ボロブドゥール遺跡へローカルバスで行く方法

今回の記事は、「ジョグジャカルタ市内から世界遺産ボロブドゥール遺跡へバスで行く方法」です。

他の旅行ブログでも紹介記事はいくつかあるのですが、新旧混在していてややこしいのと、どうやら特定の状況で「ボロブドゥール」で検索するとなぜかボクの日記が上位に来てしまう事に気づいた(グーグルアナリティクスによる)ので、慌ててまとめてみました!

ボロブドゥール遺跡へ行った時の日記はこちら。

↑はただの日記なので、ボロブドゥール遺跡への行き方だけを知りたい方は、今見ているこのページを読み進めて下さい。

そもそもボロブドゥール遺跡とは


ボロブドゥール遺跡

ユネスコ世界遺産に登録されている世界最大級の仏教寺院です。8世紀頃に建築開始したとされています。インドネシアで仏教建築物と言うのも不思議ですが、当時の王朝がインドから伝わってきた仏教を保護していたらしく、ボロブドゥール始め様々な仏教建築物をインドネシアに残したそうです。

しかしこのボロブドゥールは長い期間砂とジャングルに埋まって忘れ去られており、19世紀になってイギリス人とオランダ人によって発掘されたそうです。埋もれた説はいくつかありますが、イスラム教徒による破壊を避けるため、仏教徒が埋めた。と言う説もあります。埋める方は複雑だったでしょうな・・・

世界遺産になった現在でも状況は複雑。現在のインドネシアの仏教徒は国民の0.4%。ボロブドゥール付近には仏教徒はゼロらしいです。

その為、イスラム教徒によって遺跡が一部破壊される事件が起きたり、遺跡の運営管理が民営に任されていて利益優先になりつつある等の問題があるそうです。

ボロブドゥール遺跡への行き方概要


ジョグジャカルタ市内からボロブドゥール遺跡までは20km以上の道のりなので、市バス等では行けません。

ボロブドゥール遺跡への長距離バスは、ジョグジャカルタ市街地の北西はずれに位置するジョンボール(JOMBOR)バスターミナルから出ています。


長距離バスはボロブドゥールバスターミナルまでしか行きません。ボロブドゥールバスターミナルからボロブドゥール遺跡までは1kmほど歩きます。

自分が行っておいてなんですが、苦労する割にはそう安くあがりません・・・片道28,500インドネシアルピア(≒237円)かかります。往復するとツアー会社の乗り合いバンとたいして変わりません。後述しますが、ぼったくられていると思うので、強気で押せる方はもっと安くできるかもしれません。

なお、他の方のブログ記事では、ジョグジャカルタ市街地の南東にあるギワンガンバスターミナルから行く方法が紹介されており、ボクは最初ギワンガンへ行ってしまったのですが、2017年5月時点で、ギワンガンからボロブドゥール遺跡への直行バスはありません。
ギワンガンにもボロボロの表示で「ボロブドゥール」って書いてあったので、おそらく最近まではバスがあったんだと思います。(ギワンガンって書いている方の記事は間違いじゃないです)

もし間違えてギワンガンへ行ってしまった場合はこの記事の最後の方をお読み下さい。

ジョンボールバスターミナルへ行く


まずは市バスでジョンボール(JOMBOR)バスターミナルへ行きましょう。市バスは「トランスジョグジャ」と呼ばれており、外国人でも乗りやすい便利な乗り物です。

人の多いバス停はこんな感じの外観で目立つので、すぐに見つかると思います。
トランスジョグジャバス停

安宿の多いソスロスウィジャン(Sosrowijayan)通りに宿泊している人は、西に向かってレトイェンスプラプト(Letjen Suprapto)通りのバス停へ行くのが良いと思います。
バスの路線は1A、1B、2A・・・と4Bまであります。ジョンボールバスターミナルへは2Aと2Bのバスが発着しています。

レトイェンスプラプト通りから乗るなら2Bのバスに乗りましょう。

マリオボロ(Malioboro)通りから2Aのバスに乗ってもジョンボールに行くことはできますが、逆向きなのでほぼ市街地を一周してしまいます。

大きいバス停には必ずこういう路線図があるので、確認して下さい。


市バス(トランスジョグジャ)の運賃は、1回の乗車で一律3,500ルピア(2017年5月時点)です。バス停に入る際にチケットを購入するシステムになっています。無人バス停から乗った場合はバスに乗車している乗務員に払ってチケットをもらいましょう。


ジョンボールバスターミナルはここにあります。


ソスロスウィジャン通りからだと6km程の距離です。

ジョンボールバスターミナルからボロブドゥール行きのバスに乗る


ジョンボールバスターミナルに着いたら、ボロブドゥール行きのバスを探して下さい。近くの人に「ボロブドゥール?」と尋ねればすぐに見つかるはずです。

バスの運賃は、乗車してから乗務員に払うシステムになっています。この運賃がちょっと微妙で、ボクは25,000ルピアだったのですが、後から乗ってきた人が払っている料金と比較してかなり高い気がします。地元民はみんな途中で降りるor途中から乗って来る人達ばかりだったので単純な料金比較はできませんが、3,000~5,000程度しか払っていないようでした。全区間乗ってもせいぜい10,000~15,000程度じゃないかと思うのですが、確認できなかったのでわかりません。情報頂けると嬉しいです。

ジョンボールバスターミナルから出たバスは、ボロブドゥールバスターミナルまで行きます。ルートはだいたいこんな感じです。


ボロブドゥールバスターミナルからボロブドゥール遺跡へ行く


1時間半くらいでボロブドゥールバスターミナルに到着します。ここが終点のようなので、乗り過ごす事は無いと思います。

バスから降りると、と言うか降りる前からベチャ(自転車タクシー)が客引きに寄ってきますが、ボロブドゥール遺跡までは約1kmなので十分歩けます。ルートはこちら。


大通りを歩いているとこのような看板がちょいちょい立っています。



PARKIRは「駐車場」、LOKETは「チケット」、MASUKは「入口」です。LOKETの方角へ歩いて行くと、チケット売り場へたどり着く事ができます。

もしギワンガンバスターミナルへ行ってしまったら


ボクがこのパターンでした。ギワンガンからもボロブドゥール方面へのバスが出ています。

バスターミナルにいる人に「ボロブドゥール?」と聞いて回ると、そっち方面のバスを教えてもらえます。

バスはボロブドゥールまでは行かないので、だいたいこの辺で降ろされます。


ボロブドゥールへの分岐にはこんな看板が立っています。


少し歩くとゲートがあります。


この道を歩いていると、ジョンボール等から来るバスが通りかかるので、手を挙げると乗せてもらえます。

この方法だと面倒くさい上に、料金を二重に取られるので高くつきます。間違えてギワンガンに行かない限りはおすすめしない方法です。


という事で、ジョグジャカルタ市内からボロブドゥール遺跡への行き方紹介でした!そんなにオススメではありませんが、「どうしてもツアーではなくローカルバスで行きたい!」と言う方は試してみて下さい。

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA