クアラ・タハン到着とダンジョン入り準備(2017年5月8日~9日)

スマラマッマラム!

今回はクアラ・タハン到着から、「メインイベントの準備」までの2日分の日記です!



まだバンコク~タマンヌガラを読んでない方はこちら↓
バンコクから鉄道&バスでタマンヌガラを目指す!前編
バンコクから鉄道&バスでタマンヌガラを目指す!後編

さて、前回の記事まででようやくタマンヌガラ国立公園(クアラ・タハン)にやってきました。バスが到着した所から振り返ります!

この時点ですごく腹が減っていたので、とりあえず朝飯。チーズ・ロティ3リンギット(≒78円)
チーズロティ

うまっ!!「クレープみたいな薄さのナン」と表現すると伝わるでしょうか。薄い所はパリッパリ、厚い所はもっちもちです。そして中にはチーズ!最強の組合わせですな(;´Д`)

インド系マレーシアの朝食だそうです。パキスタンでも似たものを食べたことがありますが、パキスタンのは揚げたんだか焼いたんだか分からないくらい油ギトギトで、朝食べるにはツラいシロモノだった記憶があります。マレーシアのは油っこくなくてうまいですね!

添えられてるのはカレー。具は入っていませんが、程よい辛さでこれもハマりそう(*´ω`)

食べ終わると、店にいた地元民が「宿を探しているのか?」と聞いてきたので、エアコン無しの安い宿を教えてもらい、そこへ向かう事にしました。


意外と遠い・・・他の宿が集まっている所から400mくらいかな。森の中にようやくありました。
ドリアン・シェリー

ここは1部屋ないし2部屋で1棟のコテージになっているようです。最安の部屋は40リンギット(≒1,037円)でしたが、Wi-Fiが届く部屋という条件で50リンギット(≒1,297円)の部屋にしてもらいました。



ドミトリーじゃなくて1人部屋ですw

ダブルベッドと二段ベッドが同じ室内にあるというちょっと変わった光景の部屋ですが、バスルームもついていてキレイそうだったので決定。

丸2日かけた移動で疲労しきっていたので、とりあえずシャワーを浴びて昼寝。

昼過ぎに起きて、洗濯をして、ブログ記事を書いて、夕方外出しました。





空が青い!!

カンボジアの空は吸い込まれるような青でしたが、ここの空は逆にこっちに迫って来そうな青です。


川へ降りて、水上レストランで食事。



チキンミーフン6.5リンギット(≒169円)
ミーフン

店員に「ミーフンって何?」って聞いたら「ヌードルライス」と言ったので、そばめし的な?と思って頼んだら普通にビーフンの事でしたw

東南アジアの薄めのオイスターソースではなく、こってりしたオイスターソースで炒めた感じ。甘辛くてこってりしていてうまいっす!

あとはクアラ・タハンの町内をうろうろ。店やレストランがあるエリアは、ぐるっと1周しても1km無いくらいの小さな町です。



町の割に学校でかいな!1人1教室使えるんじゃないかこれ。


そんな感じでこの日は終了。


続けて翌日、5月9日の日記に入ります!


昨夜遅くに降り出した雨が朝まで続き・・・


起きてもまだ雨。朝ちょっと散歩しようかと思ってたんですが・・・自然公園で雨が降ると何もできないな;

とりあえず朝飯を食べに出かけます。朝はまたロティ3リンギット(≒78円)


今日はタマネギ入りにしました。タマネギが少ないのがちょっと不満でしたが、やっぱりうまかったです。

作っている様子がなかなかおもしろかったです。


今度は動画を撮ろうと思います。

今日はやる事があるんですが、雨がやみそうにないのでいったん宿へ戻って待機。昼にようやく止んだので、再度外出しました。

建築中の建物。ブロックを積み上げて作っています。



どれくらいの期間かけて作るんだろうこれ・・・気が遠くなりそうです。

雨によって川はかなり増水。


昨日の写真


同じ場所、今日の写真


1晩で1m以上上がってますね!

昨日とは違う水上レストランで食事です。増水しているからなのかなんなのか、昨日はこちらがわの岸に並んでいたレストランが大半対岸に行ってしまっていました。辛うじてこちら側に残っていたレストランへ。


チキン・クッティオ6リンギット(≒156円)



麺は平たい麺です!ではいただきます。

キュウリ、ハーブ、トマト、鶏肉、ニンジン、キャベツ、小松菜みたいな野菜、揚げ玉ねぎ、とお野菜豊富。味は昨日食べたミーフンと似ていますが、こっちの方がややあっさりしていました。店の違いかな~


で、レストランからそのまま対岸へレッツゴーです。


タマンヌガラの海上レストランでは、たいがいどこのレストランにもボート乗りが隅っこでゴロゴロしていて、対岸に行きたいと声をかけると1リンギット(≒26円)で連れて行ってくれます。

対岸に来たのは、今日のメインの用事を済ませるためです。

と言うか、そもそもなんでこんなに苦労してタマンヌガラへ一直線に来たかと言うとですねー・・・「水曜どうでしょう」って伝説的な番組が大好きな友人から「タマンヌガラのブンブンに宿泊するべし!」というミッションをもらったからです。

ちなみにボクは微妙に世代が違うので「水どう」はよく知りません(*´∇`)

ブンブンと言うのは、もともとは動物を観察する為の小屋で、現在は山小屋として宿泊できる小屋の事です。

で、ブンブンに宿泊するためには、対岸に行って「タマンヌガラ国立公園事務所」で宿泊の予約をしなければならないわけです。ブンブンに明日宿泊すべく、今日はその予約に来たのでした。

公園事務所はこんな所。


カメラを持って公園内に入るには「入場許可証」と「撮影許可証」をもらわないといけないらしく、申込用紙をもらって記入します。


事務所には陽気そうな浅黒いおっちゃん2人が座っていました。

ブンブンに泊まりたい、と言うと、今はもう「ブンブン・タービン」と「ブンブン・クンバン」しか使ってないとの事。確かに他の方のブログなんか見ていると壁もドアも無かったとか恐ろしい話が出てきていたので、老朽化の激しいブンブンはクローズしてしまったのかもしれません。

それにしても、地図を見ると両極端なブンブンが残った事になります。「ブンブン・タービン」は公園から近く3.1km。「ブンブン・クンバン」は公園から最も遠く11km

ジャングル内は道がひどく、3km歩くのに4時間かかったという話すら聞きます。11kmなんて何時間かかるんだか。ここはおとなしく・・・タービンの方で・・・・


wolt「I’d like・・・・・ぶ・・・・・・・ブンブン・クンバン・・・・」


この言っちまった感。完走できるかわからないトレイルランの大会にエントリーした瞬間の感覚にどこか似ています。

一番遠いブンブンにいったい何があるのか!?
好奇心に勝てませんでしたーーーー!。・゜(ノ∀`)゜・。

まぁ、どうもおっちゃんによると近くまでボートでも行けるとの事。帰りはボートで帰って来ても良さそう。

wolt「あれ、帰りのボートはどうやって呼ぶの?」
おっちゃん「キミは歩くの強そうだから大丈夫だよーHAHAHA。明日雨が降らなかったら川の水位が下がって、地図のこっちの橋が無い方のルートが歩けるから、こっちで帰って来ると良いよ」

聞いてねぇぇぇぇ!ボクが英語の先生だったら「How to call」に対して「No problem」なんて解答は不正解だヾ(`Д´)ノ”

あとでネットであちこち見ていると、途中の船着場とかで船を予約したりできるようです。まぁ明日考えよう。

とりあえず、撮影許可証(5リンギット)と入場許可証(1リンギット)、ブンブン宿泊費(5リンギット)を払って帰って来ました。もらった許可証一式は携帯して行かないといけないようです。


「ファミリーハイキングマップ」みたいなレベルのイラストマップももらいました。

さて、明日のブンブン行きが決まったので、腹をくくって買出しです。ダンジョンに入る前には装備をしっかりしないとね!

道具①蚊取り線香


なんとこんなところにフマキラー。パッケージ妙に強力そうです。

道具②乾電池


これは既に持っているヘッドライト用。

道具③マッチ


火打石は持っていますが、火花で蚊取り線香に点火する自信はありません。

道具④ローソク


ブンブンに電気は通っていないので・・・。すごい巨大なローソクです。比較の為、1.5Lペットボトルと並べてみました。

道具⑤絆創膏


ちょっとしたケガとかに。

道具⑥塩


ヒルが多いと聞いたので、ヒル殺し用。RPGでも特定の敵に対する道具を用意したりするじゃないですか。それです。

道具⑦食料


重量の軽いパンをメインに。最悪パターン、行き帰り歩きとなるとトータル4食分必要になるので、そのつもりで揃えました。

道具類31.5リンギット(≒817円)、食料13.8リンギット(≒358円)でした。

あと水は重いので、明日出発する直前に用意しようと思っています。1.5L×3本の計4.5Lを考えていますが、暑い中足りるかなー・・・

いつもの装備にこれらを足すと、ザックの総重量が30kg越えてしまうので、服やダウン、電気が無くて使えない電子機器類は全て公園事務所に預けて行こうかと思っています。


あー・・・めっちゃ不安だけど、装備揃えてたらワクワクしてきましたw
やっぱりダンジョンは楽しいですね!明日はそんな事言ってる余裕ないかもしれませんが。

一通り準備できたので、晩飯を食べに行きます。チキンカレー10リンギット(≒259円)


スープカレーよりさらにスープみたいなカレーが来た!というか、カレー風味スープの方が正しいw

でも意外と野菜たっぷりでうれしい。


本当はもっとカレーカレーしたカレーを期待していたのですが、さらっと食べれて案外おいしかったです。米はパラパラ気味ですがやっぱりタイよりはおいしくて良いですね!。

マレーシア入ってまだ日が浅いですが、文化がまぜこぜで面白いです!宗教はイスラム、食べ物はインドと中国と東南アジアが混ざっていて、トイレはインド式(紙を使わず水と手でバチャバチャするやつ)です。マレーシアのことはまだよくわかりませんが、けっこう好きな雰囲気かもしれません。


さて、明日は朝から「ブンブン・クンバン」目指して歩きます!事務所のおっちゃんは「6,7時間で着くよ」と言っていましたが、ネットでは11時間かかったという話もあるので、8時には出発したいです。

明日(5/10)はWi-Fiはおろか、電気すらないブンブンに泊まるのでブログ更新はありません!
明後日(5/11)には今いるクアラ・タハンに戻ると思いますが、その日どうするかは未定です。体力が残っていればジェラントゥートまで降りたりするかもしれません。

では明日に備えてさっさと寝ます。今日はこれにて(=’ω’)ノ

コメント一覧

  1. ログボ より:

    はぐれめたるやメタルスライムには聖水な!

  2. 安田さん より:

    No problem HAHAHAー
    大丈夫すでに笑いの神の気配が見えてるよ!!www
    正座してお帰り待ってます・゚・(ノ∀`)σ・゚・。

  3. miu より:

    お久しぶりです。からくりのmiuです。バックパッカーいいですね。いつも見てます。水曜どうでしょうファンなのでブンブンクンバンかなり気になります(笑)ブログ期待してます!

  4. wolt より:

    >>ログボさん
    そうそうそれそれw
    ヒルもすぐ逃げ去ってくれたらいいのにな・・・

    >>安田さん
    現れたなーw
    笑いの神は降りてこなくていいから無事に帰りたいw(;人;)

    >>miuさん
    おひさしぶりーヾ(‘ω’)ノ”コメントありがとうございます!
    水どうファンがここにも!?予習しておけば良かったかなぁ(今更

  5. y.kujime より:

    カンボジアの空は吸い込まれるような青、こっちは迫る青、素晴しい表現ですね。
    情景が目の前にうかびます。 冒険はどんな話になるか楽しみです。

  6. にみくとも より:

    火打石使えるんけー?

  7. 元三係長 より:

    生きてるかなー!
    フマキラーの威力はどうだったかな。
    電気もないところの夜、一人でなにを思い耽ったのだろう・・。

  8. wolt より:

    >>y.kujimeさん
    冒険は波乱万丈すぎて、昨日はブンブンに辿り着けませんでした(;´∀`)
    詳しくはまた日記に書きます!

    >>にくみともさん
    火打石はこの前の12月~1月のチャリお遍路の時に実用デビューしましたが、バーナーでも3,4回がんばらないと点かんですw
    方向性的には好きなので、心に余裕がある時に使っていきたい所。

    >>元三係長さん
    生きてまーすヾ(‘ω’)ノ”
    でも昨日は結局辿り着くのが不可能でした(;´∀`)
    明日再チャレンジしに行きます!

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA