位_クルポン(klepon)

クルポン

食べた場所:バリのアートセンター近くHayam Wuruk通り

インドネシアの定番スイーツらしいです。パンダン入りの緑色の餅の中に、茶色いパームシュガーの汁が閉じ込められています。

ボクが食べたのは外側の餅が甘くなく、非常にさっぱりしていておいしかったです!普通の米で作られていることが多い東南アジアの餅ですが、これはめずらしくちゃんとしたもち米を使っていたのもナイス!

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]バリアートフェスティバルを見てきた!そして搭乗拒否の危機

 

4位_ナシ・グデ(Nasi Gudeg)

ナシ・グデ・アヤム

食べた場所:ジョグジャカルタのMalioboro通り

ジョグジャカルタの名物だそうです。「ナシ」はただのご飯の事なので、ボクがうまかったというのは「グデ」の方。(実際にオーダーする際は「ナシ・グデ」と頼むのでこういう表記にしました)

この黒っぽくもしゃもしゃっと固まっている物体が「グデ」。

ナシ・グデ・アヤム

なんとこの物体、ジャックフルーツという果物を煮込んだものだそうです。食べている時は全然果物だとは思いませんでしたし、果物とわかって食べても果物感は無いと思います。得体が知れなくても十分うまかった!ジョグジャカルタの至る所で食べられるので、ぜひどうぞ。

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]ボロブドゥール遺跡観光とラマダン開始

 

3位_ナシ・ラウォン(Nasi Rawon)

ナシ・ラウォン

食べた場所:スラバヤ

他の地域でも食べられると思いますが、スラバヤの近くがナシ・ラウォンの発祥地らしく、スラバヤのご当地グルメになっているそうです(このレポート書くまで知らなかった)。これも先ほどと同じく、ナシはご飯なのでラウォンの方がメイン。

外見は、真っ黒いスープに牛肉が入っているというもの。店によってさらにトッピングがあったりなかったりします。

この黒い色、クルアックと言う、木の実の種によるものだそうです。クルアックは毒を持ったフットボール・フルーツの中に入っていおり、長い時間と手間をかけて毒を除去して取り出したのがクルアック。

見た目の地味さとは裏腹に、なかなかクセのある深い味をしています。個人によって好き嫌いがあるかも。

 

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]スラバヤ観光!「死の動物園」の現在やいかに!?

 

2位_イカン・バカール(Ikan Bakar)

イカン・バカール

食べた場所:アンボン

要するにスパイスを載せて焼いただけの焼き魚なんですが、アンボンの魚は超絶うまい!!!これに関しては他の地域で食べるんじゃなくて、ぜひアンボンや魚のおいしい島で食べてほしいですね!魚の種類もいろいろありますが、新鮮なやつならなんでもおいしい事でしょう。

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]アンボンの食べ物がうまい!大満足の1日

 

1位_チョト・マカッサル(Coto Makassar)

チョト・マカッサル

食べた場所:マカッサル

インドネシアの中でも食べ物がおいしいと評判のマカッサル、そのマカッサルを代表する名物がこのチョト・マカッサル!簡単に言うと「牛モツの煮込みスープ」なのですが、このスープにはコリアンダーやレモングラスをはじめ、様々なスパイスや調味料が使われていてものすごく深い味と香りがします。スパイスたっぷりと言うと警戒してしまいがちですが、コリアンダーが入っているので日本人的にはカレー味っぽく感じ、案外親しみやすい味になっています。これを食べるためだけにマカッサルを訪れても良い!

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]フェリーチケットを求めて&マカッサル名物を食す!

 

番外_ナシ・チャンプル(Nasi Canpur)

ナシ・チャンプル

食べた場所:インドネシア各地

一番食べた回数が多いのがこのナシ・チャンプル。料理名と言うよりは、「定食」とか「ビュッフェ」などの言葉のように、食べ方の「形式」を現した言葉です。ナシ(ご飯)に、何品もあるおかずから自分で好きなものを選んで載せて行くスタイルの事を言います。選ぶ品数によって値段は変わりますが、12,000~25,000IDRくらいで食べられます。ボリューム満点で安く、旅行者に不足しがちな野菜もとれるため、とても重宝しました。

実際に食べた時の記事はこちら↓↓

[日記]マカッサルからアンボンへフェリー移動!

 

食べ物総評

 

インドネシアの食べ物は、東南アジアの中では濃く油っこいものが多いように感じました。その分、食べた時のインパクトも強く、1回食べただけで忘れられない味になってしまうこともw

だいたいの食べ物はおいしく頂けました!でも油ものが多くて、朝飯のレパートリーは少し困りました。バクソ―などのスープ系がさっぱりしていて食べやすいです。

気になる食べ物はありましたか?インドネシアに来たら是非いろいろ試してみて下さい!で、おいしいものがあったら教えて下さい( *´艸`)

コメント一覧

  1. ログボ より:

    >クルアックは毒を持ったフットボール・フルーツの中に入っていおり、長い時間と手間をかけて毒を除去して取り出した

    フグもだけど毒があっても食用にしちゃうのは人間の凄い所だね。
    ゲテモノは避けてるんですか?
    それともゲテモノは意外とすくないんですか?

  2. wolt より:

    >>ログボさん
    最初に食べようと思った人がすごいですよね・・・>>毒

    ゲテモノは見かけなかっ・・・

    ・・・あー、メニューに「揚げカエル」が載ってた事はありましたw
    その時は先に食べたいものが決まっていたので頼みませんでした^^;

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA