ブルネイ海洋博物館とマレー技術博物館を見てきた!(2017年6月13日)

スラマッマラム!

今日は引き続きネットラマダンでした・・・夜7時にようやく昨日とは別のカフェでIN(´・ω・`)

そうそう、昨日ブログ更新した後宿に戻ったら


見事に締め出されていました┐(´ー`)┌

割と焦ったので、写真は侵入してから内側から撮ったものですw

まぁ門の斜め上から侵入するのはそう難しくなかったんですが、


警報とか鳴らないかとドキドキしました。あとせっかく風呂入ってから外出したのに、手は真っ黒になるし汗びっしょりになるしで災難でしたw今日は早く帰りたいなー。と言うか、普通にネットに繋がれば20分で終わる作業なのに、あまりにもネットが遅くて3時間かかったのが原因なんですけどね・・・

今日はブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワン中心部からちょっと離れた所にある博物館を見てきました!



インドネシアレポートもまとめる予定だったのですが、ネットラマダンにより意気消沈気味でこれしか終わりませんでした。
[レポート]「がんばらないバックパッカー」のインドネシア旅行総費用

例によって朝はいったん市場へ行って、宿に持ち帰って朝飯です。昨日と同じところで買いました。


ラインナップはちょっと違いました。

宿から市場までは片道約300m、普通の食堂や売店までは約500m程度で、普通の感覚から言えば近いのですが、毎食いちいち往復するというのは地味に面倒です(;-ω-)

1つ目、昨日と同じ揚げチヂミ


昨日気づかなかったんですが、海老も入っていました。やっぱり油っこすぎますが、ちょっとクセになりそうな味です。

2つ目、ゴマ団子


中身はインドネシアで食べた8円のゴマ団子と同じ、芋あんでした。


3つ目、厚揚げみたいな見た目ですが・・・


中身は米と長芋?をすりつぶして混ぜたようなものでした!ちょっと塩っ気が強いです。


4つ目、これは中国の饅頭みたいなものかなーと予想したのですが、


なんとこれも長芋入り。九州のお菓子「かるかん」を、限りなく甘さ控えめにした感じでした。

5つ目、店のおばちゃんに「あと一個買えば全部でちょうど2BNDだから!」と言われて買った物体。


ちょっとお腹いっぱいだったのであまり味を覚えていません・・・柔らかくてまったりした食感で、甘かった事だけは覚えています。

8時半くらいに再度外出したのですが、車が多くてびっくり



ちゃんと人いるやん!

後で調べると、昨日(6月12日)はブルネイの祝日だったようです。祝日名が「コ―ラン啓示の祝日」ってのが謎ですけど。
昨日と一昨日は首都のど真ん中なのに人が少なすぎて、人類滅亡直後の都市風景みたいで不安だったので、人がちゃんと活動している様子を見ると安心します。

さて、今日は市の中心部から6kmほど離れた所にある、ブルネイ海洋博物館マレー技術博物館を目指します。


国道を歩こうと思ったら


すぐに歩道が途切れてしまいました。

歩道が途切れているあたりにバス停があったので、いったん歩くのを諦めてバスを待っていると、通りすがりのおっちゃんに「バスは滅多に来ないよ」と言われてしまいました。

仕方ないのでまた歩いて進むことに。

これは田舎によくあるあれですね!無人販売所・・・


いやいやいやいやちょっと待ってガソリンやで!タマネギとかジャガイモちゃうねんで!あぶなっ!(; ̄ω ̄)そ

ガソリン1.5Lで1BND(≒80円)かぁ。1L換算53円。安いですね。さすが産油国?

