アンボンからバリ島へ飛行機移動!バリ物価高い・・・(2017年6月7日)

スラマッマラム!

昨日の話なんですが、アンコットの運転手から、「チャイニーズか?タイランドか?」と訊かれました。

なんか西にシフトしましたね。そんなに日焼けしたかなぁ・・・

今日はアンボンからバリに飛行機で移動しました!



飛行機で移動しただけなのでホントにネタが無いです・・・

飛行機は朝8時の便だったのですが、アンボン市内から空港まで行く空港バスは1日3便、始発が5時でその次が10時になってしまうので、始発に乗るべく早起きしました。

真っ暗ですが、日中には無かった簡易屋台には煌々と灯りがともっています。


ラマダン限定なのか、普段からそうなのか・・・

地図で言うとこの位置で空港バスに乗車。


なんか座席の手すりがことごとくへし折れてるんですけど・・・


バスは2台待機していて、ボクも含め乗客は1台目のバスに乗せられて、1台目は4時30分くらいに出発しました。運賃は35,000ルピー(≒288円)でした。マカッサルの空港バスと比べて高い気が・・・

5時に空港に到着してしまいました。早朝過ぎて売店くらいしか開いていないので、朝飯はカップ麺。


この前食べたのと違う味を買ってみたら、柚子胡椒みたいな味でした。酸っぱくてピリッとする感じ。

お菓子も購入。



これうまい~。軽いクラッカーの間にチョコが挟まれています。

時間通りにゲートへ。アンボンの空港は「ザ・南国の田舎空港」って感じです。


びゅーんと飛んで


1時間40分でマカッサルの空港に到着。


船で44時間の距離を1時間40分て。飛行機はすごいなぁ・・・

今思うと、フェリーに乗るならマカッサル⇒アンボンじゃなくてアンボン⇒マカッサルの方が良かったんですよね。アンボン田舎過ぎて、発着する便が少なくてちょっと面倒でした。

乗り継ぎ便は夕方なので、約8時間の待ちです。

マカッサルの空港はそんなに広くはないけど、新しい感じで妙に設備が充実しています。キッズスペースなんかあります。


カフェで一番安いメニューのお茶を飲みながら、パソコン広げて粘ります。

昼になったので昼飯。ナシ・ゴレン43,000ルピー(≒354円)


こんなショボいメシでこんな値段するのか・・・(´・ω・`)アンボンとマカッサルが恋しい。味はまぁ良いんですけどね。

食後はまた違うカフェへ。変なものをオーダーしてしまいました。Iced Herbal Jelly25,000ルピー(≒206円)


直訳すると、冷やし薬草ゼリー。だいぶ変な見た目ですね。

透明部分はほんのり甘い液体(何味かよくわからない)で、黒いもらもらした部分は愛想も何もない漢方薬みたいな味のゼリーでした。ちょっとは甘くしようという気すら感じられないガチンコ感が素晴らしいですw

土産物がさすがマカッサルと言う感じ。


ビアードパパがありました!めっちゃ日本語で書いてあります。


何も買いませんでしたが、メニューを覗くと一番安いノーマルなシュークリームが160円くらいでした。日本と同じくらいなのかな?

飾ってあった地図。こうして見るとインドネシア広いなぁ・・・


っていうかこの範囲の島々を1つの国にしようって思ったのがすごいわ。全然別物ですやん。

夕方、どうもボクが乗る便の3便程前、同じゲートから出るジャカルタ行きの便の出発が遅れたようで、ボクの乗る便も30分くらい遅れました。直前にゲート変更がありましたが無事出発。


このジャカルタ行きの便が遅れたせいで、バリ行きの前にあった2便もゲート変更されていたのですが、すべてのゲート変更のアナウンスがインドネシア語のみなんですよね。他の通常の案内放送は英語でもしてくれるんですが・・・

インドネシア語の数字はけっこう習得できていて、なんとか便名だけ聞き取れたのが良かったです。インドネシアでインドネシア語マジで大事です。

バリ島着陸が18時半過ぎ。もう完全に日が暮れちゃいました。


バリの空港は、ちょっとしか見てないですがめちゃオシャレです。オシャレ過ぎてトイレを見過ごすところでした。この写真の左側、木の格子の裏がトイレです。


空港のあちこちにある像は、なぜかみんな腰巻をしています。


何か卑猥なものでも見えていて苦情が来たんでしょうか。

預け荷物が出てくるまでかなり時間がかかって、空港を出られたのが19時半。今日は到着が日暮れ後になるのがわかっていたので、本旅行で初めて宿を予約していました。空港からは6,7kmくらい道のりです。

今日はもうタクシーで行こうと決めていたので、空港出てすぐにタクシーと交渉。最終的にはバイタクで80,000ルピー(≒658円)になりました。これでも十分高いですが、最初話しかけてきたタクシーは300,000ルピーって言ってて、頭おかしいんじゃないかと思いました。でも払ってまう人もいるんだろうなぁ・・・

宿は久しぶりのエアコン無しの部屋。やたら天井が高いです。


予約サイトでは1泊100,000ルピーを切っていたはずなのに、結局120,000ルピー近く請求されました。どういうこっちゃ。

壁にかけてある絵が傾いてます。


脱出ゲームだと、傾いた絵をゆするとアイテムが落ちて来たり、絵が外れた裏に隠し金庫があったりするんですよね。いぇ、ゆすりませんよw

宿の隣の食堂でナシ・チャンプル38,000ルピー(≒313円)


たかっ!!Σ(@ω@)

ナシチャンプルなんて、今まで大体12,000~15,000ルピーで食ってました。フェリーターミナルの高めの食堂でも20,000ルピーだったのに・・・

でも野菜はたくさんとれたし、手前に見えているイカの煮物がおいしかったです。

あとコンビニで水(1.5L)を買うと10,000ルピー(≒82円)。今まで3,500~4,000ルピー、フェリーターミナルでも5,000ルピーで買ってたんですけど!

バリやばいですね・・・良い意味でのやばいじゃなくてやばいって意味でやばいですね・・・まだ水とナシチャンプルしか判明していませんが、ここまでで他の地域の2.5~3倍くらいの値段です。

マカッサルとアンボンが安くておいしいものだらけだったので、ちょっと節制しようかなぁ・・・

街の雰囲気はどうも、カンボジアのシェムリアップの面積が広くなったようなイメージです。要するに外国人だらけで外国人向け飲食店や土産物屋が乱立するド観光地です。まぁそりゃそうかー(;^ω^)

いまいち過ごしづらそうですが、ここを最後にインドネシアを出てしまうので、楽しみたいと思いまーす。それでは今日はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. y.kujime より:

    バリ島にはたしか火山ありましたね、田園風景が印象に残っています。レポート楽しみです!

  2. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    火山ですか!検索すると、ナショナルジオグラフィックのきれいな写真が見れました。
    でも島のほぼ反対側なので、ちょっと行きにくいです^^;
    どうしようかなぁ・・・

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA