ラオスではここに泊まりました!安宿レポート

今回はラオスで泊まった安宿を紹介します!ちょっと辛口目かもw


Yummy Bagpackers hostel


Yummy Bagpackers hostel

  • 都市:パクセー
  • 住所:Thanon 12 Rd, Pakxe, ラオス
  • 部屋:ドミトリー、バスルーム共同、エアコンなし、1泊30,000キープ
  • Wi-Fi:使えるが不安定。1~2時間に1回くらい切断する
  • 衛生・虫:問題なし。虫はほとんど見かけなかった
  • シャワー:温水シャワーなし。水シャワーのみ。
  • 共有スペース:1階のレストランが空いていれば居座っていても構わない
  • その他の部屋タイプ:おそらく無し
  • オススメ度:★★★☆☆


インド人が経営するレストラン「Yummy Restaurant」というインド料理屋の2階にあるゲストハウス。名前が「Bagpackers」になっているが、ボクの間違いではなく看板にそう書いてあります。

部屋はこんな感じ。


マットレスが直接床に置いてある見た目に一瞬びっくりしますが、清潔面では問題ありません。エアコンは無く、部屋の中央部に天井ファンが付いています。両端はどうもあまりファンの風があたらなそうなので、選べるなら中央2つのベッド(マットレス)を確保した方が良いでしょう。

共同のバスルームは1階のレストランと2階にそれぞれあります。トイレにはインドらしく水バケツと手桶が置いてありますが、トイレットペーパーもあります。
またやはりインドらしく温水シャワーがありません。ラオスは年中暑いので、そう問題は無いかと思います。

インド人オーナーが強烈な人物で、歯に衣着せないし押しは強いですがとても良い人です。押しの強いインドオーナーが出てくる日記はこちら。
ビエンチャン行きのバスチケットを手配してもらったら、170,000キープのチケットを150,000キープで売ってくれました。(電話でツアー会社に「130,000キープで良いだろ?なぁ?」と交渉しているのを聞きましたw)

欧米人旅行者が集まる大通りにも、川沿いのビエンチャン行きのバス停にも近いので便利です。

ボクはドミトリー部屋に1人だったので問題ありませんでしたが、4人みっしり並ぶとけっこう圧迫感あるだろうなという事で★1つ、ネット環境の悪さで★1つ減らして3つにしましたが、インド人が楽しいのでまたパクセーに行く事があれば泊まりたい宿です。
地図はこちら。

SaysoulyGuesthouse


saysouly guesthouse

  • 都市:ビエンチャン
  • 住所:Rue Manthatourath, Vientiane, ラオス
  • 部屋:シングル、バスルーム共同、エアコン無し、1泊30,000キープ
  • Wi-Fi:遅いし時々切断する
  • 衛生・虫:ベッドに虫がいると思われる
  • シャワー:温水かどうか忘れた・・・
  • 共有スペース:有。屋根付きの半屋外
  • その他の部屋タイプ:ドミトリー無し、ツインやトリプルなど有り
  • オススメ度:☆☆☆☆☆(ゼロ)


ベッドに刺す系の虫がいます。南京虫かどうかは目視確認できませんでした。ネットで見る情報と違い、そこまで激しいかゆみにはならなかったので南京虫ではないかもしれませんが、アレルギー反応には個人差があるらしいのでなんとも言えません。

ベッドに虫がいる時点でオススメ度はゼロですね・・・

またボクの泊まった部屋はドアのカギ穴がガタガタになっており、カギを上下逆さまで差しても開くという、サイズの合った棒なら何でも開きそうなカギでしたので、防犯もよくありません。また売店や安食堂も近くに無いため不便です。

洗濯物を干す場所があるのと共有スペースのバルコニーが良いですが、周囲にはもっと清潔で似た値段帯の宿があるので、他に行った方が良いでしょう。

オススメしませんが一応地図はこちら

Culture Guesthouse(2番館?)


写真撮り忘れた・・・

  • 都市:ルアンパバーン
  • 住所:Khem Khong, Luang Prabang, ラオス
  • 部屋:ドミトリー、バスルーム共同、エアコン無し、1泊30,000キープ
  • Wi-Fi:遅いし不安定
  • 衛生・虫:バスルームを中心に小さいアリが多い
  • シャワー:温水シャワー有り
  • 共有スペース:2階にテーブル1つと椅子が3脚。建物内は裸足なので、廊下に座り込んでも良い
  • その他の部屋タイプ:1番館の方にシングル(100,000キープ)などが有るらしい
  • オススメ度:★★☆☆☆

  • 表の看板には違う宿名が書いてありますが、中に入るとCulture Guesthouseと貼紙があります。また、貼紙には日本人経営の宿と書いてあるものの、この2番館?では1度も見かけなかったので猶更不明。

    建物内はすべて裸足なのが気持ちいい。
    バスルームにはやたら蟻がいましたが、部屋の中にはあまり入ってこないようだったので、気にしなければ特に問題ありません。
    メコン川が見えるのがちょっとうれしいです。あまり人がいなかったのが良かったです。

    地図はこちら。



    そんな感じで、ラオスで泊まった安宿まとめでした!


    他、ラオスのまとめ記事はこちら
    旅行に役立つ!ラオス基本情報まとめ
    これがうまかった!ラオス料理5選

コメント投稿

よければコメント残していってください、励みになります(人´∇`)
※名前は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。
※コメントは管理者の承認後に表示されます。

CAPTCHA