橋のてっぺんにまで丸い頭ついてるねんな・・・


歩道はあったりなかったり。無い区間が多かったです。歩きの速度でも、見る見る内に田舎の風景に変わって行きます。



けっこう車や工事車両がビュンビュン通って行くので、あまり歩くのはおすすめできない道のりでした。

結局バスには残り1kmくらいでようやく追い越されたので、もう最後まで歩くことに。

グーグルマップに表示されている車道だと、博物館を500m通り過ぎてから、また戻るような感じなのですが、


なんとなくここから近道できそうだと思って降りてみることに。

モニュメントのようなものがありました。


モニュメントは施錠されていますが、よく見ると左奥に向かって柵沿いに道が続いています。

ビンゴ!あと350m。


しかし森の中の道を降りて行くと


徐々に草に覆われていき


倒木!


まぁたいしたことないのでくぐり抜けます。2ヶ所ほどありました。

進行方向に奇妙なかたまりが・・・


サルでした!


日本にはいないような、顔が黒いサルでした。

ブルネイ海洋博物館発見!


表に回り込んで


到着!7kmくらいありました(;´Д`)

入るとすぐこんなのが展示されています。


館内は撮影禁止ですが、カウンターのおばちゃん3人組が何も言ってくれなかったので普通に撮っていたら、あとで別の若い女の子の職員に注意されました。カウンターのおばちゃんら仕事しろよw

ありがたいことに入場は無料!カウンターで名前や国籍をノートに書くだけです。

海洋博物館と言うので海の生き物の展示かと思っていたら、ほとんど船や船の装備品・道具などの展示でした。帆船模型がたくさんあって良かったです。

公園みたいな敷地を移動して、次はマレー技術博物館へ行きます。

敷地内には博物館以外にも謎の建物が。


これ何?ミニ蒸気機関車?


建物正面がわからなくてぐるぐる回って、マレー技術博物館到着。


ここも入場無料!こっちは先に訊いてみたら撮影OKでした。なのでバンバン載せます。

館内は小さめの展示室が3つ。主に水上生活で行われてきた産業やその道具、生活用品が展示されていました。




漁に使う道具、ビントゥル。


次行こうとしているマレーシアの町の名前がビントゥルだったので目に留まりました。町名の由来なんかなぁ。

水上生活の再現がけっこう凝っています。人形がリアルでぎょっとしますけど。


これは博物館設置の消火器なんですが


「WATER」って・・・消火剤じゃなくて水が入ってるのん?

ブルネイ海洋博物館もマレー技術博物館も、規模は小さめですが十分楽しめました。


しかし職員がけっこういるのですが、誰も仕事らしい仕事をしていませんでしたw

海洋博物館には少なくとも5人、マレー技術博物館には少なくとも8人いましたが、それぞれ雑談したりスマホいじったり。一番仕事したのは、ボクに「撮影禁止だよ」って注意した女の子ですね(;^ω^)

のんびりしてて良いなぁと一瞬思いましたが、あんなにだらだら過ごすと1日が長そうだから、やっぱり適度に仕事あった方が良いですね。

マレー技術博物館を出ると、またサル。さっきのとは種類が違います。


うん?上が気になる?


あっ・・・


落ちてきたのは鳥の巣みたいですね。そんな顔でこっち見ないでくれ。


鳥の巣にヒナでも入っていたらどうしようかと思いましたが、中は空っぽみたいでした。

さて、市街地に引き返したいのですが、近道とはいえさっきの森の中は蜘蛛の巣だらけ蚊だらけだったので、あまり通りたくありません。遠回りして車道を通って国道に上がりました。


もう暑いしバス来ないかなー・・・と思いつつてくてく。

道端でガサガサっと音がしたので振り向くと



大トカゲ!?(; ̄ω ̄)そ

しばらく行くと


またいたしw

首都の中心部から6kmくらいしか離れていないのに、サル2匹と大トカゲ2匹に出くわしました。ブルネイなかなかやってくれますね。

40分ほど歩くと、ようやくバスがやってきて拾ってもらえました。

空港の時と同じ、1回乗車で1BND(≒80円)


終点は、バンダル・スリ・ブガワン中心部のバスターミナルでした。ちゃんと路線図もありました。博物館前の国道を通る路線は39番バスでした。


朝6時から夜8時まで運行しているようです。始発駅から終点駅は1時間らしいので、おそらく運行間隔は1時間+αくらいじゃないでしょうか。

今日はバスで楽ちん観光のつもりだったのに、結局12kmくらい歩きました・・・。

昨日と同じ飲食店で昼飯を買って宿へ。昨日と微妙に違う品揃えでした。また2品選んで3BND(≒239円)


左のは空心菜のニンニク炒め、右はまた鶏肉と玉ねぎのココナッツミルク煮込みですが、昨日のよりちょっとスパイシー目で、卵が入っていました。

ちょっと高めですが、この店の料理うまいと思います!ので場所紹介。地図で言うとだいたいこの辺。もう少し左のような気もします。店名はよくわかりません。


外観はこんな感じです。


ラマダンの日中はテイクアウトしかできませんが、平常時は普通に中で食べられるはず。

午後は写真整理したり記事作成したり・・・が捗らずいじけてオフラインでできるゲームをしてたりしました。

夕方晩飯を食べに外出。昼間は見かけなかったインド料理屋に入ってみました。

ビリヤニとマトンカレー合わせて5BND(≒398円)


うまそー・・・だけどビリヤニの量多っ!

マトンカレーは・・・


この油ちゃぷちゃぷ感、パキスタンのカレーっぽいような。びびりつついただきまーす。

マトンカレーは見た目通り油っこいですが、あまり辛くないのでパキスタンカレーより食べやすいですね!マトンも臭みがありません。

ビリヤニは・・・


すげぇこれホンモノだぁーあΣ(@ω@)

インドのビリヤニは、使われているスパイスの種類がめちゃ多くて、うまく言い表せない味がします。単なる味だけじゃなくて、舌や喉への刺激や鼻に抜ける香り、清涼感など、人間の感覚をフルに活用した料理って感じです。このビリヤニがまさにそれ。

まさかブルネイで本気のインド料理を食べれるとは思っていませんでした。

偉そうに語っていますが、スパイスとかまったく詳しくないので具体的に何が入ってるとかわかりませんwクミンシードだけわかりました。

まぁでも量が多いよね。量までインドを再現しなくてもいいのに・・・ちょっと食い過ぎましたw

食べたらすぐに、インド料理屋のはす向かいにあるカフェへ。昨日のカフェは信じられないくらいネットが遅かったので、別のカフェです。とても快適です。

さて、明日はバスでブルネイを出国してマレーシアに入ります。とりあえずは「ミリ」って町までの直行バスに乗る予定ですが、ミリで泊まるか、乗り継いでさらに西のビントゥルへ行くかまだ決めていません。

ミリのバスターミナルまで行って、うまく乗り継げそうならビントゥルへ行こうと思います。

では今日はこれにてー(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. baum より:

    猿の表情がいいネ。
    見られてしもうた!みたいな^ ^

  2. y.kujime より:

    藪の道でどうなるのか?少し期待しましたが、普通避けますよ。猿とかオオトカゲ怖いですからね。
    インドの店あるんですね、美味しそう食べてみたいです。

  3. wolt より:

    >>baumさん
    サルは表情と行動がおもしろいから飽きませんよねー(´-w-)
    ちょっと口を開けて鳥の巣を見つめている顔も好きですw

    >>y.kujimeさん
    こんなに街に近い場所で、まさかサルとか大トカゲがいるとは思わず^^;
    まぁサルもトカゲもかなり臆病で、人の気配がしたら慌てふためいて逃げて行きました。

    ブルネイのインド料理は、日本のインド料理屋より強烈でしたよ!
    きっと日本じゃ新鮮で豊富なスパイスが手に入らないから、インド人が作っても限界があるんだと思います。ブルネイは隣接しているマレーシアや、近くのインドネシアがスパイス豊富なので、そこの違いですねきっと。

    • y.kujime より:

      お疲れ様です、インド料理屋とかカレーを聞いたり見ただけで汗が出るんです、でも美味いです。
      coco一番のカレーさえ汗だくですわ!

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA